デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

昨日の続編、たしか・・・・元軍曹も・・・・・命乞い虚しく

2018年05月08日 07:31

元の上司である少尉殿を裏切って(笑)、

先頭切って「真相」解明に奮闘し、東京裁判の際は連合国側の検察証人として、少尉を死に追いやった元軍曹ですが・・・・・。

やっぱ・・・・「介錯」した本人ですから・・・・無事で済むはずがありません。

なんせ・・・・捕虜にごぼうを食わせただけで・・・・・重労働を含む禁錮10年の刑ですから・・・。

たしか・・・・・・その後の追裁判で、少尉の後を追うことに・・・・・・。

自分がしたことが・・・・今度は自分がされる番になったわけっす。


東京裁判での醜いやり取り・・・・・・笑



かつての部下、「新兵の竹槍訓練は、軍曹殿が我々古参兵に命じたものであります」

軍曹、「なにを・・・・・コノ野郎!・・・勝手なことぬかしおって!!・・・・・・〇〇一等兵が命じたのであろう・・・わしは一向に知らん・・・・〇〇はどこへ行った・・・奴をここへ連れてこい・・・・野郎め・・・・」

検察の質問、「あなたが見たという、命令した人物がここにいますか?」

部下、「います」

検察、「指をさしてください」

部下、「あいつです」(軍曹を指さして・・・・・・・笑)

軍曹、「オレは、知らんぞ・・・・〇〇一等兵野郎を連れてこい・・・あの野郎・・・・どこへいきやがった」

検察、「〇〇一等兵は、現在行方不明で所在を調査中だ」

軍曹、「なら、この裁判は結審できんぞ」

検察、「キミの判決は、明日だ」

軍曹、「何!!・・・・ふざけるな!!・・・〇〇一等兵野郎が勝手に竹槍なんかで突っつかせたんだ・・・・少尉殿もオレも知らん・・・・・〇〇一等兵野郎!!!」

MP、「黙れ!!・・・・・静かにしろ!!」

軍曹、「畜生・・・・〇〇の野郎・・・・トンズラしやがったんだ・・・野郎・・・殺してやるぞ・・・」


~~~~~~~~~
翌日、判決


裁判長、「☓☓元軍曹捕虜虐待の罪で絞首刑とする」

軍曹、「え!・・・絞首刑・・・・オレは死刑か・・・・・」

うなだれる元軍曹をMPが両腕を取って連行しました。

~~~~~~~~~~~
死刑囚の牢。

どいつもこいつも、まもなく死刑になる人々の集まりです。

上は元首相から、軍団司令官~~ペイペイの元軍曹まで・・・・・同じです。

軍曹は、当初信じられなかったそうです。

今まで雲の上の人と思っていた人達が・・・・・・実際囚人服を着て、自分の目の前にいる。


陸軍大将中将少将なんて・・・ザラ。

今まで一度も話をするなんて・・・思ってもみなかった有名人と話ができる・・・・・。

しかも・・・まもなく・・・・死へ追いやられる人々。


っで、彼は、こう思ったそうです。

彼らは責任者だから・・・ある意味、当然だ。

彼らの命令ひとつで・・・兵が動き、兵が死ぬ。

彼らの指ひとつで・・・数万の兵が死ぬ。


それに比べて・・・・・オレなんか・・・たったひとりのアメリカ兵を・・・・・・しかも死の断末魔の苦しみの最中に・・・・かわいそうで介錯してあげただけなのに・・・・・。

この理不尽さに・・・頭が狂いそうになったそうです。

しかも、牢の中まで身分差別があって・・・・・軍曹なんか・・・グチひとつ言えなかったそうな。


そして・・・・・・。

「死」の呼び出しが・・・・いつなのか?

火曜日と金曜日が・・・危ない・・・・とか・・・。

その日を無事過ぎたら・・・・しばらく安心。


でも、いつかは・・・・その日が来ます。

MPがやってきて・・・。

MPが、(ニヤッ)と笑みを浮かべて・・・・・・・・笑


「への4444、出ろ」

ついに軍曹の年貢の納め時がきました。

期せずして・・・・・「海行かば」の大合唱


軍曹は、13階段のある部屋へ消えていきました。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

山口洋子

  • メールを送信する
<2018年05月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31