デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

(昨日の続き)彼を意識し始めたのは・・・・・まもなく・・・・です

2018年05月03日 08:28

(昨日の続き)彼を意識し始めたのは・・・・・まもなく・・・・です

住み込みで働くようになって一ヶ月ぐらいたって・・・・・・金縛りにあうようになりました。

でも、「疲れのせい」にして、何とも思いませんでした。

お客さんにも好評で、すぐお店の看板娘になりました。

よくお客さんから、ちょっかい出されましたよ・・・・来るたびに、ケーキ持ってきてくれたり・・・笑。

・洋子さんの休み教えて・・とか・・笑

でも、ボクの方は・・・・・・性欲が全然ありません。
(入院初日に睾丸を抜いて以来、性欲がゼロです)
っで、人造の膣を造っても・・・・性欲はゼロ。

つまり男でも女でもなくて、ただ膣が空いている状態(笑)なのです。

だから・・・・・なぜボクに興味がわくのか?・・・・全然わかりませんでした。

ボク、「はあ・・・・??」
(冷たく断ってしまうと・・・・次に来てくれないかも・・・・・大事な常連さんですから・・・)
っというので・・・・返答に窮しました。

男性とSEXすると、男性からはご褒美精液が貰えますけど・・・。

ボクの方から、男性にあげるものがないわけね・・・・・。
(穴を提供するだけです)
だから興味がなくなっていきました。


それで仕事一筋に、がんばっていました。

そして・・・・・ある明け方。

ついに・・・彼が(霊)やってきたのです。

部屋は二階の北西の4畳半。
サッシを小鳥がトントン叩くのです。
それで目が覚めました。
でも、まだ布団の中。
布団の外から左の腰当たりを・・・・誰かが軽く、トントン叩くのです。

ボク、「え?・・・なんだろ・・・起きてみよう・・・・・・ああああ・・・・身体が動かない!」

完全無欠の金縛り状態・・・・・・。

どんな目に合うのだろう・・・・?

っと思ってたら・・・・・なんと・・・・何かがボクのアソコへ侵入しようとしている。

何か・・・・棒状の硬いものが・・・・・人造膣に入っている・・・・あああ・・・・奥へ・・・来てる

そして・・・・前後に動く!!

ボク、「ピストンしている・・・・・あああああああ」

初めはゆっくり・・・・・だんだん・・・急に・・・・・。

上には大柄の男がいるのは確実です。

「ハァ・・・ハァ・・・・・ハッハッハッハッ」

荒々しい息遣いまで聞こえます。

そして・・・・振動が急に細かくなって・・・(まもなく射精がくる!)

そうです・・・・生で射精されました。
精液は・・・冷たいセメダインのような感触でした・・・でも、キュ~~ンと海老のように仰け反りました)

ボクの眼からは自然と涙が溢れて・・・・頬に流れました。

男の舌が顔を舐めているかのようです・・・。

上から強力な男が笑っています・・・・「クックックッ」


ボク、「あああああ・・・・・・・・初めて膣に射精された・・・・・」

正直な感想は・・・・「これで、女になれた・」です。


ボク、「そうか・・・・ボクは、ちゃんとした女の膣があるんだっけ・・・・・・しかも妊娠の心配がないから、生でさせてもOKなんだ・・・・・・これから男とSEXしよう」って思いました。

それで・・・・照明を点けて、よくよく調べてみると・・・・・SEX跡がどこにもありませんでした(笑)。

ボク、「夢かな?・・・・不思議な夢があるんだな」

と思いました。




そんなことがあって、しばらくして、次もあった時・・・・・さすがに何かを意識しました。

「何か・・・・おかしい」

たぶん・・・浮遊霊でも連れてきたか・・・・はたまた、この部屋に住む地縛霊か・?。

っで、天井を見てビックリ仰天。


何を見たと思いますか?








ビックリです。






是非、あなたの家の天井もチェックしてみてください。


これあると・・・・・・ちょっとヤバイっすよ・・・・マジ。









それはねえ・・・。






隅から隅まで・・・・・人間の手形があったのです!!。


信じられない!。


気持ち悪い!!


これって・・・・何を意味しているか?・・・・・わかりますか?



それは・・・・・こういうことです。



ここは、たくさんの「霊」が来た後ということ。

一般的に、ここが「霊道」だと、言われています。

人の住むのに適してません。


聞くと・・・・・この部屋は長い期間、誰も住まず、なぜか鍵をかけてたそうです。

そういう部屋って・・・・・・霊が住み着きやすいんですよ(笑)。
だから、開かずの部屋って造ってはいけないんだよね。

毎日、風通しを良くして、必ず誰かがお部屋をチェックするようじゃないと・・・・。
つまりですね、流しの霊が住み着いてしまう可能性があるんですよね。

(ここは、誰もいないんだ・・・・・じゃあ、オレが住もう)みたいな・・・・。

そういえば・・・ボクも・・・よく見ましたよ・・。

何か?・・・・透明な何かが・・ス~~って動くのを・・・・・・笑

でも、だから縁起が悪いじゃなくって・・・・仲良しになればいいわけっす(笑)。


わたしたち貧民は・・・・・こういう霊のみなさんと仲良くしていかないと・・・・・生きていけません。

毎日、寝る前にウィスキーの水割りとか・・・おいてあげたり・・・・笑

「どうぞ」って・・・笑


ちなみに・・・・どこのお家にも、多かれ少なけれ・・・・・・彼みたいな霊のひとりやふたりはいるそうです。


逆に、もしいないとすると・・・・・・・・・・。

その家は、かえって危険なお家となってしまうそうです。


その理由は・・・・霊の空白域になっているからだそうで・・・。

どんな悪霊が来てしまうか・・・・・っということらしい。

==========
まあ、彼の場合、それほど悪い人には見えないし・・・・・笑

たまに来て、ボクの膣に射精していくぐらいだから・・・・。

その見返りに、いろいろ面倒を見てもらっていると思うよ。

要するに「運」を貰っているわけ。

持ちつ持たれつみたいな関係かな(笑)。


ああいう霊と、うまく付き合っていくのも、大切なことです。

夜寝る前に、彼を意識して全裸で寝たり・・・・・笑

「どうぞ・・・・交合しましょう・・・・生で射精してくださいませ」・・・みたいな(笑)。







ウフフ、

あ、そうだ。

今日は憲法記念日だね。

憲法論議をしなきゃあ・・・笑




このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

山口洋子

  • メールを送信する
<2018年05月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31