デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

魔性の眼覚め 23

2016年10月09日 17:12

魔性の眼覚め 23

長さと太さの、バランスのいい、

形の綺麗な、典型的な、男根だった、。

「 しゃぶりたい ? 」

良一が、訊いた 。

「 あー、、はい、、あーん、、いやん、」

「 じゃ、お願いしてごらんよ、、」

「 良一さんの、おちんちん、しゃぶらせてください、」

「 おちんちん、? ちんぽだろ、」

「 あー、、ちんぽ、しゃぶらせてください、」

恵美子は、ベッドサイドに立つ、良一に、

膝まづき、男根を、口腔に、咥えた、。

「 おいしいか、? 」

「 ふぁい、、む、、ぐ、、、むぐ、、

  おふぃふぃい、、ぐ、、う、」

本当に、恵美子は、美味しいと、感じた、。

頭を押さえられて、男根を、喉の奥深くまで、

突き込まれる、。

「 ぐえ、、う、、ぐ、」

両方の耳を、掴まれ、引き離すように、

男根が、口腔から抜かれる、。

そのまま、耳を、引っ張られて、

ベッドに、仰向けにされる、。

「 あー、、う、、、あーん、、」

ー いやー、、すごい、-

良一の、行為の一つ一つが、恵美子の被虐性を、

炙り出していく、。

軟体動物のように、くねりの止まらない、

恵美子の両脚の間に、良一の、腰が入った、。

二人は、何かを確かめるように、

眼を見つめ合う、。

ゆっくりと、恵美子の膣口に、良一の男根が、

入ってきた、。

「 あ、、あ、、あーん、、あっ、、あ、」

ー あー、、たまんない、すごい -

唇が、合わさる、。

恵美子の舌が、良一の舌を求めて、蠢く、。

良一は、腰を起こすと、恵美子の両乳首を、

伸びきるまで、引っ張り上げる、。

「 あ、、あ、、だめー、、あ、、あ、、」

乳首快感が、恵美子の下半身に伝わり、

より深い突き込みを、求めるように、

腰が、淫靡に、くねり始める、。

ー いやー、、腰が勝手に、止まらない -

粒だった乳輪が、伸びきるまで、摘まみ上げられ、、

捻り回されている、。

「 あー、、いい、、気持ちいい、、

  すごい、、あ、、あ、、あーん、」

「 こんな、いやらしい身体、してたんだな、」

「 いやん、、あ、、あ、、あー、、

  狂いそう、あ、、あ、、だめ、、

  いやー、、いく、、いっちゃう、、

  あ、、だめー、、いく、、いく、、う、、いく、う、」

男根を掴まえている、恵美子の膣壁が、

びくびくと、痙攣する、。

良一の、腰の動きが、恵美子の膣奥を抉る、。

「 だめー、、あ、、突いちゃ、だめ、、

  いってるの、、いま、、いってるーん、

  あ、、あ、、だめー、、あ、、あ、、」

押し寄せる波のように、数分で次の、アクメが、

やってくる、。

「 あー、、いやー、、あ、、こんなの、、だめ、

  あ、、あ、、また、、いぎゅ、、いぎゅ、、いぐー、、う、」

恵美子は、痙攣から、逃れようと、

すがるように、良一を、抱きしめる、。

男根の先が、恵美子の子宮口に、当たり始める、。

「 子宮、、下がってきたな、、」

「 あ、、あ、、いやん、、あ、、あ、、」

恵美子の意思とは関係なく、子宮が、

精子を、求めている、。

体位が、後背位に変わった、。

四つん這いの、恵美子の子宮に、

良一の男根が、突き刺さる、。

「 きゃう、、う、、あー、、あ、、あーん、」

良一の手が伸びて、恵美子のクリトリスを、転がす、。

「 ひ、、い、、だめ、、そこ、、

  あ、、あ、、ひー、」

「 今、、なに、されてるんだ、? 」

「 あ、、あ、、いや、、

  恵美子、、良一さんに、、

  おまんこされてるの、、あ、、あ、、

  すごいの、、あ、、あ、、いやー、、あ、、」

恵美子は、腕で、身体を、支えきれなくなり、

ベッドに、突っ伏してしまう、。

それでも、膣の中の、男根は、動きを止めない、。

「 いぐー、、また、、いく、、いく、、う、、いく、」

「 生理、わかるか、、? 」

良一が、恵美子の受胎期を、訊いた、。

「 う、、う、、、もういい、、きて、、

  きて、、恵美子の中に、、きてー、、

  あ、、あ、、いや、、いきそう、」

「 出すよ、、」

「 きてー、、!、」

良一は、腰を押しつけるようにして、

恵美子の膣内に、精液を、注ぎ込んだ、。


     ☆    ☆


恵美子は、良一の胸の中にいる、。

「 お茶だけの、はずだったのに、、うふん、」

恵美子が、甘えるように言った、。

「 俺も、その、つもりだったけどね、

  こんな、いやらしい身体、前にしたらね、

  ははは、、俺も、男だからね、」

「 いやん、、」

恵美子の手は、射精した、良一の、

男根を、睾丸ごと、揉んでいる、。

「 まだ、欲しいのか、、? 」

「 ううん、、こうしていたいの、」

恵美子は、自分の居場所を見つけたような、

感覚に、安らいでいる、。

良一が、優しく、恵美子の髪を、撫ぜる、。

「 あー、、、良一さん、、」


     ☆    ☆


二人は、シャワールームにいる、。

「 犬の、ちんちん、わかるか、」

「 はい、、」

「 ここで、やってみろ、」

恵美子は、腰を屈めて、しゃがむと、

両手を上げ、人間の女でありながら、

牝犬になった、。

「 口、開いて、」

恵美子が、口腔を、大きく開くと、

眼の前の、男根から、飛沫が、飛び散る、。

暖かな、黄金色の小便が、恵美子の、

口腔に、注がれ、

顔面から、乳房にかけて、その飛沫が、流れて行く、。

「 ぶわ、、う、、う、、むぐ、、」

恵美子は、口腔に溜まった、良一の小便を、

喉を、開いて、飲み込んだ、。

なにか、隷属の刻印を押されたようで、

恵美子の中に、不思議な悦びが、こみ上がってくる、。

ー 私、、良一さんの物に、なるかもしれない、-

恵美子は、初めて、女が、男のの小便を、飲まされる事の、

意味を知った、。

心の芯奥が、降参するのだ、。

恵美子は、言われずとも、自らの身体を使って、

良一の身体を、洗った、。

乳房が、良一の、背中を、泡立て、

前面に廻ると、男根を、その谷間に挟み、

擦り上げる、。

「 素人じゃないな、、ははは、」

「 いやん、、、」

こんな、凌辱を受けても、身体全体が、悦びの熱で、

蕩けている、。

流れるシャワーの中で、キスされた、。

唇も舌も、コーヒーに入れられた、

砂糖のように、甘く、溶けていく、。

「 むう、、、うぐ、、、ふーん、、」

恵美子の、尻肉が、ぴくぴくと、痙攣した、。

ー え、、嘘、、キスで、いっちゃった、ー

恵美子は、驚いたのと同時に、心のどこかで、

新しい何かが生まれる、予感が、

きらりと光るのを、見た、。
    

      ☆    ☆


恵美子は、初めて、良一と、逢って以来、

彼の事が、忘れられない、。

何をしても、良一との事が、浮かび上がってくる、。

冗談を言って笑う、その笑顔

時折見せる、刃物のような、するどい、

眼の輝き、。

縄や鞭で、責めを受けた訳でもないのに、

恵美子の被虐への希求が、満たされている、。

キャミソールの中の、乳首を、引っ張る、。

良一の男根に、出し入れされながら、

捻り潰された時の、痛みが蘇る、。

「 あー、、もっと、痛くして、あ、、あ、」

パンティーを脱いで、部屋の中を、四つん這いで歩いてみる、。

「 あー、、もっと、恥ずかしい、女にして、」

良一に、見られている事を、想像する、。

ー いやー、、我慢できなくなる、、-

性器から、愛液が、滲み出した、。

「 逢いたい、、声が聞きたい、、」

四つん這いのまま、股の間に手を入れて、

クリトリスを、転がせる、。

「 あ、、あ、、あーん、、入れてー、

  良一さんの、ちんぽ、入れてー、」

声に出して、想像の中の、良一に、挿入を懇願し、

指を束ねて、性器の中へ、挿し入れた、。

「 はう、、あーん、、あ、、あ、、あーん、」

片手は乳首を、捻り潰す、。

性器からは、ぴちゃぴちゃと、液音がする、。

指の出し入れが、激しくなる、。

「 あう、、だめ、、恵美子のおまんこ、いく、

  いっちゃう、、いく、いく、いくー、、う、う、」


        ☆    ☆


恵美子は、良一にメールした、。

ー 電話いいですか -

すぐに返信が来る、。

ー もちろん -

恵美子の胸が、早鐘のようになる、。

初めての電話だった、。

「 ごめんなさい、お仕事中 ? 」

「 そうだけど、大丈夫だ、

  スタッフはみんなでかけてる、」

「 たくさん、いらっしゃるの、? 」

「 いや、、弱小だからね、、

  少しだよ、、ははは、、

  それで、どうしたの、? 」

良一が、優しく、訊いた、。

「 ううん、、お声が、聞きたくて、、」

恵美子は、正直に言った、。

「 そう、、オナニーしてただろ、」

「 いやん、、、」

ー いや、、どうして、判るの -

「 してない、、」

恵美子は、嘘をついてみる、。

「 だめ、だめ、判るんだよ、

  君の声でね、、ははは、」

ー 嘘でしょ、、-

「 意地悪、、」

「 ははは、、、

  もう一度、俺に声を聴かせながら、

  いってごらんよ、」

「 あーん、、いやん、、あ、、あ、、」

嫌と言いながら、手はすでに、股間に、触れている、。

このウラログへのコメント

  • ☆mina☆ 2016年10月09日 22:04

    ステキな出会いですね。
    美奈はノーマルでもイケるけど、やはり違うな。
    ぶたれたり、乱暴に、でも愛を感じるSEXがしたい!

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

りょう

  • メールを送信する

りょうさんの最近のウラログ

<2016年10月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31