デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

【お題日記】こんなHがしてみたい + 回顧録④

2018年05月14日 09:51

願望なら、ピルを飲んでもらって、自然体でHしたい

ゴム付けなきゃ、外れていないか、破れていないか、イッてから外さなきゃ

とか気になるからね

直接感じたいし、感じたままにイッてみたい

そして、征服欲や汚してみたい願望もあるよ


回顧録④

札幌にいる時、江別女の子から二人同時にメールが来た
スタービーチというサイトだった
そのサイトで出会ったことは過去に無し

1人の女の子下着あげますという怪しい内容
もう一人はこれから会いましょうという内容

下着女子とは真剣にやり取りする気にはならず、からかい半分
会いましょう女子は、まっすぐホテルに行ってもイイというので、期待していた
江別まで車を走らせる
その間もやり取りを続けた

会いましょう女子とは、野幌駅か大麻駅で待ち合わせということで、着いたら駅の中に来てください
と言われ、まだ到着するまで時間かかるけど、こちらは車なので駅から出てきてと話した

すると、駅近くのコンビニに来てくださいと言う

実は、既に到着していて、駅からそれらしき女の子が出てコンビニに向かうのか見ていた

なかなか出てこない

駅からコンビニに向かって入っていったのは、若い男のグループくらいだった

そうすると、コンビニに着きました、待っていますという返事が来た

あぁ、やっぱり 俗に言う『オヤジ狩り』だ
その当時流行ったんだよね(笑)

10%は期待していたものの、90%は同時に江別女の子から連絡くるはずもないと思っていたから
やっぱりかという感じだった

それでも江別まで走ってきたのもバカらしいので

コンビニの横の道路に白い〇〇〇〇(車名)で止まっているから、出てきてと言った

その時はコンビニから100mくらい離して停まっていた

案の定、若い男のグループが数人出てきた

俺の車を見つけ、急ぐと怪しまれると思ったのであろう
ゆっくりと近づいてきた
50mほどに近づく
彼らは獲物を捕らえようとしている雰囲気を醸し出している

そこから、ゆっくり車を前に走らせた
彼らは一瞬ハッとした感じだ
少し早歩きになった

俺は人の歩くスピードで前に車を走らせる
彼らからすると、獲物の近くまで来ているのに距離が縮まらない

すると

1人が走り出した
それを見て、また俺は人の走るスピードで前に進む

そうこうしているうちに500mは進んだだろうか

追ってくる彼らにも殺気が宿る

そのうち一人が後ろに走り出した
きっと車を取りに行ったのだろう

残った奴らは全員走っている
彼らも必死だ

ハァハァ言いながら追ってくる

多分、1kmは移動したんじゃないだろうか

彼らの怒りが伝わってくる

こちらとしても騙されてタダで帰る訳にもいかない
ヤラれたらヤリ返すの精神で(笑)
彼らに健全な散歩しをしてもらったのだ

すると、戻った男の乗ってきたであろう車が猛スピードで走ってきた
残りの連中の所に止まり、乗り込んでいる

ここからカーチェイスか?

とは思ったが、土地勘が無い俺は不利なので思いとどまった

俺もそこからスピードを出して逃げた

彼らは俺を見失った

変な場所で見つかっても嫌なので、ある程度距離を離してから

メールを見た

『テメェ コノヤロー』的なメールが入っていた

俺は

『バーカ(笑)』と返信した

それにしても危ない
危険予知できなければ、オヤジ狩りに合っていただろうな
もし何かされていても、誰にも言えないことだから泣き寝入りしているオジサンも居ることだろう

あの連中も今では40歳前後かね?
どんな大人になっているのやら

きっと一人じゃ何もできない男になっているかな

それからは、初回に会う時は念には念を入れて、変なヤツが出てこないか確認するようになった

安心させて、2回目以降の油断した時にとなると防げないかな

美人局も怖いし、お金の抜き取りも怖い、病気も怖いしね

危ない目に合う確率は低いと言っても、やっぱり危険はある

そこはスケベ心で周りが見えなくならないように細心の注意をしておかなければ

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

サイト経歴20年

  • メールを送信する
<2018年05月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31