デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

飛行機で九州に飛んで2人の女性とエッチなことをした話。その02

2017年11月29日 22:05

さて、前日のもつ鍋にたっぷりニンニクをいれてパワーを充填。ホテルの部屋で前日買ったコンビニ飯を食べて出撃です!
本日のお相手は隣の市に住む人妻さん。お子様が3人いるらしいんだけど、なかなか元気な人らしい。旦那様単身赴任しているのを良いことに彼氏およびそれ以外の男性とアレコレ楽しんでいらっしゃるらしい^^

俺とは共通の友人を介して知り合って、メールでやりとりしていたんだけど、けっこう早いうちに「九州に来ることが有ったらデートしましょうね!」ってことにはなってたんだよね。彼女の方から「今日会った人とアナルSEXしちゃった~」なんてメールを送って来たりしてけっこう積極的^^
でも本当に俺の九州遠征が決まった時には「本当にエッチ有りのデートしちゃうの・・・?」なんて弱気になった時も有ったみたい。でも結局お互いの気持は変わらないよね!ってことでデートすることになりました。

朝一番で博多駅で待ち合わせた彼女、お子様が3人いるようには見えない可愛い人。「太ってるよ」なんて言ってたけど、いわゆる「ポチャ系」では全然ありませんでした。
ちなみに彼女が俺を見て一番に発した声は「Aniさん、細い~~~!!」でした^^;
最近ダイエットをしてることとかを日記に書いていたので、ちょっと小太りなタイプを想像していたらしい^^; なので173センチ・60キロ弱の俺が登場してかなりあせったらしい!

まぁ、それでデートが中止になる訳でもなく、まだ朝も早いので駅の地下にある喫茶店でゆっくりとおしゃべり。
初対面なのに最初から親密な雰囲気で話が出来るのは長いことメールでやり取りしてたからですね。
彼女、実際の所かなり複雑な家庭環境にいるらしいんだけどそんなこともあっけらかんと語ってくれる、その芯の強さに親近感
話しているうちにだんだん九州弁が混じってくるのもリラックスしてきた証拠だろうね^^

たっぷりしゃべったら天神の街に出て彼女の買い物におつきあい。彼女の行きつけのお店の気さくなお兄ちゃんに教えてもらった博多名物とんこつラーメンを食べたらいよいよ!ラブホテルへ。
「確かこっちに有ったはず・・・」という彼女の案内で街をぶらぶら歩いて行くと、確かにラブホテルが数件固まって建っているエリア
やっぱり値段は東京とあまり変わらないんだけど部屋は昨日と変わらないくらい広い! これが博多ラブホテルの実力か!!

荷物を置いたらさっそく抱き合ってキス。「本当にエッチしちゃうの?」なんて言っていた彼女の方が情熱的に舌を絡めてくる。彼女の身体に手を伸ばすと早速甘いため息が漏れる。自然と彼女の手も俺の股間に。
ジーンズパンツを下ろしておちんちん露出すると「これが噂の大きいヤツ・・・」って目を輝かす。再びキスをすると舌を絡ませながら手でシコシコ始めてくれる。段々彼女の手の中で固くなり始めるおちんちん
ベッドに腰を下ろして仁王立ちした俺の股間にしゃぶりつく。ネットリと味わうように下からから横から舐めまわしながらジュポジュポとしゃぶる。すごいエロいフェラ
一回しゃぶり始めるとやめる気配無く延々舐めまわしている。「フェラ好きなんでしょ?」と聞くと口は離さず上目遣いで俺を見ながらウンウンとうなずく。エッチだな~^^

フェラが終わりそうにない彼女から無理矢理離れてベッドから立たせる。ジーンズを下ろしてパンツの上から股間に触るともうしっとりと濡れているのが分かる。
「Aniさんに会うからキレイにしてきちゃった」という彼女パンツの脇から指を入れて確認すると陰毛をすっかり剃り落としてパイパン状態。
そのまま指で割れ目に触るともうヌルヌルに濡れている。「フェラだけでこんな胃濡れちゃったの?」って聞くとうれしそうにうなずく。
軽く指に力を入れて割れ目攻略、入り口とクリを交互にいじめると喘ぎ声をあげながら足がブルブルしてきちゃう。かなり感度の良いボディ。
お互いの服を脱がしあいながら気持ち良い場所に触りあう。豊満おっぱいにしゃぶりつきながら割れ目を指で刺激すると彼女も声を上げながらおちんちんを握ってこすってくれる。
お互いかなり欲しくなっているのが分かるけど、ここはぐっと我慢してお風呂へ。

シャワーを浴びながらボディソープでお互いの身体を洗い合う。彼女割れ目キレイにしながらアナルいじめてあげる。アナルSEX経験者彼女アナルは俺の指2本を易々と受け入れる。「俺のおちんちんも入れてあげるからね」ってささやくと「Aniさんのは大きいからなぁ・・・」と言いながら期待するように泡だらけのおちんちんをなでまわす。
このままだとお風呂場で挿入しちゃいそうな勢いになってきたので慌ててお互いの身体の泡を流してベッドへ。二人の気持ちが早く合体したくてたまらなくなってきているのが分かる。

続く!

※その他のエロ活動体験談も外部ブログで公開しています。「恋愛 放浪 A」でぐぐると一番上に出てくるのでぜひ読んでみてくださいね!

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

AnimaL

  • メールを送信する
<2017年11月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30