デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

奴隷結婚式 1

2018年09月29日 00:24

奴隷結婚式  1

『なれそめビデオ上映』


照明が落ちた会場に、司会者の声が響く。

司会「まずは皆様、正面のモニターにご注目ください。
新郎新婦入場の前に、素敵なビデオをお楽しみいただきましょう。
満司と唯子、2人の劇的な出会いから、主従関係を築き上げた今日までの
愛と性の道のりを画像と映像でまとめました。
普通の主婦から他の男の牝豚へ…
夫も子供もプライドも捨て、三好氏の奴隷となる決意に至った
唯子のブザマに堕ちていく姿をご鑑賞ください!」


              
ステージ正面の大型モニターが点灯した。
「満司と唯子 愛の軌跡」とふざけたようなタイトルが出る。
続いて、暁人が撮った、あの春の日の家族写真が。

司会「一流企業で真面目に働く優しい夫、
私立の高校に通う優秀な息子、念願のマイホームも手に入れ、
平凡ながらもなに不自由ない日々を過ごしていた主婦唯子…」


穏やかな表情の暁年と彼に寄りそう幸せそうな唯子…
桜を背景に、眩しい程輝いている唯子の笑顔
誰が見ても平和な家族の写真が続く。

暁人は昨日のことのように思い出す、あの春の日を。
たいした出来事があったわけではない。
だけど、うららかな陽光の下、
母は桜のように美しく、隣の父はとても穏やかな笑顔だった。
あの日の思い出が、こんな茶番に使われるなんて…

しかし、司会の続くセリフに、暁人は耳を疑った。

司会「ちなみにこの家族写真の使用については、
もちろん唯子本人が了承していまーす、念の為」

おぞましい秘密を知ってからもなお、繋がっていると信じていた母との絆が、
プツリと切れる音を暁人は心の中で聞いた。



司会「4年前の夫の母の葬儀の日、彼女運命出会いを果たすのです。
夫の遠縁の親戚であったその男こそ、稀代の調教師三好満司氏でした。
喪服姿の唯子を見初め、その下の豊満肉体に目を付け、
遠縁とはいえ、こともあろうに親戚の嫁を自分のメス奴隷に堕とす!
厳粛なる法要の場でそう固く心に決意した、男三好満司であります!」

暁年は、グッと拳を握りしめた。
あの時、唯子への侮辱行為をうやむやにせず、満司君を殴り倒していたら
こんな日は来なかったのだろうか…


画面にはうって変わって、淫らなシーンが映し出される。
後ろ手に乳縛りされ、後背位で犯されている唯子の画像
満司に初めて犯された時、撮られたものだ。
その局部には、極太の男性器が息苦しそうに
捻じ込まれているのが確かに確認できる。
唯子はわずかに舌を出し、堪え切れない恍惚感を伝えている。

司会「三好氏は周到に計画をたて、ある日実行に移します。
夫と息子の居ぬ間に家にまんまと上がり込み、
無理矢理ながら、見事!唯子に念願の初ぶち込み成功!
こりゃあ~もうほとんど犯罪ですな(笑)」

なぜこの時に話してくれなかった…暁年は歯痒い思いにとらわれる。
2人で力を合わせれば、乗り越えることができたのに…

司会「しかし新婦にこの時の気持ちをヒアリングしたところ、
怒りはしたものの、実は、あまりの快感にイキまくりだったとのこと。
力づくで乱暴に犯されながらもしっかり感じてるとは、
まあ、最初から牝豚の資質が充分あったってわけですね~
司会の言葉を裏付けるように、イった後の夢見心地の表情を捉えた画像が続く。
映像に添えられたテロップが、唯子をことさらイヤらしく貶めている。


憎くてたまらない表情で、満司を睨みつける唯子の顔のアップ。

司会「笑えますね~、この表情。最初はこんな強気な態度だったんですね~。
今の従順な牝豚っぷりからは想像できません。
ちなみに、この頃のお得意のセリフは、大嫌い、だったそうで。
調教用に改造された自宅で、縛られ、吊るされ、
様々な調教性具を受け入れる画像がいくつも続く。

我が家でこんな淫らな事をされていたとは…
物干し用で使い勝手がいい、あの時君はどんな気持ちでそう言ったのか…
暁年は、どうにも心の整理がつかない。


司会「イヤよイヤよも好きのうち~(笑) 拒絶し、罵りながらも、
カラダは三好氏の手管に溺れ、徐々に牝の快楽に目覚めていく唯子…
やがて顔出しNGながらも、当倶楽部への出演を承諾するまでになるのです」


「…お帰…り…なさい…っ」
トロ~ンとした表情で呟く、唯子のアップを捉えた動画

司会「夫が汗水流して手に入れた我が家に、よりによって自分を犯した男を
まるで旦那様のように迎え入れ、チンポを受け入れる人妻
もうこの頃になると、ほとんど完堕ち寸前ですよね(笑)」

この表情とセリフは最も暁年の感情をかき乱す…
思わず画面から目をそらしてしまう。

ここまで見せられると、流石に司会の煽りのセリフ
納得せざるを得ない心境になりつつある父と息子であった。


なれそめ12
          
露天風呂で生ハメしている画像公園エロ下着姿での露出画像が続き、


野外セックスでの絶頂を捉えたシーンでは、レンズに飛び散った潮で
ややボケた映像になっている。

司会「いやはや、あちこちで楽しそうなこって(笑)
今ではいい思い出ですが、野外セックスでは若者たちに見つかり
追いかけられて大変だったそうですヨ。
そんなスリルも、牝豚にとっては興奮のスパイス
この頃から、新婦恥ずかしい姿を人に見られる快感に目覚め、
ついには素顔を晒してステージに上がる決心をするのです!」


倶楽部での顔出し羞恥画像が続く。
隠しようのない立位緊縛され、素顔どころか
マ○コまで観客に晒し、恥じ入る表情の唯子…


ステージ上で後ろ手に乳縛りされた裸身で跪き、
うっとり顔で満司の太マラを舐めあげる唯子の画像

司会「大嫌い、なんて言ってたその口で、大好きチンポ様にご奉仕中(笑)」


惚けた表情の素顔も露わに、衆目にセックス姿をじっくり鑑賞される唯子…


顔から乳房までザーメン塗れにし、だらしなく蕩けた表情の唯子…


先程の満司への憎しみを込めた凛々しい顔と
調教の果てのどうしょうもないメス顔とが、
意地悪くも並べて映し出される。

司会「ハイ、調教前、調教後ですね。どうです、
人は、人との出会いによって、こんなにも生まれ変わることが
できるんですね~、素晴らしい! 私は感動しました(笑)
三好氏という新たな飼い主のもとで、唯子はこれまで以上に幸せで
淫蕩な牝豚人生を歩んで行くことでしょう。」

司会の名調子に、客席からドッと笑い声が沸く。
会場の中で2人だけが、身震いしながら、この屈辱に耐えている。

司会「それでは、お待たせしました!
準備が整ったようです。本日の主役、新郎新婦の入場です!」

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

満司

  • メールを送信する
<2018年09月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30