デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

魔性の眼覚め 18

2016年10月02日 01:01

魔性の眼覚め 18

恵美子は、レストラントイレで、

便器に手をつき、尻から、性器に、

坂井の男根を、突き込まれている、。

「 声出せ、、出していいぞ、、」

「 あ、、だめ、、こんなところで、、」

「 出せ、、ほら、、」

坂井の突き込みが、激しくなる、。

「 あっ、、あ、、あ、、う、、」

その時、誰かが、トイレに入ってくる、。

坂井は、気に懸けずに、突き込みを、続ける、。

「 あ、、だめ、、あ、、いく、、いく、、う、、」

子宮口に、坂井の男根が、当たった時、

恵美子は、アクメに、追い上げられた、。

しばらく、男根を、出しれして、坂井も、射精する、。

二人がトイレから出て、店内に戻ると、

さっき、誰が入ってきたのか、すぐに判った、。

サラリーマン風の男が、驚いた顔で、

恵美子の方を見ながら、連れに何か、話している、。

「 俺も、助けてやるか、、」

坂井と同年配の男が、そう言って、恵美子の手を引いて

再び、男子トイレに連れて行く、。

男は、立位のまま、恵美子の片脚を、便器に上げさせて、

性器に、男根を突き込む、。

「 あ、、う、、あ、、あ、、あーん、、」

今日、初めて、キスをされ、舌を絡ませ合う、。

男の男根は、容赦なく、恵美子の膣を、出入りする、。

「 出すぞ、、牝犬、、俺の子を、孕め、、う、、う、、」

「 いやー、、あ、、あう、、」

子を孕めと言われ、その時は、恵美子の中に、

妊娠への危惧が生まれたが、男は、

恵美子が昇りつめる前に、射精をしてしまう、。

二人は、トイレを出て席に戻る、。

店の客の何組かは、恵美子たちの、異常な行動に、

気がつき始めた、。

「 俺も行こう、、この女、まだ、物足りなさそうだしな、」

「 お願い、もう、止めて、」

恵美子は、小声で、拒む、。

「 いいから、、」

そう言った男が、また、恵美子を連れて、男子便所に入る、。

店の他の客たちも、恵美子が、つぎつぎと、男たちに、

トイレに連れ込まれ、セックスされている事に、

気がついた、。

トイレの個室では、恵美子が、立ちバックで、犯されていた、。

「 はう、、あん、、あん、、あ、、あ、、あ、、」

恵美子は、もう声を、抑える事ができない、。

「 くわ、、あ、、いく、、いく、、いく、、う、、」

ブラウスからこぼれた、乳房を、握り潰されながら、

恵美子は、アクメに、追い上げられた、。

「 出すぞ、、飲め、、」

男が、射精を告げる、。

恵美子は、膝まずいて、口腔を、大きく開く、。

男の精液が、恵美子の顔面に飛び散り、

大半は、口腔の中へ、噴き込まれた、。

「 おお、、いいな、、そのまま、店に戻れ、」

「 ゆるして、、無理です、、」

「 逆らわないの、、精液便所が、、」

恵美子は、俯きながら、トイレを出て、席に戻る、。

鼻から、口元にかけて、精液が、

べっとりと、付着している、。

「 いいねー、、似合ってるよ、、」

「 よく、それで、人前に、出れたもんだな、、ははは、」

確かに、異様だった、。

腹の前で結んだだけの、ブラウスには、

乳首が透け、臍も見えている、。

その顔面には、精液と一目でわかる、

白い体液を、付着させている、。

恵美子が歩く、店の中に、異様な雰囲気が、流れた、。

「 出るか、、そろそろ、、」

食事を終えた仲間に、坂井が言った、。

「 そうですね、、」

「 行きましょう、、」

恵美子と、6人の男たちは、

レストランを、出ていく、。

「 おい、、車まで、四つん這いで歩け、、」

一人の男が言った、。

恵美子は、逆らえずに、四つん這いになり、

男たちの間を、歩かされた、。

人々が、通りの向こうや、他の車から、

そんな恵美子を見ている、。

恵美子は、その恥辱に、意識を、失いそうだった、。


      ☆    ☆


「 余興だ、、、オナニーしろ、、」

別荘に戻ると、まず、そう命令された、。

「 そうだな、10回いけ、、

  自分で数えながらだ、、

  どこで、いってもいいぞ、、」

「 う、、、、」

恵美子はボタンの千切れた、ブラウスと、

スカート姿のまま、オナニーを始める、。

乳房を出して、乳首を、揉んだ、。

ー いや、、感じる、、あ、、すごい、ー

恵美子の身体中が、敏感になっていた、。

クリトリスに、指先が、触れるだけで、

電流が走る、。

愛液を、陰唇から、クリトリスに塗り上げ、

転がし始める、。

「 あ、、あ、、あん、、あー、、あ、、」

「 黙って、まんずり、する奴があるか、、

  どこがいいとか、、見てくださいとか、、

  何とか言え、、」

坂井が、言った、。

「 あん、、恵美子のオナニー見て、、

  まんずり見てー、、あ、、あ、、いやー、、

  クリトリス、、いい、、すごいの、

  見てー、、」

恵美子は、そう言葉に出すと、狂ったように、

クリトリスを、転がせる、。

「 あ、、あ、、いく、、クリトリス、、いくーん、

  あ、、いくー、、う、、う、、」

男たちは、ビールを飲みながら、見ている、。

「 もういくのか、、ははは、、」

「 1回、、」

恵美子は、アクメの数を、口に出す、。

「 おい、、これ、けつの穴に、入れとけ、、」

一人の男が、アナルバイブを、恵美子の足元に、放り投げた、。

恵美子は、バイブローションを塗り、アナルに当てる、。

「 う、、、う、、、はうー、、」

バイブのヘッドが、恵美子のアナルに、ぬるっと、嵌った、。

「 あ、、わ、、あ、、」

スイッチが、入る、。

「 あーん、、いやん、、あーん、、あーん、」

そのアナルの刺激に、呼応するように、

恵美子は、指を2本束ねて、膣口に挿し入れる、。

「 あ、、あ、、これ、、あ、、いやー、」

アナルが振動する、異常な快感と、

自分の指が、膣壁を抉る快感に、

2度目の、アクメが、すぐに、やってくる、。

「 いくー、、ん、、う、、う、、いく、う、

  2回、、はー、、はー、、許して、、もうだめ、」

「 何言ってるんだ、まだ、2回じゃないか、、」

恵美子は、再度、いきやすい、クリトリスを、

指先で、捏ね回す、。

「 あ、、あ、、いや、、あ、、あ、、

  見てー、、恵美子の、まんずり、、見てー、

  いや、、いっちゃう、、いく、う、う、」

3度目のアクメがきても、指の動きが、止まらなくなった、。

「 あ、、あ、、気持ちいい、、まんずり、気持ちいい、、

  あ、、いやん、、また、いく、、う、、う、、」

「 4回、、う、、う、、」

男たちの見守る中、30分ほどして、

恵美子は、10回目のアクメを、迎える、。

「 いやー、、おまんこ、いく、いっちゃう、、

  あ、、あ、、出るー、、あ、、あ、、

  いくー、いく、いくー、、出るー、うーん、」

恵美子は、尿道から、潮を噴きながら、

絶頂に、昇りつめた、。

「 10回、、はー、、あ、、あ、、はー、、」

恵美子は、大の字になり、

マットの上で、静かになった、。

「 よくも、まあ、女は、いけるもんだな、ははは、

  男は、射精に、限界があるからな、」

「 いや、、こいつは、特別かも知れませんよ、

  普通、こんなに、いけませんよ、ははは、」

男たちが、嬉しそうに、恵美子を、揶揄する、。


       ☆    ☆


恵美子に、やっと、シャワーが、許された、。

だが、全裸のまま、戻ってこいと、言われた、。

恵美子は、頭の中を、空白にしたまま、

自らの身体を、洗う、。

もう、自分の身体ではないと、感じた、。

男たちの、遊び道具なのだ、。

「 さあ、、裁判だよ、、」

「 裁判、、? 」

恵美子が戻ると、坂井が、言った、。

「 飼い主の、村田さんに、黙って、

  他の男のちんぽ、咥え込んだ、罪だ、

  皆さん、有罪は確定ですが、

  どんな、罰が、いいでしょうか、」

「 びらびらの、縫い合わせが、相場だよ、

  小便だけできる様にして、一生、

  おまんこ無しだ、、」

恵美子は、それを聞いて、身体を、震わせる、。

「 鞭打ち、、2百回、、」

「 公園で、全裸放置

  ホームレスの連中の、

  慰み者に、する、」

それぞれが、好きなことを言うが、

まともに受け止める、恵美子には、

信じられない程、過酷な罰だ、。

「 ま、、針刺し程度だろ、、」

「 いや、、それだけじゃ、

  面白くない、、

  そうだ、、びらびらに、リングピアス、嵌めるのはどうだ、

  貞操帯代わりにもなるぞ、」

「 そうだね、、それにしよう、」

最後に、村田が承諾した、。

恵美子は、その裁判の成り行きにも、

気を失いそうになる、、。

陰唇にピアスなど、今までの、

普通の主婦の人生からすると、

考えも、及ばない事だった、。


    ☆    ☆


夜更けに、一人の若い男が、車を走らせて、

帰ってきた、。

恵美子の罪償いの、用意をする為だった、。

ピアス用のニードル、金のリングピアス

消毒液、そんな物を、用意して、

戻ってきたのだ、。

その間、すでに、恵美子は、

他のメンバーに、何度も、犯されている、。

玩具性器を、遊ばれ、尻肉が腫れあがるほど、

スパンキングされていた、。

このウラログへのコメント

  • ☆mina☆ 2016年10月02日 05:21

    ずいぶん厳しい罰ですね。
    でもピアス、憧れます。

    りょうさんにあけて欲しいなぁ。

  • りょう 2016年10月02日 09:37

    > ☆mina☆さん

    隷属の証しとしての、陰唇、クリトリス、乳首のピアスは、

    女性にとって、深いものがありますよね、。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

りょう

  • メールを送信する

りょうさんの最近のウラログ

<2016年10月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31