デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

交通事故の瞬間の音・・・・・ズシ~~ン!!!

2018年04月23日 05:54

交通事故の瞬間の音・・・・・ズシ~~ン!!!

意外に低い音、でも近隣に響いてました。

初めは何の音か?、わかりませんでした。

昨夜午後8:50ごろ、〇〇フラワーパーク帰り道交通事故が発生したのです。

夜のライトアップもありましたから・・・・・予想通りのチョー渋滞の中でした・・・・・。

ちなみに、今交際している創価班の彼氏デート中です。
(彼の車は、アルトです!・・・・彼の運転です(笑)。)
彼、「事故だ・・・・次の交差点だろう・・・あああ・・・・・やっぱりだ」

あたし、「すごい・・・・クラウンBMW・・・大きな乗用車同士のモロ衝突よ・・・」

彼、「どっちも確信犯的・・・信号無視だよ・・・きっと・・・・バカだな・・・・・どちらかが、「赤」で止まっていれば、何も起きなかったのに・・・・」

あたし、「じゃあ・・・・どっちも「赤」?・・・・・どっちも「ずうずうしい」者同士の事故なの?」

彼、「たぶんね・・・・お互い向こうが止まると思って、アクセル全開に赤を突っ走ったのさ・・・・・・・T字路を、一方は左折しようとして、もう一方は右折しようとして・・・・・・それで、ガツンさ・・・・・」

あたし、「あきれた!!!・・・向こうの車云々より、自分がまず停車でしょうよ・・・バカみたいね」


=============
どういう事故かといいますと・・・ですね。。。

まず、東西に延びる片側二車線の幹線道路があります。

仮に上りは(西<=東)とします、下りは(西=>東)ですね。

っで、ある地点に信号のあるT字路が南側に伸びています。

事故はこのT字路で起きました。

それで、この信号ですけど、上り側の方は下り側より相当早く「赤」になってしまうそうです。

下り側の方が、かなり長く「青」になっているそうです。

さらに・・・周囲の状況は、抜群に見通しが良く、障害物は全くありません。

日曜日の夜、午後9時ぐらいとなれば、田舎ですからそんな場所に歩行者自転車バイク等は全くいないし、南側道路に車、バイク自転車等もいない状況です。

そんな状況下で、二台の乗用車が双方からアクセル全開で衝突してしまったのです。

????

不思議ですよね???

彼氏の解説です。

おそらく真相は・・・・こうであろうっと話してくれました。

今、下り側(西側=>東側)にクラウン、上り側にBMWとしますね

上り側(西側<=東側)が、信号「赤」は明白です。

BMWは、目の前の信号が「赤」なのに・・・警察も誰もいないから・・・しかも日曜日夜だから・・・・・・かつ・・右側から車等、全く来ないのはわかっているから・・・・スピードを落とさず、アクセル全開で左折したはず。

バカですね。

こういう輩は、いつもこういう危険な運転をしているのです。

今回だけではないはずです。

世間をなめているのです。


それでですね・・・・今度は下り側(西側=>東側)のクラウンですが・・・・。

こいつも・・・確信犯的・・信号無視のはずです。

すなわち・・・猛スピードで突進してきて・・・信号のはるか手前で信号は「黄」=>「赤」へ。

でも、運転手の頭に「停止」は浮かびませんでした。

なぜなら・・・・・笑

①、日曜日夜9時

②、対向車腺は・・・当然、かなり前から「赤」・・・・今も「赤」・・・・これからしばらく「赤」が続く・・・・・したがって、対向車腺からの車、バイク自転車歩行者は存在しない。

③、T字路の南側道路からの車、バイク自転車歩行者等は、存在しない。

④、このT字路交差点は・・・・・オレのものさ!

この判断の下・・・・・運転手はアクセル全開で右折したのです。


お互いに相手の車は見えなかったはずです。

相当なスピードがお互い出ていたから・・・・・・・。

かつ、二車線ですし・・・・このT字路交差点は広いのです。


見えた瞬間・・・・もう間に合いませんでした・・・・・。


クラウン・・・「ウワァ!!」

BMW・・・・「あ!・・・」

《ズシ~~~ン》


ずうずうしい運転手同士・・・・・自業自得です。


お互いのドライブレコーダーを解析したら・・・警察も呆れるでしょう。


こんないい車を一瞬でオシャカにしやがって・・・・バカだね。

って・・・・笑


===========

っで、それから彼氏と・・・・・・笑


さあ・・・・どこへ行ったのでしょう?


え?、

ちゃんとした男子部ですよ、マジ。

しかもれっきとした創価班です。

りりしいです。

あたしは、彼を誇りに思っています。

お兄様も創価班でがんばってまして、周囲のみなさんから池上兄弟のようだ・・・っと言われているほどです。

この縁を大事に育てていきたいなって思ってます。


やっぱあ・・・・女子部は男子部の創価班を彼氏に持たないと・・・・・ウフフ。

女子部員のあこがれ・・・・・笑


女子部の母親の婦人部は、みんな思いは同じ・・・「創価班のところへ嫁に行ってくれたらいいのに・・・」




それで・・・・・・・・笑。


やっとのことで・・・・・・・創価班の男子部が彼氏になってくれました。

照会してくれたのは多宝会のおお婆ちゃんです。

あたしが男目当てで入会したのに・・・・・女子部だから女ばっかり・・・・・。

なかなか男子部を知り合う機会がなくて・・・・さみしい思いをしてました。

近所の多宝会のおお婆ちゃんにグチったのです。

「正直言うと、あたしは男子部狙いで入会したのです・・・・・男子部と結婚したくて入会したんですけど・・・女子部はイヤになっちゃいます・・・あの部長とはそりが合わないし・・・あ~~あ,どこかに独身の男子部いないかしら」

多宝会、「どんな人がいい?、条件はある?」

あたし、「とんでもないです・・・男子部なら誰でも・・・笑・・・できればりりしい創価班なら最高」

多宝会、「〇〇さんに聞いてみてあげるね」

あたし、「両親と同居OKです、農家に嫁にいってもいいですし、長男の嫁でもOK、信心をしている家庭に行きたいのです、あたし・・・ものすごく焦っています、何とか男子部と結婚できるように・・・・・お願いします」

多宝会、「じゃあ・・・独身のいい人を、なんとかしてあげないと・・・・」



そしたらしばらくして・・・・・・笑

おお婆ちゃん、「洋子ちゃん、いい男子部いるよ・・・真面目でさ・・・創価班だよ」

あたし、「創価班!!・・・・女子部のあこがれ!!・・・白馬に乗った四条金吾様ね」

おお婆ちゃん、「四条金吾じゃなくって・・・・池上兄弟の弟の方だよ、お兄さんは結婚してるけど、弟は未婚だよ」

あたし、「独身!・・・・すばらしい・・・ぜひ、逢わせてください」


それから吉日を選んで(笑)、元圏長の邸宅でお見合いしました。

すぐ意気投合しました。

まるで磁石「S」極と「N」極がピッタリ吸い付くように・・・・・笑

幸吉さんって言うのですけど、さっぱりして・・・とても好感が持てました。

あたし、「ウッハッハッハ・・・・幸吉さんは、面白い人ですね・・・笑・・・」

幸吉さん、「男子部って、みんなこうさ・・・・・・・鍛えられるんだ」

あたし、「女子部は・・・・・ワイワイ・ガヤガヤおしゃべりばっかりで・・・・終わって帰る時、頭の中は空っぽですよ(笑)」

幸吉さん、「それでいいんじゃないかな・・・・・・楽しくなければ学会じゃないよ(笑)・・・御書学習会なんて、つまらないと思っているだろう・・・・・〇〇さんの(ベテラン大幹部)御書講義は、抱腹絶倒だぜ」

あたし、「うらやましいわ・・・女子部の教学部なんて、ただの棒読みで、みんなコックリ・コックリよ」

幸吉さん、「ア、ッハッハッハ」

(話は楽しく弾んで・・・・いよいよ核心へ・・・)

あたし、「ところで・・・・どうでしょうか?・・・あたしは・・・・これはあたしの産婦人科の診断書です、女としてのあたしを・・・よく吟味してください」

幸吉さん、「え?・・今日のために・・そこまで・・・」

あたし、「あたしは本気です・・・・特にここの数値を見てください・・・・・女としての真のあたしです、どうでしょうか」

幸吉さん、「素人なので・・・わからないけど・・・・・この数値は・・正常値だね」

あたし、「自分で言うのもなんですが・・・・・あなたの嫁として、あたしは申し分のない女だと思います」

幸吉さん、「展開がちょっと早いような・・・笑」

あたし、「幸吉さん、あたしと一家和楽の家庭を築きましょう、どうでしょうか」

幸吉さん、「わかりました、では、そういうことで・・・・・でも、・・よほどうまくしないと・・・・・秘密厳守だよ・・・・女子部はいろいろうるさいだろう」

あたし、「もち!です!・・・笑・・あと会館で近くにいても、わざと無視ね・・・・ばれたら、それこそタ~~イヘンよ(笑)・・・・・・ブス部長に、『女子部員として学会活動をやりきってからよ・・・あなたは、まだまだ全然やってないでしょ・・・・・』って・・・・嫌味タラタラよ・・・・創価班と結婚前提の交際してるなんて知ったら・・・・・・あのブス気が狂うかも・・・笑笑笑」

幸吉さん、「急いてはことを仕損じる・・・・ゆっくりでいいだろう」

あたし、「そうですね・・・ゆっくりで・・・笑・・・・・あたし、今、とても幸せです。創価班と結婚するのが夢でしたから・・・・」

笑笑、ウフフ

このウラログへのコメント

  • takeshi2012 2018年04月23日 09:00

    高級車を乗ってる奴は
    そういう手合いが多い
    俺の車は高いぞぉ~
    ぶつけたら高いぞぉって
    相手がよけてくれると思い込みカモ

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

山口洋子

  • メールを送信する
<2018年04月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30