デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

吾朗さんのウラログ一覧

  • たくらみ  No.2

    たくらみ No.2

    2018年07月13日 12:56

    … 葛西は廊下の向こうで壁に寄りかかり立っていた。 俺は近づいた。 「伊沢、お前携帯持ってるな?」 「ああ」 「手筈が整ったら連絡する。場所はもう決めてある。女子社員の泊まる棟の北側の端に階段が... 続きを読む

  • たくらみ

    たくらみ

    2018年06月27日 13:37

    … 百合子はもう温泉に浸かったのだろう。 頭の上に束ねた髪と白いうなじが色っぽくみえた。 束ねそこなった長いほつれた髪が、ゆるくカールを巻き、耳の前から垂れ、うなじ、鎖骨を通り、浴衣の白い胸元の... 続きを読む

  • 女   になるとき  終

    女 になるとき 終

    2018年06月26日 09:38

    … 「あうっ!……ああっ!……あんんっ!」 突かれる度に空気が漏れる。 美津子は何も考えられなかった。 もう身体全体が、意識全体が膣内と同化したようだった。 ペニスの運動を促すように、美津子の擦... 続きを読む

  • 女   になるとき    4

    女 になるとき 4

    2018年06月21日 00:34

    … なぜ……? 何か湧き上がってくる。 なぜ、こんなやり方……? ひどい…… 苦しい。 でも……。 嬉しい……。 もっと……。 苦しいけど……嬉しい……。 ああっ……嬉しいっ……。 もっと……。... 続きを読む

  • 女   になるとき    3

    女 になるとき 3

    2018年06月20日 01:59

    … ひざまずくと、上を向いたペニスの裏側が見えた。 この光景も圧巻だ。 ペニスの裏に走る筋を中央にて、もうひとつの肉の盛り上がりがある。 その盛り上がりは、根元にいくほど太くなっている。 つばさ... 続きを読む

  • 女  になるとき    2

    女 になるとき 2

    2018年06月19日 00:28

    … 「あっ!」 ごめんなさい! 入ってるの気付かなかったわ! 美津子は、そう準備していた言葉を言おうとしたが、出てこなかった。 目に映ったものに言葉を失った。 つばさの白く、大きな裸の肉体が目に... 続きを読む

  • 女  になるとき

    女 になるとき

    2018年06月18日 02:17

    … まだ夜は明けていなかった。 美津子は脱衣所にひとり立ち、浴室のドアを見つめていた。 不鮮明なドアのガラスを通して、中に人がいるのがわかる。 中からはシャワーの音も絶え間なく聞こえてくる。 こ... 続きを読む

  • 代償        最終話

    代償 最終話

    2018年06月17日 07:35

    …. 「あなたは…」 それ以上言葉に詰まったのか… 視線を逸らして何かを堪えるように、しばらく何も言わなかった。 俺は震える彼女に触れることもできないまま、黙って言葉を待つ。 「本当に… どこま... 続きを読む

  • 代償No.39

    代償No.39

    2018年06月11日 11:59

    その夜遅くに酔いが回ったまま家に着いた。 いつものように出迎える聡美と… 佐伯。 俺は不機嫌な気分を隠すこともせず、邪険に佐伯を追い払い、 聡美を引きずり屋敷の廊下を歩く。 「あなた… あなたぁ... 続きを読む

  • 代償No.38

    代償No.38

    2018年06月09日 16:55

    … 「どうした?怖いのか?今更だろう? 結局納得してジャンケンしたのはお前だ…」 あの人は今夜部屋に入るなり 『今夜は勝った方が負けた方の言いなりになる…』と言い おどけた様子で突然「ジャ~ンケ... 続きを読む

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

吾朗

  • メールを送信する