デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

これ無視したら中国は無法国家決定だなwww

2015年10月30日 23:24

ハーグ裁判所南シナ海仲裁手続き進める決定 中国主張却下
ロイター10月30日 9時34分配信

アムステルダム 29日 ロイター] -オランダハーグの常設仲裁裁判所は29日、フィリピン政府が申し立てていた南シナ海をめぐる中国との紛争の仲裁手続きを進め、今後フィリピン側の言い分を検討するための聴聞会を開くことを決めた。

関係国間の交渉による解決を唱え、仲裁裁判所に管轄権はないとしてきた中国主張は認められなかった。

中国はこれまでこの問題で仲裁手続きを一貫して拒否し、南シナ海全域の領有権を有するとしてフィリピンのほか、ベトナム台湾マレーシアブルネイなどからの異議にもことごとく耳を貸していない。

しかし仲裁裁判所は今回、フィリピン国連海洋法条約に基づいて申請した7件の事項を取り上げる権限があり、中国仲裁手続きをボイコットしているからといって裁判所の管轄権がなくなるわけではないとの判断を示した。

国防当局者は、仲裁裁判所の決定に歓迎の意を表明。「南シナ海の紛争に対する国際法の有効性が示されている。各国の領有権には論争の余地がないわけではなく、国際法と国際的慣行を基礎にしたこうした判断は、紛争を解決しないまでも管理を実現できる1つの方法といえる」と述べた。

フィリピン同盟国でもある米国は今週、南シナ海にある中国が埋め立て工事をした人工島の12カイリ以内に海軍艦艇を派遣する「航行の自由」作戦を実施した。

また米国務省カービー報道官は定例会見で、仲裁裁判所の決定はフィリピン中国の双方に法的拘束力を持つとの見方を示した。

上院軍事委員会マケイン委員長裁判所の決定を称賛した上で、米政府は航行の自由作戦を定期的に行うことなどで今後もフィリピンなどの同盟国や連携する国を支援するべきだと強調した。

米戦略国際問題研究所(CSIS)の南シナ海専門家、ボニー・グレーザー氏は、フィリピンはこの問題で中国と十分な交渉をしていないとする中国側の主張裁判所見解で明確に否定された点を踏まえると、中国にとっては大打撃だとみている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00000026-reut-cn



いい流れww
まあアメリカが本気出した結果がこれなわけで。
土人は土人らしく大陸に引っ込んでればオッケー。
実際、イージス艦一隻に手も足も出せなかったんだからさ。
ニュース見てビール吹いたわwww
ベトナムとかフィリピン漁船なんか撃ちまくってるのにね。
ベトナム漁船なんて沈没させてるんだぜ。
弱い者には恫喝、強い者には手を出せない。
ほんとチンピラヤクザ並みの連中だ。

さすがに今回は出ていくしかないだろうね。
なんたって国連常任理事国様なんだから。
この裁定を無視すれば、「中国は無法国家アル」と世界中に公表することになるしねwww
無法国家が常任理事国なんて馬鹿なこと、さすがに世界が許さないだろうしね。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

くまごろう

  • メールを送信する
<2015年10月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31