デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

モデルさんに求められて

2018年12月08日 00:49

モデルさんに求められて

ネット掲示板募集したメイド服モデルの30代女性
エロ可愛い衣装と、撮影の雰囲気に興奮して、自ら私の股間に触れてきました。
私も彼女の体に触れて・・・


彼女豊満バストを鷲づかみすると、彼女は「あぁぁあん」と声を上げてのけぞりました。
そんな彼女の姿を見て、いじめたくなった私は、
「なんだ、まだ服の上からなのに、そんなに感じてるんだ?」
と言いながら、円を描くように大きなバストを揉みしだきました。

「いやぁあん」

「いやらしい声を出すんだね、ビジネスウーマンは」
「部下はこんなにいやらしい上司だとは思ってないだろうなあ」
おっぱいだけでこんなに感じてるんじゃ、下を触ったらどうなるんだろうね」
「もう洪水じゃないのか?」

彼女は体をくねくねさせて、「いや、いや」といやらしい声を出しています。

もちろん、撮影は中止です。
撮りたい気持ちはありますが、それはルール違反でしょう。

彼女に馬乗りになり、両手でバストを揉み、彼女淫乱さを責める言葉を投げつけます。

「いや、いや、言わないでください」
「そんなにいじめないで」
「あぁあぁん」

彼女は実に良い声を出しました。

「そろそろ、下の様子も見ようかな」
と探りを入れると、

「ダメ、ダメです、見ないで」
とはいうものの、もちろん本気で拒絶はしていません。
彼女は、拘束されたメイドの世界に没入しているから。

指をパンティに這わせると、ヌルっとした感触。

「なんだ、やっぱり大洪水じゃないか。淫乱だな」
「初めて会った男に、目隠しされて、手首縛られて、こんなに濡らしてるんじゃ、ど淫乱もいいところだね」

私は、彼女の両腕を押さえ込み、乱暴に口づけました。
彼女は驚いて、一瞬頭をそらしましたが、次の瞬間、彼女の舌が私の唇を割って入ってきました。
彼女の舌が私の舌を舐め回し、激しく吸ってきます。

私は足で彼女の両足を大きく開き、正常位の体勢になりました。

彼女は私の体に足をからませて、腰を押し付けてきます。
完全に私の身体を求めています。

激しい口づけをしばらく交わした後、私はジーンズパンツを脱ぎ捨てました。
そして、彼女メイド服をめくり上げ、パンティを引きずり下ろすと、一気に挿入しました。

私のチンポはぬるりと根本まで彼女の膣におさまりました。
彼女は大きくのけぞって「あぁぁぁっ」と声を上げました。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ようすけ3

  • メールを送信する

ようすけ3さんの最近のウラログ

<2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31