デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

新人特別割引中・・・・・・笑

2017年10月13日 04:28

新人特別割引中・・・・・・笑

新人と言っても、選りすぐりのエリートですから・・・・笑。

標準70分コースで・・・・〇枚ほど割引があります。

90分だと・・・さらなる割引。



みんな、女より女らしいです・・・・・・笑

顔や足もキレイだし・・・。

腰のくびれも・・・・バッチシ。

あたしが見ても、美形でウットリしてしまいます・・・・笑。


まあ、殿方とプレイするわけですから・・・・・。

それなりのレベルは維持しませんと・・・・・・。


っで、基本は「予約」です。

事前に電話で、コースの説明を受けて、何時ごろ~って予約しておくのがいいです。

そうしないと、待機室で他の客と一緒になってしまいます。

そんなところで一時間待ちなんて・・・・最悪でしょ。

女の子と遊びに来たのに、男がいるのでは・・・・イヤでしょ。

笑。

お奨めは、新人特割を使って《逆夜這いプレイガール》コース・・・。

これは、遊べますね・・・・笑

初心者マークは、女の方から積極的に責めてもらった方が遊べると思います。

だいたい一通りの・・・・したい、されたい・・・ことが盛り込まれていますから。

ウフフ。



===============
マネージャー、「山口さん、悪いけど今いる応募者に面接してくれ、オレは別の新人官能試験があるから・・・」

官能試験って、実際にディープキスしたり、膣に挿入してみることです。自分のペニス挿入してみて、入れ具合を確認します。)


あたし、「わかりました」


===========

あたし、「こんにちは」

美佐子、「初めまして、よろしくお願いします」

あたし、「美佐子さんですね・・・なかなかの美形ですこと・・・笑」

美佐子、「イエェ~~・・笑・・そんなあ・・笑」

あたし、「今、新人特割中だから・・・・・予約しないと一時間、二時間待ちなんてザラよ」

美佐子、「それはかわいそうですね・・・・笑」


(っで、ですね・・・・面接って、どこを見ると思いますか?)


(一般の企業でも言えることですが・・・・・)


(あなたも将来、面接官を仰せつかることになるでしょう・・・)


(後で、誰だ、あんな奴を入社(入店)させた奴は?・・・・って、言われないように・・・・笑)


①、お話が普通にできる人か。

これって、意外にいないですよ。

妙にソワソワしてたり・・・・落ち着かなかったり・・・・。

変な人って・・・多いのです。


②、一番大事な点・・・・会社とか、お店を短期間で辞めてる人か。

ちゃんとした理由があるなら可です。

でも、たいてい・・・・その人自身に何か理由がある場合が多いです。

③、あっちこっち・・・風来坊か。

住所まで転々としている人は・・・・・笑。

ちょっと・・・・いかがなものでしょう。

④、人の話をちゃんと聞ける人か。

自分のことばかり、しゃべりまくる人は・・・・どうも・・。

聞き上手のほうがいいですよね。


要するに、応募者自身に何か問題がないか・・・・を見ます。

短期間であっちこっち移っている人は・・・・・つまり人間関係に問題がある人です。

長続きしない人ですよね。

「あいさつ」ができないとか・・・下ばかり見て目線を合わせないとか・・・。

ちょっと精神的に難があるとか・・・。

ちょっと変だな・・・・って思える人って、けっこういますよね。

っというか・・・・・笑


そういう変な人が結構来る会社(お店)にいるってことなのよ・・・・笑




それから、お店側として、処遇というか、待遇について・・ハッキリいいます。


~~~~~~~~~~~~~

あたし、「表と裏があります・・・こちらのコースは全て表です。」

美佐子、「ウラって・・・つまり・・・・笑・・・・あのこと?」

あたし、「できますか?、っというか、あなたは処女?」


美佐子、「経験済みです、出会い系の男としました・・・・・・・っで、ウラもできた方が・・・・笑」


あたし、「もちろんです、それしてもらわないと・・・・・表だけだと利幅が・・・・ね」


美佐子、「わかりました、OKします。」

あたし、「それじゃあ・・・・実際にマネージャー官能テストしてもらうから・・」

美佐子、「官能テストって?」

あたし、「アソコに入れてみるわけ・・・・いいでしょ」


美佐子、「はい」

あたし、「じゃあ、こちらに来てくれる」

美佐子、「ハイ」

別のお部屋に案内して、ドアを開けたところ・・・・・笑

官能テスト中でした。

(その部屋はラブホテルと同じなのです)

(そこで、マネージャーが応募者とベッドの上で、マジ、SEXしていました・・・・・・よくあることです)

美佐子さんと入室して、お部屋の隅で座って待機しました。

~~~~~~~~~
ベッドの上では、屈曲位でSEXしていました。

下で女がハァハァ・フゥフゥ・・・・・・両手をベッドの端まで広げて・・・感じまくってました。


あたし、「マネージャー、次は美佐子さんをお願いします、官能試験を希望しています」

マネージャー、「わかった、待っててくれ」


あたし、「了解です」

それからあたしと美佐子さんは、目の前で繰り広げられた男女のSEXをじっくり鑑賞しました。


美佐子、「あ!、抜いちゃったわ」

あたし、「まさか、出せないでしょ」

美佐子、「どうして?」

あたし、「女は商品なの・・・・・次はあなたのテストなのに、立たなくなるでしょ・・・・・全裸になってくれる?」

美佐子、「はい」

あたし、「あの人のフェラ見て、・・・唇でペニスの根元をあんなに締め付けているわ」

全裸になりながら・・・)

美佐子、「男は気持ちいいでしょうね・・・・」

あたし、「あの女は、合格よ・・・・・・・真剣にSEXしてね」

美佐子、「うん、このお店で働けるかだもんね」



=======
マネージャー、「じゃあ、次、美佐子さん、こっちに来てくれるかい」

美佐子、「はい、よろしくお願いします」

あたし、「がんばってね」

それまでSEXしていた応募者、「ありがとうございました、よろしくお願いします」


あたし、「お疲れでした、あちらで休憩しましょう」


~~~~~~~~~
待機所に案内して。

あたし、「よかったですよ・・・きっとうまくいくと思います、」

女、「SEXには自信があるから・・・・」

あたし、「痛くありませんか?」

女、「痛いわよ、でもそんなこと言っていられないから・・・」

あたし、「SEXって、女は顔をしかめるぐらいが、ちょうどいいみたい・・・・男は興奮するでしょ」

女、「オレのは、こんなに太いんだ・・って(笑)・・・・・・今は昔のことよ・・・笑」

あたし、「やっぱ、男のころはすごかったんでしょ」

女、「それはねえ・・・・あちこち風俗店から出入り禁止だったから・・・」

あたし、「そ、それは・・・すごい・・・・チョー大筒ですね・・・笑」

女、「ヒィヒィ泣く女に無理やり犯してやったわ・・・・・・ウフフ・・・・男のころの話」

あたし、「気持ちいいのよ・・それが・・・笑」

女、「度が過ぎて・・・・・・女にさせられちゃった・・・笑」

あたし、「こんどは、ヒィヒィ言う側ですね・・・笑」


女、「今は入れてもらう側よ・・・・・・身を売って借金返すの・・・・・・」

あたし、「がんばってください、みんながんばってるんです」




=========



女とSEXしてて・・・・・・・出したいのに、出せない・・・・・笑


結構、ツライっすよね。

まあ、ここでは女体は、お店の商品ですから・・・・・笑


官能試験を通過して、いよいよ本格的なデビューです。


指名獲得数の棒グラフに名前が載ります。

お店のNO.1を目指して・・・・・・笑


みんなサービスの競争です。



このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

山口洋子

  • メールを送信する
<2017年10月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31