デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

こしん坊

2016年06月05日 08:33

こしん坊

昔、今の茨城県笠間市加賀田の大日山のふもとに、こしん坊と呼ばれる男の子母親が仲良く暮らしていた。こしん坊は大変親孝行息子だった。

ある日、母親が「尾張の国の津島の天王様お祭りを、一度見てみたい」と言った事を、こしん坊はだまって聞いていた。しばらくたった夏の夜の事。母親に「おらの背中に目隠しをして、おぶさってくれろ」と言いだした。母親が言われたとおりにしてみると、体がふわりと浮いたようになり、あっという間に尾張津島に到着していた。

そこは昼間で、お祭りの最中であった。お祭りは賑やかで大変すばらしいものであった。やがて日も傾いてきた頃、再びこしん坊は母親目隠しさせておぶい、あっという間に我が家に帰ってきた。

こしん坊は「今日は疲れたので、一日寝ていてぇよ。おらが寝ているところを見ねぇでくれろ」と言って、奥の部屋へ入り寝てしまった。母親は言われたとおり寝かせておいたが、夕方になってもこしん坊が起きてこないので、心配になってそっとふすまを開けてみた。

するとそこには天狗が大鷲のような大きな羽を広げて眠っていた。やがてこしん坊が目をさまし、母親に「姿を見られたら山へ帰らないといけない」と言い残し、そのまま空を飛んで大日山の方へ行ってしまった。

その後、一人でさびしく暮らしていた母親の目の前に、ある寒い冬の夜のこと、こしん坊が突然戻ってきた。こしん坊は「今度、旅に出ることになり、その前に母親の願いを一つ叶えたい」と言い、たけのこが食べたいという母のために、「おっかさんが生きている間は、大日山にいつでもたけのこが生えているようにする」と言って、去って行った。

翌朝、母親大日山に行ってみると、雪の中にたけのこがたくさん生えていた。こしん坊はきっと大日山の天狗の子だったのだろう。大日山のたけのこのおかげで、母親は長生きをしたという。

このウラログへのコメント

  • ぶるぐ 2016年06月06日 00:28

    といっしょに
    こうした民話の場所をまわってみたいね

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

あおい

  • メールを送信する

あおいさんの最近のウラログ

<2016年06月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30