デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

靴紐がついている靴を選ぶ人は几帳面なタイプ

2018年01月19日 03:34

おしゃれな靴を履いている人は本当のおしゃれだとか、お金持ちはよい靴を選び、履いている靴はいつもぴかぴかに磨かれている、おいうような、靴に対する美的センスを強調する言葉をよく聞くが、これらは果たして事実なのだろうか?
心理学的に見ると靴紐がついた靴を履く人と、ついていないくつを履く人では、性格に大きな違いが出てくると思われる。
まず、靴紐がついている靴を選ぶ人だが、今では靴と言えばデザインも豊富で、靴紐なしのデザインも数多くあるが、あえて紐つきを選ぶことは、型にはまった考え方をする人、新しいことにチャレンジするよりも安全策を取る人が多い。
また、履くときに紐を結び直すか、直さないかでも微妙に違う。
毎回結び直す人は、非常に几帳面であり、結ぶという面倒くさい作業をしても苦にならず、これから家から外に出る自分の気持ちを無意識に引き締めているのである。
反対に靴紐を毎回結び直さない人は外見重視のステレオタイプ型人間であり、何でも型にはめて考える性格の人と言える。
紐付きの靴を履かない人の性格はどうなのかというと、ちっかりとした自分というものを持っている人と言える。
なぜなら出かける前にわざわざ毎回靴紐を結ぶなんて面倒だといった、はっきりとした自分の意思を持っているので、あえて紐つきの靴を選ぶことをしないからである。

このウラログへのコメント

  • Dmitriyi 2018年01月19日 10:39

    外見重視のステレオタイプか....
    普段は、ジーンズにサンダルでどこへでも出かけます。
    スーツにサンダルで駅まできて...慌てて戻った経験も多数...
    がさつな性格なのでしょう....

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

歩美

  • メールを送信する
<2018年01月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31