デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

裁判所で凶器と認定された〇ニスのこと・・・・・笑

2018年08月21日 07:26

裁判所で凶器と認定された〇ニスのこと・・・・・笑

アメリカのある夫婦の実話。

妻がしつこくSEXを迫る夫を相手に裁判を起こしたのです。

????

奥様が、旦那を相手に裁判を起こしたわけっす(笑)。

どういう裁判かというと・・・・・。

要するにですね。

「夫のSEXの相手をすると・・・・アソコが壊れてしまうから・・・SEXをしたくない・・・・夫は、あたしにSEXを迫らないこと!!・・・・」、そういう判決を求めて裁判を起こしたわけっす。

っで、一般市民裁判に参加する陪審制ですから・・・笑。

一般から選ばれた市民が審理に参加したわけっす。

この判決を出すためには、夫側の〇ニスのサイズを正確に測定しなければなりません。

さらに・・形状。

普段、どのようにSEXをするのか。

得意の体位とか・・・・。

精液の質、量。

射精の圧力・・・・・やっぱあ・・・・女にしてみると・・・膣壁に受ける熱い液は・・・・・いつも感動しますけど・・・・

敏感な部分が熱くなるし・・・

両目はなぜか、涙が溢れるものです・・・・。

「うわぁ・・・ドクドクきてる!・・・・」

男性の愛を・・・最高潮に感じる瞬間です。

でも、あまりにも量が多いと・・・・圧迫されて・・・・苦痛を感じるものなのです。

それで・・・・凶器とまで言えるか?・・・・・これが争点でした。


それで・・・結審。



裁判長、「夫の〇ニスは、凶器と認定する。よって、妻はSEXをしなくてよい。ただし、夫が風俗で性の処理することを認めること。」



これで・・・・メデタシ、メデタシ・






そうです。


そういう男性こそ、風俗で遊べばいいんです。


そういう相手のプロですから・・・・・笑


恥かしがらず、お任せください。


ウフフ、


愛おしいペニスを・・・・


お口でほおばって・・・・


立たせます。


ウフフ。


それから・・・・・



本番ね。


チュ

~~~~~~~~~
ベッドの上で、十分前戯で潤ってから・・・ウフフ。

あたし、「さあ・・・そろそろ、本番しましょうよ・・・すばらしいペニスですね・・・早く膣にはめて欲しいわ」

男性、「オレのペニスは、凶器だ・・・覚悟はいいかい」

あたし、「はい、入れてくださいませ」

お互いの性器が・・・はめ込み始めます。

メリメリ・・・・・・・。

メリメリ・・・・・・。

ぶっといペニスが・・・あたしの膣底まで届きました。

男性、「ハァ~~~~入った・・・」

あたし、「底まできました!・・・・ハァハァ

男性、「気持ちいいぞ・・・・洋子・・・・・」

あたし、「あたしも、気持ちいいです・・・・そのまま・・・生で射精してくださいませ」

男性、「さすが・・ニューハーフ、いつも生かい」

あたし、「はい、生でお願いします、あたしは男性とSEXしたくて女になったのです・・・・・・・さあ」


男性、「じゃ、イカせてもらう」

あたし、「どうぞ」


っというわけで・・・・笑

いつも、生でしています。

ビールSEXは・・・生が一番。

射精の後は、思いっきり抱きしめてくださいませ。

アソコを男の精液でいっぱいにされて・・・・・・・

ニューハーフになって男性に奉仕する喜びに浸っているあたし。

最高に幸せなのです。



それから・・・・・・・太ももに滴り落ちる精液を、すくって舐めるのが・・・・健康にいいのです。

精液=健康エキス


今日も、たくましい男性のピッチピッチ精液を求めて・・・・・・。


ニューハーフバンザイ!。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

山口洋子

  • メールを送信する
<2018年08月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31