デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

叱られる意味

2018年08月29日 02:30

叱られる意味

調教の世界では飴と鞭がとても大切だ。

課題を与え、上手く実行出来れば、褒めてやる。
そして、ご褒美を与える。

粗相をすれば、お仕置きを与え、反省促す
そうして、徐々に魅力的なM女へと育てる。

M女が潜在的に求める嗜好を満たし、魅力を磨き、開花させてやる。
そして、心身共に解放させてやる事が私が考えている調教だ。

その過程で、M女の至らない部分は叱る事が多々ある。
では、叱るとは何か?

それは愛だ。
より魅力的なM女になる為に、必要な事を伝えているのだ。

叱るのはとてもエネルギーがいる。
何の想いもない者に叱る事などしない。
愛があればこそ、そのエネルギーを与える事ができる。

ところが、中には「叱られる=怒られる」と意味を勘違いしたまま育ってしまったM女がいる。
その多くは幼い頃に、親や先生に怒られて、恐怖を植え付けられてしまった子達だ。
おそらく、叱る人間がただ、感情を露わにして、怒りをぶつけたのだろう。

叱ると怒るは全く別の物だ。
叱るには相手を思い遣る愛があるが、怒るには愛がない。
ただ、怒りの感情をぶつけるだけだ。

このような経験が積み重なれば「叱られる=怒られる=恐怖」と言う図式ができても不思議はない。

私は叱る事はあっても怒らない。
もちろん、自分の感情をコントロールできずに怒ってしまう事もまれにはある。
だが、そんな時は自分自身の未熟さを後悔するし、できるだけ怒らない努力をしている。
怒りの感情をぶつけたところで、事は好転しないからだ。

話を元に戻そう。
怒りの感情をぶつけられ続けたM女は叱られると恐怖を感じ、委縮する。
このままでは、魅力的なM女に成長する事はできない。

心身を解放し、魅力を磨く為には叱る事は必須だからだ。

では、どうするか?
そんな場合はまずは愛を与えてやる。
それもできるだけ分かりやすく。
それと同時に、叱る意味を伝え続ける。

叱る事は怒りの感情をぶつけられたわけではなく、足りない部分をただ、教えられただけなのだ。
そして、その行為の裏には大きな愛が存在する事を。

そうして、叱られる意味が分かった時、叱られる恐怖から解放され、素直に自分を省みる事ができるようになる。
叱られる意味が分かったM女の成長は早い。
そして、見違えるように魅力的なM女に変わる。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

無着

  • メールを送信する

無着さんの最近のウラログ

<2018年08月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31