デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

高速インターそばのラブホ

2016年11月11日 23:58

高速インターそばのラブホ

高速降りてすぐホテルに入った。
普段から使い慣れてないので正直戸惑う。
よく使ってたのはいつだろう?
高校生の時?
う~ん、確かによくナンパしてた・・・

パネルを見て部屋を選ぶ
このあたりは昔とシステム一緒

目についた部屋は、コスプレルーム

ダメだ。ママさんとはまだ、、、
そこまで性癖暴露してない

妻とだったら、どのコスプレでいくか話してただろうけど、
そもそも妻とラブホに行かない

ディズニーに行く時は、ミラコスタアンバサダーディズニーホテルのいずれか
どこに隠れミッキーがいるか知ってるぐらい泊まったが
もう一緒に行くことはない

一応、ラブホコスプレルームは避けた
楽しむというより、自分が楽しんでしまうから
他の部屋は、、、
プールお風呂付きの部屋がいい!

ママさんにも選んでもらおうかと尋ねたが
私が選ぶ部屋ならどこでもいい、と言われた。
尋ねる事、自体愚問・・・
こういう時は男性が選んで、いいか、いやか、二択させるのがスマートな質問
昔、高校生の時に読んだ雑誌ポパイに書いてたっけ(笑)

SM部屋もあった
ハードSMの体験はないけど、そういう「なんちゃって」には興味がある
もちろん着衣フェチの自分
SMスタイルファッション?として自分は認識
そういう事、少しならOKという女性に興味がある
ただしこれもママさんとはハードルが高すぎるように思えた

いい?選んで?
ママさんに尋ねると
下をうつむき、極力パネルを見ないよう
視線合わさず、まるで他人事のようにそ知らぬ小さく頷いた

たぶん恥ずかしいんだ

え~っと、お風呂がある部屋は~?

選んだのはスイートルームだった。
ママさんは思わず、そんな高くない部屋でも、、、と口にしたが、
スイートといってもそんなに高くない。
おまけに休憩だし

ディズニースイートは安い部屋で一泊30万だった。
さすがにそんな高い部屋には泊まらなかったが
行く時はいつも繁忙期のピーク料金なので一泊10万の部屋はざら。
部屋の空きがどうしてもなくて1泊50万のスイート予約したこともある。
結果、キャンセル出てランク下げ変更し一安心。
50万の部屋に泊まらなかったからと、
SSコロンビアの食事でシャンパンを何本も空けたっけ。
結局酔ってしまって、用意してたプリンセス衣装着ずに妻は寝たw

それに比べればラブホスイート
普段仕事で泊まるシティホテル料金とさほど変わらない
そう思った。

部屋に上がるエレベーターの中でママさんが
いいんですか?そんな高い部屋
私はどこでもいいんです。
そう言ったので、
デートだからいいでしょ?
そう返事した。

部屋の扉を開けると
わ~!!!
ママさんが驚嘆した。
私も正直驚いた!

結構豪華!
ラブホなのでピンク調なドギドギ系を想像してたが
普通のホテル
しかも豪華なホテルの部屋のようだった。

結構いい雰囲気だね。とママさんに言うと
うなずき、実は私、ラブホテル初めてなんです。
すごくいい~、別世界に来たみたいで感動します。そう言った。

別世界、楽しもう?
後ろからママさんをハグ

はっ、と驚くママさんは顔だけ振り向いてキス
もうします?
急に色っぽい声に変わりハグした私の腕を胸元にたくしあげる。

もうちょっと部屋見ようよ。
部屋の中で、ママさんの事、見たいし
まだベッドも見てないよ?
軽くチュッとキスして腕を引いた。

落ち着いた雰囲気キングサイズのベッド
入口の写真パネルそのもの

わ~、すごいね
お風呂も見よう?

手を取りお風呂に連れて行く
とても開放感あるお風呂
そばに花びらが入れられるよう置いてあった。

わ~、すごいね。
花びらお風呂入れられるんだ~
蛇口ひねると勢いよくお湯が出る
湯量も申し分なし
噴き出すお湯に手を当てると水しぶきが散った
きゃっ!
ママさんが可愛らしい声を上げたので振り向くと
ママさんの上着にちょっとお湯が飛び散ってた。

あっ、ゴメン。散っちゃたんだ。ゴメン
上着のニットに結構飛び散ってった。
でもノーブラニット
飛び散ったしぶきが水玉模様のように点在して
肌を少し透けさせていた。

ロケットおっぱいママさん
その姿は着衣フェチの私にはいやらしすぎた。

ゴメン、飛び散っちゃった、こんなに、、、

濡れたところを触れるつもりが
突き出たロケットおっぱいを我慢できず揉んでた

ゴメン、こんなに張り出たおっぱい、、、
ねぇ、濡らしていい?
濡らして透けさせて?
手をわざと濡らしニットの上から揉んだ

ダメです。着替えがない、、、
濡れたら着替えがない、、、

胸を揉まれるママさんは艶やかな声で答えるから
一層私は興奮してしまう。

でもこんなにもう濡れてるよ。
乳首も立って、ほら

私はニットの上から乳首に吸い付く
甘噛みしながらペロペロ舐めると
瞬く間に乳首がピン!と跳ね上がり

見て?こんないやらしい乳首
服の上から見て分かるぐらい立ってるよ
これはね?
かじって欲しいって言ってるんだよ乳首が、、、

私は乳首を噛みついて下からママさんの表情を確認する
デカパイの影から、呻き苦悶するママさんに倒錯する

あああ、いやらしい
この淫乱、いやらしい表情する、最高だ!

私を立ち上がりママさんに濃厚なキスをした。
唇を離すと我慢できなくなった。

ああ、興奮する。この淫乱
こんないやらしいカラダして
淫乱、しゃぶれ
そのいやらしいカラダで俺を楽しませろ!

自分が完全に倒錯してるのが分かった。
だけど制御できなかった。
ママさんを力尽くでねじ伏せるようしゃがます。
自分のチンポを取り出しねじ込むように咥えこませる。
いつも妻にする仕打ちのように

ママさんはハァ、ハァ、言いながら咥える
私はその光景に激しく興奮する!

このウラログへのコメント

  • 悟さとる 2016年11月14日 08:47

    > 奈々弥さん

    予約しただけ。
    泊まってはないですよw

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

悟さとる

  • メールを送信する
<2016年11月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30