デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

趣味は読書、番外、蔵書の意味或いは意義

2016年09月25日 05:42

数年前、事情があって中学一年から持っていた蔵書を、ほぼ全て手放した。多分、文庫で1300冊くらい。約35年で、そのくらい。年に37冊、月に3冊くらい読んだ計算になる。印象としては少ない感じ。
これからの目標は、失われた蔵書の回復と、新刊を読むのを並行していくこと。
いくらネットが発達し、電子書籍が普及しても、気まぐれには対応出来ない。
ただ、何となく本棚を眺め、手にした本を拾い読みする。
ふと頭をよぎった文章を、蔵書から探す。ただただ、手に取った本の感触や匂いを感じる。
他にもあるが、一種フェティッシュな面も含めて、蔵書を手元に置いておく理由である。
見本としては、京極夏彦本棚が素晴らしいと思う。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

ブルーローズ

  • メールを送信する

ブルーローズさんの最近のウラログ

<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30