デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

久しぶりのログ更新になってしまいました

2018年02月14日 23:35

今日はバレンタインデーですね。チョコレートが好きな方って多いですよね。
一時的に「気」を補う作用があるため、疲れ気味の方は手軽に摂れるチョコを欲してしまうのだと思います。
しかしチョコは「湿」がたまりやすい食べ物と考えます。たまに食べる程度にとどめ、一度に食べ過ぎないように注意した方がいいそうです。


チョコレート

ガン予防で注目されているポリフェノールですが、チョコレートにも、多量に含まれています。
カカオポリフェノールは、動脈の繊維にコレステロールがたまったり、動脈硬化が進むのを防ぐとされています。
また、ストレスに対して、抵抗力が強まることがラット等の実験で確かめられたとのことです。
さらに、アレルギーについても、カカオポリフェノールによって、アレルギーの原因となる活性酸素の過剰な働きを抑えるといった効果も報告されています。
ココアは胃かいようや胃がんとの関連が深いピロリ菌や重い食中毒で知られる病原性大腸菌O-157が増えるのをおさえるなど、細菌の感染に効果があるほか、毎日ココアを飲んでいる人は傷の治りが早くなることが確かめられています。
次に、カカオ成分には、虫歯菌をおさえる効果があり、しかも虫歯菌に感染した虫歯の進行をおさえることも実験で確かめられたそうです。
栄養成分的には、チョコレートカルシウムマグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル類を豊富に含んでおります。とくにカルシウムマグネシウムバランスがよいとされています。
カカオには、食物繊維が豊富に含まれていますが、この食物繊維は血圧とコレステロールの上昇がおさえる効果があるとのことです。
ただし、チョコレートには、製品によっては大量に砂糖が含まれていることも事実ですので、カカオは、上記のような効能があるとしても、砂糖マイナス要因になることも、十分考えられます。やはり、り過ぎには十分注意が必要ですね。

GABAギャバ
キャバは、正式名称をγ(ガンマ)-アミノ酪酸といい、動植物の体内に広く存在して、チョコレートの原料カカオにも含まれています。人間の脳内に存在する神経伝達物質で、リラックスに役立つといわれているアミノ酸の一種です。

テオブロミン
大脳を刺激して集中力や記憶力、思考力を高めます。
自律神経を調節する作用もあるので、リラックス効果も期待できます。疲れているときにチョコレートを食べるとほっとするのは、このためです。

オレイン酸
ココアバターに含まれる、不飽和脂肪酸のひとつです。オリーブオイルごま油などに含まれることでも有名な成分で、悪玉コレステロールを下げて、善玉コレステロールを上げてくれる働きが認められています。

効能:
ガン予防、高血圧予防、胃潰瘍防止、ストレス解消虫歯予防

このウラログへのコメント

  • ベソ 2018年02月15日 21:00

    久しぶりやね。元気やった?

  • なな♪ 2018年03月31日 23:28

    ※ありがとうございます
    体調は悪化ばかりではありますが、仕事は意外に休まず行けてますよ。会社が引っ越した後から私以外の人もよく体調崩してる気がします

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

なな♪

  • メールを送信する

なな♪さんの最近のウラログ

<2018年02月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28