デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

世界経済大崩壊、その後はベーシックインカムになる、3ヶ月の食糧備蓄を

2018年09月16日 10:26

トランプ大統領の言動を見ていると、現行の金融システムを、

わざと崩壊させようとしているようにしか見えません。

冒頭の記事を見ると、“世界経済はすでに崩壊”しているとのことで、
“FRBの意図通りにシステムをダウンさせ…

ベーシックインカムテストケースとしてシカゴを考えている”とのことです。
 
やはり、大きな流れは、
人工知能ロボット
そしてベーシックインカムが基本となる社会へ

と移行していくようです。
 

ロン・ポール氏は、“現在の銀行制度は破綻寸前であり…
不換紙幣で維持してきた全ての大国が崩壊します”

と言っています。

このことも、これまで時事ブログでずっと言ってきたことです。
 

新しい金融システムとして、
量子金融システム始動するとのことです。
中心となる量子コンピューターは、カバールの手の届かない宇宙軌道を回るとのこと。
これが始動する前に、現行の金融システムは完全に破綻する必要があります。
 
これまでにお伝えした情報から、
その破綻は今年中に来るという予測が有力なようです。
しかし、
金融システムがいつ起動するのかの情報は全くありません。

崩壊後の大混乱がどのくらい続くかがわからないのです。
 

コブラは以前、10日ほどの水と食料を用意していて欲しいと言っていましたが、
これは最も楽観的な予測ではないでしょうか。
見通しはかなり楽観的になったとは言え、
少なくとも

3ヶ月分の食料の備蓄が望ましいと思っています。
竹下雅敏)

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ぱすかる

  • メールを送信する
<2018年09月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30