デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

遺伝 その8 宝剣の行方

2017年05月23日 22:17

遺伝 その8 宝剣の行方

清朝の宝剣」と 称するものを、

手に入れた瞬間から

父の 周囲は

きな臭い、おかしな連中が うろうろするように なりました。

チンピラヤクザ・広域暴力団・日本右翼朝鮮右翼右翼暴力団香港暴力団蛇頭、などなど。


ヤバイお金になりそうな匂いに敏感な連中ばかり。

うちに持って帰ってきた 宝剣は ホンモノだったそうです。



ダミーを 大阪事務所の金庫に入れて、

買い取り先を 探していた様子でした。


最終的に 東京右翼の大物が

一億五千万円で買い取るということで 落ち着き、

結果的には、京都ダミーを奪われて、殺されかけた わけです。


本物はどうなったのか?

意外なことに、

元の持ち主の家族に 返却したそうです。


持ち主は 残念なことに 文革で 殺されてしまったのですが、

その家族は 文革の嵐を乗り越えて 

ある程度の地位まで 復権できた様子でした。

ですので 元の場所に戻り、

今も 見学できる国宝として存在致します。


父は 一銭のお金を得ることも出来ず、

大きな借金だけが残り、

命さえ失いかけたわけですが、

清朝の宝剣」を 守ることには成功しました。



この後、田中角栄さんたちの努力

日中の国交が正常化しました。


この後、 父も 

ワタクシたちが住む街と、姉妹都市となった 

無錫市の 友好旅団の方たちが来られた時に

通訳コーディネイターとして 活躍していました。



ところで

父に 宝剣を 返すように諭したのは、

祖母でした。

「レイちゃん、カタナがなぁ、帰りたい 帰りたい って

ずっとなぁ 泣いとんでぇ、レイちゃんにも聞こえへんか?」

と 謂われたそうです・・・・・・・

このウラログへのコメント

  • masago 2017年05月23日 23:20

    オモテログとウラログで行ったり来たりしていて読みづらいです。

  • ポルコ・ド・オロ 2017年05月23日 23:22

    > masagoさん
    すみません・・・・・・・

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ポルコ・ド・オロ

  • メールを送信する
<2017年05月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31