デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

大きな凸と、大きな凹の昔話。

2018年08月22日 20:59

大きな凸と、大きな凹の昔話。

日本の昔話なんだけど・・・・・。

なぜか??。



TV、絵本等に出てこないんだよね。




例の「カチカチ山」の婆汁の話・・・知ってる?

お婆さんを殺して、婆汁を狸が調理してお爺さんに食わせるって・・・・ウフッフ・・・・こういう話さ(笑)。

こんな残酷な話が出てくるのに・・・・・「カチカチ山」は人気だよね。


~~~~~~~
っで、大きなペニスと大きなマンコの話なんだけど・・・・。





なぜか?

絵本に出てこないし。

CDにもないし・・・・・。

~~~~~~~~~
そこで・・・・・披露してみます。


ちょっと長文だけど。

~~~~~~~~~
話の主人公は、旅のある老人。





ある日、山深い旅の途中、突然雪が降り続いたのでした。


老人、「困ったのう・・・どこか泊めてくれる家がないかのう??」

老人は、しばらく歩いた後、とある立派な庄屋を見つけました。

老人は、この雪で難儀していることをいうと・・・。

若主人らしき人、「どうぞ、なにもありませんが・・・おあがりください」

老人は、「ヤレヤレ・・・命拾いしたわい」

っで、その家の若主人は、それはそれは丁重に給仕してくれたのです。


それでも・・・・老人は不思議な感じがしたのです。

それは、当然いるべき「奥方」が・・・どうもいないようなのです。

子供も見えないし???


老人、「失礼ですが・・・・・同居されているご家族様は、どちらへ・・・」

若主人らしき人は、ちょっと照れくさそうに・・・・・・。

「私は独り者なのです」

老人、「え!・・・それは、どういうことなのでしょうか?」

どうみても、大庄屋の邸宅。

収入も、相当な規模のはず。

奥様がいて、使用人もかなりいないと維持できそうにありません。


なおかつ、この若主人がどこか障害があるようにも見えません。

若主人、「お恥ずかしい話ですが・・・・・・」

《要するに・・・・この若主人のペニスが長大すぎて・・・嫁が逃げてしまうそうです》

老人、「大きすぎて、アソコに入らないのですね・・・・・失礼ながら・・・拝見できませんか?」

若主人、「それでは・・・・・どうぞ」


っで、・・・・笑

それは、それは・・・・すばらしいペニスだったそうです。

老人、「なるほど・・・・・これでは、普通の嫁は逃げてしまうでしょう・・・・・・・但し。。。。私は、御貴殿のペニスを、スッポリハメることができるマンコを持つ女を知っています。その女は、嫁にいってもアソコがブカブカで、精を受け止めることができません。それで・・子ができないため、離縁されているのです。どうでしょうか?・・・御貴殿さえよければ・・・その女と見合いしては・・・」


っで、トントン拍子に話が決まって・・・・・笑

ついに・・お見合いになりました。

若主人、「初めまして・・・・私は・・・・・」

マンコ女、「話は聞いています・・・・・・・・夫婦になれるかどうか・・・まず、ハメてもらえませんか?」

老人、「それがいい、うまくハマるかどうか・・・子供ができるかが一番ですぞ」

っで、若主人、「それならば・・・・・」

老人、「手伝いをしましょう」

マンコ女、「あたしのアソコは、大きすぎて男の種が、うまく当たりません、それで離縁されてしまうのです、なんとか、子ができるようにハメてください」

それで、この三人で努力努力を重ねて・・・。

老人、「はあ・・・うまくハマった・・・あとは・・御主人、しっかり種をこの女にしこまないと・・・」

マンコ女、「いいですわ・・・・・あたしのアソコに男の種を・・・しっかり付けてください・・・・・うまくハマりましたわ」

御主人、「はあ・・・はあ・・・よ~~っし・・・ハッハッハッハッハッハッハ」


若い男と、若い女が・・・・・一緒に絶叫!!!!



マンコ女、「うわああああ・・・うれしいわ・・・・あたしのマンコに・・・ピッタシハマったわ・・・・種を貰ったし・・・・・・子ができるわ・・・・うれしい」

若主人、「ウチに嫁にもらおう・・・・」

マンコ女、「たくさん、子を産みます・・・・」


っというわけで・・・・メデタシ、メデタシ。


仲人は・・・・・時の氏神様だね。

大きな凸と大きな凹、

バンザイ

大は小を兼ねる・・・・・・笑


「大きいことは、いいことだ」



このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

山口洋子

  • メールを送信する
<2018年08月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31