デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

真紀さんとの不倫エッチ

2016年10月09日 20:19

真紀さんとの不倫エッチ

旦那様の出張がなかなかないため、今回は個室居酒屋で二人きりで飲み会となりました。
旦那様の帰りが24時を過ぎるのが確実な金曜日の夜6時に新宿東口で待ち合わせ。再会後直ぐに個室居酒屋へ。二人用の完全個室に通され、コースの品々が次から次へと…季節の小鉢刺身しゃぶしゃぶサラダ、揚げ物、うどんシャーベット。テーブルの下では、お互いの脚が絡まりお互いの脚を脚先で撫でてる。

コース料理が出終わると同時に私はテーブルの下に潜り、真紀さんの膝を愛撫し始める。いつもと違うザワザワした空間、お店の人がいつ入ってくるかわからないスリル。真紀さんの脚を開き左の太もも愛撫したら右の太もも愛撫…だんだん股間に近づく。私の両手は真紀さんのふくらはぎをゆっくり撫でてる。

明らかに真紀さんも興奮している。パンティーにはすでに楕円形のシミが付いている。真紀さんにもっと腰を前に出すように伝え、愛液の香りが漂う股間へ私の顔を押し付ける。あ~~~~と真紀さん。クリちゃんがぷっくり膨れてる…パンティーから透けてビラビラや膣肉が見えている…私は夢中で愛撫を重ね…我慢できなくなりパンティーをずり下ろし、クリちゃんの皮を唇でぜーんぶむき、丸裸のクリちゃんを舌先で左右に連打。少しづつ連打の位置を変えながら真紀さんが感じる部分を見つけだしました。そこを連打していると、口に手を当て声を出さないように悶え続ける真紀さん。何度もイかせてしまいました。

8回くらい果てた真紀さん…私もしたいー…と真紀さん。私が席に戻ると真紀さんがテーブルの下にもぐり、私の下腹部をまさぐる。硬いのを見つけると、私のベルトを外し、ボタンを外し、チャックを下ろし、ズボンを下ろす。そしてブリーフの上から私の♂にキスをしながらタマタマを触る真紀さん。たまらずブリーフを下ろす真紀さん。勃起した♂を上から舐めるため、テーブルから頭を出し夢中で♂をしゃぶったり、舐め上げたり♂を含み喉の奥まで挿入する真紀さん。

お互いにドキドキハラハラを楽しみ、会計を済ませる。
時計は8時40分。
ビルの綺麗なトイレへ。ママトイレに真紀さんと二人で入り、鍵を掛ける。私がズボンを下ろすと、吸い寄せられるようにしゃぶってくれる真紀さん。私のブリーフを下ろし、唾液をたっぷり付け舐める真紀さん…旦那のより凄い…硬くて太いと…しいさんの凄い…欲しいと。
どこに欲しいの?言ってごらん。…意地悪ー真紀さんはスカートをまくり、お尻を突き出す。しいさん…ここから入れて。

お尻に欲しいの?アナルに欲しいの?
違うのー。
じゃあ…どこ?
真紀のおまんこに入れてください
私は勃起度MAXの♂を真紀さんにもう一度しゃぶってもらい真紀さんの膣にゆっくり出し入れを繰り返し、最奥まで到達。
外では歩く音や会話がしている。やはりいつもとは違う空間。しかも声を出せない場所。

私は♂を膣からぜーんぶ出し、腰ごと一気に♂を挿入…ズーーーーーーーン
もう一度
ズーーーーーーーン
真紀さんの芯を突き上げるように
ズーーーーーーーン
口に手を当て声を出さない真紀さん
ズーーーーーーーン
さらに連打
ズーーーン、ズーーーン、ズーーーン、ズーーーン、ズーーーン。
悶えまくる真紀さん
イッテしまった真紀さん。

私が便座に座り私の上から真紀さん。
座位で♂♀。気持ちいいを小さな声で何度も。
やめないでも何度も。真紀さんは私の口の中に舌を入れ私の舌に絡ませてる。
真紀さん自身が腰を動かし、自分で快感の強さをコントロールしているが何度もイっている。
何度イッテもやめない真紀さん
可愛いです

時計は10時前。
脚がガクガクしてると真紀さん。
しいさんのがまだ入ってるみたいと真紀さん。
また会いたいと真紀さん。

私もまた会いたいですと。

ママトイレで抱き締め合い、ディープキスをゆっくり長い時間楽しむ。私の♂が勃起し、真紀さんがしゃぶる…そして立ったまま♂♀
真紀さんの片脚を上げ、♂を下から突き上げる。真紀さんは私に抱きつき、私は連打。私に射精感が訪れそのまま射精

お互いにクタクタになるまでセックスを楽しみました。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

しい3

  • メールを送信する
<2016年10月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31