デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

「響−HIBIKI」感想(2)

2018年09月16日 13:06

「響−HIBIKI」感想(2)

あまり長くなり過ぎると、
目も疲れるし読み辛いので、分割しました。


ーーーーーーーーーー

鮎喰 響を演じるのは、
アイドルユニット、欅坂46のセンターを務める平手友梨奈。
今まで発売されているシングル表題曲のセンターを、
連続で務める不動のエース。

彼女が映画に出ると聞いたとき、始めに感じたのは大丈夫だろうかという不安だった。
彼女オファーを承諾したのにも驚きを隠せなかった。

彼女の曲に対する姿勢は、一アイドルの域ではない。
表現者としての姿勢だ。
どんな時も全力で挑む姿は、度々メディアを騒がせている。
紅白での満身創痍で踊る姿はまだ記憶に新しいだろう。
世間で様々な憶測が飛び交い、自分ではないように書かれている。
だがある誌面で掲載されたインタビュー彼女は、
「みっともなくてもいい。ダサくて結構。自分が今出せる全てを出し切りたい」
そんなニュアンスの言葉を言っていた。

それが平手友梨奈の原動力だ。
だからこそ、多くの人の心を打つのだろう。
惹きつけるのだろう。

映画を観た人は、口を揃えていう。

「平手友梨奈は、響そのものだ」

そう感じさせるだけの共通点が、彼女と響にはあると目に映る。
彼女が、彼女の表現を辞めない限り、
私はファンであり続ける。
ライブには行ったことがない。
ただ、発表される彼女が歌って踊る曲を聴いて、
たまに掲載される雑誌に目を通すくらいだ。
ファンにすれば貢献度は低いのかもしれない。
でも熱量は負けないつもり。
誰かと競っても仕方ない話だけども。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

銀樹

  • メールを送信する
<2018年09月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30