デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

魔性の眼覚め 9

2016年09月21日 14:49

魔性の眼覚め 9

恵美子は、ホテルを出た後、ティールームの椅子で、

ノーパンスカートを、尻が見えるまで、

捲り上げ、させられている、。

「 は、、恥ずかしい、、」

村田が、グラスの水を、指に拭って、

シャツの上から、恵美子の、ノーブラの、突き出た乳首に、

塗りつけた、。

「 あ、、、いや、」

恵美子の、勃起した乳首の部分が、透けて、

浮かび上がる、。

「 恥ずかしいか、、? 」

「 は、、はい、、、」

「 そのまま、出るぞ、、

  スカート、下がらないように、

  挟むんんだよ、」

「 あー、、死にそう、、」

幾人かの客が、レジに立つ、恵美子に

気がついて、驚いている、。

明らかにノーブラと判る、勃起した乳首を、

シャツに映し、スカートが、捲れあがり、

尻が、全部、見えている、。

恵美子の頭の中は、真っ白だった、。

ネットで、露出調教画像は、見た事があるが、

それ程、興味はなかった、。

だが、自分が、その状況にいるのは、大違いだった、。

ー おまわりさんに、捕まっちゃうんじゃないの ー

位置によっては、尻肉の間の、陰唇も、見えているだろう、。

恵美子は、そんな事の出来る、自分が、信じられない、。

店を出て、しばらく、人の行き交う、

明るいショッピングモールを、尻を丸出しにしたまま、

歩かされた、。

恵美子は、気を、失いそうだった、。

「 送るよ、、」

二人は、駐車場に置いてある、車に乗り込んだ、。

「 君は、露出でも、感じるんだな、」

「 ちがいます、、こんなの、、」

「 そうかな、」

村田が、スカートの中の、恵美子の性器に触れた、。

「 ははは、、すごいじゃないか、、」

「 いや、、」

すでに、恵美子の膣口から溢れた愛液が、

車のシートまで、垂れている、。

「 理事長様、、私、、」

「 どうした、、? 」

「 私、、あー、、帰れない、、

  あー、、どうしよう、、」

ホテルで、何度もアクメを、与えられ、

止めに、膣奥に、射精されているにも、関わらず

まだ、疼きが、苦しいほどに、湧き上がってくる、。

「 もっと、めちゃくちゃに、されたい、、」

恵美子は、本音を、吐露した、。

「 帰れないぞ、、、」

「 あ-、、どうしよう、」

夫に、保育園の懇談だと言って、出てきている、。

外泊の、言い訳はできない、。

「 明日、、逢ってやるから、、」

「 はい、、」

恵美子は、その夜は、村田に送られて、

大人しく、家に戻った、。


     ☆    ☆


朝、起きて、夫の出勤の用意をし、

保育園へ行く、娘を、起こす、。

夫が朝食を、終えて出ていくと、

恵美子は、素早く、シャワーを浴びた、。

手首と足首に、ベルトで縛られた、跡が、残っている、。

濡れタオルの鞭跡は、責められた直後とは、違って、

腫れは、引いていた、。

だが、恵美子の、心の鞭跡は、収まるどころか、

今も、腫れあがっている、。

ー あー、、どうしよう、、

  あー、、むちゃくちゃにされたい、、ー

また、心の底から、そんな、思いが、湧き上がってくる、。

ー なんで、、こんなの、、私じゃない、 変 -

娘を、保育園まで、連れて行く、。

「 おはようございます、、」

担当の保育士に、挨拶する、。

「 あ、、お母さん、、

  理事長が、お呼びですよ、」

「 はい、、」

恵美子が、理事長室のドアを、ノックする、。

「 どうぞ、、」

恵美子が中へ入ると、理事長村田が、

すぐに、近づいてきた 。

髪の毛を、乱暴に掴まれて、唇を奪われた、。

「 む、、、う、、、」

村田の舌が、恵美子の口腔の中を、舐め廻す、。

恵美子は、その舌に、自分の舌を、絡ませた、。

ー いやー、、すごいキス、、あー、、だめ、、ー

村田が、恵美子の肩を押しさげ、膝まづかせる、。

恵美子の眼の前に、村田の、バネのような男根が、

飛び出した、。

「 昼過ぎに、逢ってやるから、

  それまで、僕の精子、飲んで、

  我慢してろ、」

ー いやー、、なに、、これ、-

「 はい、、」

心の戸惑いとは裏腹に、恵美子は、

眼の前の男根に、吸いついた、。

「 喉の奥までだよ、、」

頭を押さえられ、男根を、むせるほど、喉奥に、突き込まれる、。

「 金玉もだろ、、

  食べさせてくださいって、

  お願いしろ、! 」

「 金玉、、食べさせてください、」

恵美子は、消え入りそうな声で、言った、。

「 食え、、」

村田が、男根を持ち上げると、

恵美子は、そのぶら下がった、

睾丸を、口腔に、吸い込む、。

「 うまいか、? 」

「 ふぁい、、おふぃふぃいふぇふ、、」

「 後で、、いっぱい、おまんこ、してくださいだろ、」

「 ふぁふぉふぇ ふぃふぁい ふぉふぁんふぉ、

  ふぃふぇふふぁふぁい、、」

男の睾丸を食いながら、卑猥なおねだりをさせられる、

恵美子の股間は、沸騰するかのように、熱くなっていく、。

「 飲め、、、! 」

それは、命令だった、。

恵美子は、睾丸を片手に持ち、優しく揉みながら、

陰茎の根元をしごき、亀頭を、すっぽりと、

唇で包む、。

「 う、、素人主婦じゃないな、、

  この、フェラチョは、、ははは、」

「 む、、ぐ、、う、、う、、う、」

陰茎をしごく手の動きが、限界まで早くなる、。

「 いくぞ、、」

「 ぐ、、む、、」

朝一番の、大量の精液が、恵美子の喉奥を、襲った、。

「 ぐえ、、う、、」

「 飲め、、こぼすな、」

「 ぐ、、むぐ、、」


       ☆    ☆


恵美子は、家で、村田の連絡を、待った、。

性器は、理事長室で、村田精液を、飲んだ時から、

愛液が、止まらない、。

何をしていても、まるで、愛撫されてるかのように、

粘液が、分泌される、。

恵美子は、不思議でならない、。

人前で、裸の尻を、晒された、。

理不尽な理由の、お仕置きで、

全身を、濡れタオルで、打たれた、。

まるで、性奴隷のように扱われる、。

それでも、逆らえない、。

恵美子の、なにかが、それを求め、

身体を、疼かせるのだ、。

携帯が鳴った、。

「 はい、、え、、はい、、わかりました、」

村田の車は、恵美子の、自宅の前まで、来ていた、。

恵美子は、急いで、靴を履き、玄関を出た、。

「 ホテルへ着くまで、オナニーしろ、」

「 え、、ここで、、? 」

「 ああ、、そうだ、、」

恵美子は、いきなりの命令に、

乳房を、抑える、。

すでに、欲情は、極まっている、。

乳房を、出せと言われた、。

行き交う車の、運転手たちは、

一様に、驚いて、眼を、見開いている、。

恵美子は、乳首を摘まみながら、パンティーに手を入れて、

クリトリスを、転がす、。

人が、気にならなくなった、。

見られてる事さへ、恵美子の欲情の炎に、

淫靡な、油を注ぐ、。

「 いや、、あ、、いく、、いく、、」

「 ホテルに、着くまでだよ、、」

一度いった、軽い、くすぐったさを、堪えて、

恵美子は、再度、クリトリスを弄る、。

「 あー、、あーん、、辛いです、、あーん、」

「 辛いって、、おまんこ、できないからか ? 」

「 いやん、、あーん、、あ、、あ、、あ、、」

「 だから、いけばいいんだよ、何度でも、」

恵美子は、我慢できなくなり、

性器に、指を、挿し入れた、。

「 あー、、あーん、、あん、」

乳首を、捻り潰す、。

「 あ、、あ、、もっと、、もっと、、」

恵美子は、自分自身に、突き込みを、求める、。

「 あ、、あ、、いや、、あ、、いく、、いく、、う、」

恵美子は、自分が、信じられない、。

日中の車の助手席で、熟れた乳房を、露わに、

乳首を摘まみながら、性器に指を、突っ込んでいる、。

何人の男たちに、見られただろう、。

その強制露出に、愛液の分泌は、止まらない、。


      ☆    ☆


昼過ぎには、ホテルについた、。

村田は、天井のフックや、磔台のある、

SMルームを選んだ、。

その部屋に入るだけで、恵美子の身体が、

震えだしている、。

ベッドの横に設置された、鏡の前で、

上半身を裸にされ、執拗な、乳首責めを受けた、。

「 すけべな、乳首だね、」

「 あ、、あ、、だめ、、あ、、いやーん、」

乳首肉を、根元から、揉み潰され、爪で掻かれ、

乳頭をぐいぐいと、捻られる、。

「 自分で、おまんこ、開いてごらん、」

「 あ、、いや、、あ、、あーん、」

恵美子が、自らの陰唇を、左右に開くと、

膣肉の割れ目から、乳白色の、ビー玉のような、

愛液の塊が、盛り上がるように、溢れてくる、。

「 あーん、、もう、、おっぱい、、だめ、

  だめになる、、あ、、あ、、いやー、、」

乳頭が、指先で、ビンビンと、弾かれた、。

「 あ、、、だめ、、おっぱい、、変、、

  あ、、いや、、あ、、あ、、いく、、いく、う、う、」

半時間余りも、続けられた、

痛みと快感を織り交ぜた、乳首責めに、

恵美子の乳首は、アクメに、追い上げられてしまった、。

次に、乳首を、細縄で根元から縛られ、

ブラジャーのように、背中に廻され、

繋ぎ止められた、。

「 乳首ハーネスだよ、似合うねー、」

このウラログへのコメント

  • ☆mina☆ 2016年09月21日 15:22

    りょうさん、美奈にも恵美子みたいにして…

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

りょう

  • メールを送信する

りょうさんの最近のウラログ

<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30