デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

子供のあたま。

2018年07月07日 21:18

子供のあたま。

去年のプリキュアキーワードは、
スイーツ」でした。
今年のプリキュアキーワードは、
「ハグ」です。

で私は。
2ちゃんねるの関連スレッドに、
こんなことを書き込みました。

「『スイーツ』? 『お菓子』ではいかんのか? 『スイーツ』だなんて、
 なじみがないなあ。……ってのは、私が年寄りだからということでいい。
 今の若いもんには『スイーツ』で充分、なじみがある。ということでいい。
 だが、流石に『ハグ』は、しかも幼児には、なじみがないと思うんだが」

この書き込み。
その場では、同意を得られました。

しかーし。
現役で子育て中の、私の妹の話を聞いて、ずがーんと驚かされました。
いや、気づかされた、というべきでしょうか。

以前。
2018/4/28の「あいあむ・おっちゃん」で語りましたように。
妹の子は、今、じわじわと人語を解しつつある途中です。
そういう子にとっては、そもそも日本語英語の垣根がないんですよね。
「抱きしめる」と「ハグ」とに差がない。

だから。
なじみがないもへったくれもない。
なじみのなさは同等なんですよ、これが。

言われてみれば。
日本人の子は日本語を、アメリカ人の子は英語を、簡単に覚えます。
高学歴日本人学者より、
ロクに小学校も行ってないアメリカ人の少年の方が、
英語が堪能だったりします。

年齢が低ければ低いほど、
脳が若く真っ白であればあるほど、
言語は抵抗なくスルスル入ってきて、マスターできる。

実際。
妹の家にも、「今ぐらいが限度、最後のチャンスですよ!」と、
英語幼児用教材のセールスマンが来るとか。

「子供の方が頭が柔らかい、だから理解力や発想力は大人より上」という言葉。
自分自身が、当の「子供」だった頃には全く理解できませんでした。
大人の方が、いろいろ知ってて、難しい計算とかもできて、
頭のできはいいではないか、と。

でも。
実際に歳をとってくると、「大人の方が劣ってる部分」を、
いろいろ実感できてくるもんですね。

……まあ、幼児まで遡らずとも。
私自身、10代20代の若かりし頃と今を比べてみると。

新しい小説アイデアストーリーキャラクター
次々と発想する瞬発力というか湧き出しというか、
その辺りがどうも、発想の老化というか硬化というか。うぬぬ。

蓄積した知識や経験で、補いたいものです。はい。

このデジログへのコメント

  • はぎんちょ 2018年07月08日 01:10

    幼少時からの訓練や鍛練によって、ずば抜け

    た才能を発揮する子供って。。

    素晴らしいなあと思います

    親の躾や方針に、かなり大事なんでしょうけ

    ど(^_^;)

  • けーでぃー 2018年07月08日 21:35

    > はぎんちょさん

    ABCの一文字も知らない状態で漂流し、アメリカの捕鯨船に救助され、
    その船内生活だけで(教師も教科書もなし)英会話をマスターしたジョン万次郎14歳。
    ま、彼は確実に大天才ですが。

  • eri 2018年07月11日 05:41

    成長とともに不要な能力は削がれていって、必要な能力が高められていく

    仕事と一緒ですね。新卒なら未経験でもこれから覚えればOK

    ちなみに、脳科学者が幼児期の早期英語教育は良くないって言ってました

  • けーでぃー 2018年07月11日 21:29

    > eriさん

    おお。常々、「異国の言葉なんぞ後回しでいい! それよりも子供たちには、
    自国の言葉と、自国の歩んできた歴史こそしっかり教えるべき!」と思ってる私には嬉しい情報。
    世に広まってほしい。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

けーでぃー

  • メールを送信する

けーでぃーさんの最近のデジログ

<2018年07月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31