デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

奥様を寝取りました

2016年09月24日 05:35

奥様を寝取りました

9月21日水曜日

私の日記読者の男性から9月15日にメールが来ました。

奥様が他の男性から愛撫を受け悶える様子を見てみたいとの50代の旦那さんからのメールでした。私の日記の濃厚な愛撫奥様が普段見せない淫乱な姿を見てみたいとのことでした。

お二人の夜の営みの潤滑剤になれればと参加させていただきました。

なんと、このご夫婦札幌から来られました。台風16号の影響で飛行機ではなく新幹線東京に来たとのこと。東京観光をして新宿の某メジャーホテルにご宿泊。そのホテルへ私が伺いました。

設定は旦那さんの知人から紹介されたマッサージ師が私ということで、旦那さんが疲れてマッサージ師が来る前に眠ってしまい、奥様だけがマッサージを受け、その流れで奥様にスイッチが入れば…お好きなように、キスや♂入れもOKとなりました。

夜の9時30分頃に旦那さんが先に寝ることを奥様に伝え、奥様だけがマッサージを受けるように話すという段取りで、9時45分に私が部屋に行くことになりました。
夜の9時40分。ホテルに入りエレベーターで21階へ。エレベーターの踊り場で待機。このとき、新宿高層ビル群をパシャリ。9時45分部屋のドアをノック。中から奥様の声。ドアが開きナイトウェアの小柄なショートカットの清楚な奥様と目が合う。セレブであることは雰囲気で直ぐにわかりました。部屋は暗く…奥様から「はじめまして…主人は眠ってしまいました」「私にお願いできますか」と小さな声でコメント
「そうですか…旦那様にご挨拶したかったのですが、残念です」と私。手を洗わせていただき、すぐにベッドへ。ツインベッドの奥に向こうをむいて白髪交じりの旦那さんが寝ていました。

奥様は手前のベットに仰向けになり私を待っていました。奥様にうつ伏せになっていただき、折角なのでオイルで全身をほぐすことを提案し、了解を得ました。オイルで足先から揉みほぐし股間へドレナージのようにもみほぐしていると、既に奥様から小さな悶え声が溢れてくるとともに「気持ちいい」を何度もいただきました。ピクン、ピクンと体が反応しています。その後、腕、肩、背中から腰、仰向けになっていただき、足先から付け根まで、下腹部から脇腹、肩、胸、乳房ともみほぐし、股間へ。
奥様の両手は私の腕や頭を撫でてくれてました。パンティーを脱がすことを伝え、オイルを股間へたっぷりと。クリや膣の入口を撫でながら、私の唇を奥様の唇の近くへ。すると、奥様からキスをしていただき、そのまま、私の愛撫が始まりました。オイルで滑りが良く、いつもよりも激しい愛撫となり、悶え声を抑えるため、奥様は口に手を当ててました。全身愛撫の後、クリちゃん愛撫していると、「気持ちいい」「上手ですね」を何度もいただき、10分ほどで果てていただき、その後もクリちゃんと膣の愛撫で5回ほど果てていただきました。

すると、奥様から「しゃぶりたい」と。私はベッドから降り、仁王立ちになると奥様は膝まづき夢中でしゃぶっていただきました。もちろん、すぐに勃起し、硬くなると…奥様から「形がいいですね」と。そして奥様から「入れて~」と。奥様はみすがら仰向けになりました。。奥様に覆いかぶさり、お互いに強く抱き締めながらディープキスの嵐。唾液交換を何度も。キス勃起度MAXの♂は自然に膣の中へ。出し入れしていると奥様からすぐに「いくー、いくー」と、そして果てていただきました。なおも出し入れをしていると、また「いくー、いくー」と、何度か果てクタクタ奥様…少し休憩したいと。

旦那さんはいつの間にかこちらを向いてまぶたを閉じていました。

しばらくすると、奥様から上になりたいと。
私の♂をしゃぶり勃起させると私の腰の上にまたがり膣に挿入…直ぐに前後に腰を振り悶え始める奥様…「硬くて気持ちいい」と。「乳首を触って」と…。その後、何度か私の上で果てていただき、私も果てました。
時計を見ると12時。帰ることを伝えると、とってもお上手、久しぶりに気持ちよかった…とお褒めのお言葉。
シャワーを浴び服を着て入口まで歩いていくとナイトウェアを着た奥様が見送りに…優しいキスをして退室しました。

ホテルを出て、しばらくすると旦那さんからメールが届きました。興奮していたとのこと。久しぶりに勃起し、これから奥様セックスするとの内容でした。ご夫婦の潤滑剤になれたかもと思いながら帰宅しました。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

しい3

  • メールを送信する
<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30