デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

「グリンチ」レビュー☆

2018年12月07日 02:00

「グリンチ」レビュー☆

声:ベネディクト・カンバーバッチ主演他。この子の名前はグリンチ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)。友達も家族もいないからいつもひとりぼっち。グリンチは、ずとさびしい毎日を過ごしていた。だから、オトナになったグリンチは・・・ひねくれ者になってしまった!!オトナになったグリンチは、他人の幸せがだいきらい。村はずれの洞窟で誰とも合わずに暮らしハートの大きさは普通の人よりずっとずっと小さくなった。そんなグリンチが、なかでも一番きらいなもの。それは・・・村中が幸せな気分に包まれるクリスマス!!しかも今年のクリスマスはとても豪華なものになるらしい・・・。もう我慢できないグリンチは、あるとんでもない作戦を思いつく。そうだ。村からクリスマスを・・・盗んじゃえ!!ミニオンよりも強烈な超個性的キャラクターグリンチ”が、クリスマスにとんでもない作戦を実行してしまう!世界中で愛されている物語「グリンチ」をユニバーサルスタジオ映画化

4/10点!!日本語吹替鑑賞です。ベネディクト・カンバーバッチの声で観たかったですが、勿論やってないし(>_<)、字幕版探して遠くまで行くほどの内容でもなかったです。原作が絵本なので、ミニオンみたいにショートストーリーとして上映するのが丁度良い内容でした。Whoの村は、子どもの夢のクリスマスそのもので、イルミネーションがチカチカ過ぎて家でカーテン閉めても明るくて眠れなさそう(+_+) 家からはソリで通勤、遊びにいける坂道になっていて、各家庭から持ち寄った特製オーナメントで、村の中心の巨大ツリーを飾る。巨大ツリーのアイデアは、自分たちの街でもやりたいなぁと素敵でした(*^¬^*)グリンチはなんと50歳オーバースクルージみたいだけど、子どもっぽくて。シンディ・ルーとの出会いをきっかけに改心するのですが、「50年以上生きてて今!?そんなことで改心するなら、今までにももっときっかけあったでしょ?」と突っ込んでしまいましたが、言葉が響くがどうかはタイミングが重要で、案外とても小さなきっかけで人間は変わるんだろうなぁとも思えました。そして、そんなグリンチの変化よりもっと気になることが・・・。クリスマスに本物の方のサンタさんがWhoの村に来ていないっていう(爆)こんなにもクリスマスを愛する村なのに・・・とそっちの方が気になってしまいました(>_<)シンディ・ルーの願いも叶ってないし、色々クオリティーの低い作品だなと思わざるを得ませんでした。同時上映の「ミニオンミニミニ脱走」は完璧(笑)今回はミニオンが喋っていることが結構わかって、面白かったです(^^)2018年公開。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ユリ

  • メールを送信する
<2018年12月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31