デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

プチ近親相姦

2016年10月03日 21:12

半年に一度くらいのペースで私の自宅に親戚がやって来ます。主にお盆と正月です。
たまに集まってお互いの近況を伝え合うものだと思います。と言うか、単に宴会なんですけど

そういう訳で、私の従弟もやって来ます。
お互い幼い頃から仲が良くて、こういう集まりでは夜になると必ず一緒にお風呂に入っていました。
お泊りの時は、一緒に寝たりしていましたから。
私が中三で、従弟が中一まで一緒にお風呂に入る習慣が続いていました。
年齢からすると、ギリギリアウトっぽいかも知れんせんね。いや、完全にアウトかも。

長年続いていた習慣ですから、親も普通に「お風呂入ったら?」と私達に言うので、
その年も一緒にお風呂に入りました。
半年ぶりの従弟とのお風呂です。最初はいつものように、脱衣所で裸になります。
でも、もう私の体は胸も膨らんで、それなりの感じになっていました。
従弟のほうも、部活に入っているせいもあって、割りと筋肉質。
この時初めて意識しました。ちょっと恥ずかしいという感覚。

お互い表面的にはいつもの感じで、お湯に浸かって何気ない話をしていました。
でも以前とは違う事態になりました。従弟がちょっとソワソワしていました。
最初は分からなかったけど、ついに気付きました。
従弟は勃起していました。私もさすがに慌てました。

当時私は彼氏もいて、男の子のことはそれなりに知っていました。
勃起に気付いた瞬間は慌てたけど、彼も男なんだと思って少し開き直りました。
従弟の勃起に気付かないフリをしても良かったけど、思い切って言いました。

「ねえ、もしかして立ってる?」私の指摘にアタフタする従弟でした。
「うん、ヤバいかも。」素直に勃起を認めました。認めるもなにも明らかですからね。
「もう~、何考えてるのかホントに!」少し怒った感じで言いました。
逆にそれが良かったのかも知れません。気まずい雰囲気にはなりませんでした。

でもむしろ気まずい雰囲気になって、「お風呂上がろうか?」と言って、
そのまま終わった方が良かったかも知れません。
だって私もエッチな気分になってしまったからです。

「ねえ、もう自分でしてる?」こんな場面で従弟にオナニーの質問。
「うん、まあそれなりに。」
「そうよね?もうそんな年頃よね?」
「・・・。」急に静かになる従弟。
「もう、また変な事考えて・・・。」

お風呂場なので、これまでの会話はやや小さな声です。
宴会で盛り上がっている大人たちには聞こえないとは思いますが・・・。
会話は続きます。

「どんな事を考えてしてるのかなあ?」意地悪な口調で質問を再開。オナニーネタを聞きました。
ビデオとか。それにこっそり写真集も持ってるし。」
写真集アイドル系ではなく、そのままズバリの修正無しだと言っていました。ちょっと早いと思いました。

もう気まずい雰囲気は全くありません。ついに禁断の言葉を従弟に投げかけました。
「こうなったら、何とかしたいよね?」
「うん・・・。」
「じゃあ、いいかなあ♪」そう言って、お湯の中で従弟の大事な所を触りました。
「あっ!」声を控えめにしながらも、思い切り感じている従弟。
「あら、まだまだかな?」まだまだの意味は、皮がまだ完全に剥けてないってことです。
大丈夫かなあ。」大丈夫の意味は、皮を剥いてもいいかということです。
慎重に皮を剥いてあげました。
その時の従弟の表情が印象的でした。ほんとにウットリ。

そして、ついにイケナイことを始めてしまいました。
「ダメよ。静かにしないと。周りに聞こえたらマズイから。」
そう言いながら、従弟の大事なところを指三本で摘まんで、動かしました。ゆっくりと、ゆっくりと。
「う~ん!ふ~ん!う~ん!」
声を出すのを必死に我慢する従弟。その表情は、可愛いと言うしかありません。
「自分でするよりいい?」
「うん、もう・・・。」
「いい?そんなにいい?」
「ああ、いい。凄くいい。」
従弟の表情をじっと見ながら、お湯の中でのシコシコが続きました。

でも、お湯の中で出すのはマズイと思いました。従弟には、お風呂の縁に座ってもらいました。
そして、続きです。再び指三本で摘まんで始めました。
「もう、出したら?」
「うん、もう出る。」
「いいよ。」
「うん、出る。もう出るよ。」
「凄くトロトロになってきたよ。」
「あはっ!んっ!、んっ!!」

お風呂の壁に当たるくらい勢いのある射精でした。白くて長い糸を引いて、三回くらい。
しっかりと射精が終わるまで、動きは止めませんでした。
私ってその頃から男の子生理が分かっていたのかも。
精液は、ちゃんとお湯で流して証拠隠滅

従弟との秘密の出来事はそれっきりです。
今は、何事もなかったかのように、会った時には普通に話もしています。
でも、彼はあの時の事はずっと忘れていないと思います。

禁断の告白はこれくらいにしておきます。

このウラログへのコメント

  • ケンボウ 2016年10月03日 21:17

    本当にAVみたいですね

  • ミキリン 2016年10月03日 21:19

    > ケンボウさん

    これは長い間誰にも話せませんでした。

  • ポッポ 2016年10月03日 21:31

    それは忘れられませんな~♪(´ε` )笑
    中一だと刺激強かったろうww

  • ミキリン 2016年10月03日 21:32

    > ポッポさん

    射精の時のピクピクが凄かったです。

  • はちべぇ 2016年10月04日 21:04

    うわ~まるで官能小説やん!思わず読み込んでしまったよ~

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

ミキリン

  • メールを送信する
<2016年10月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31