デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

成程話:刺し言葉

2016年09月20日 23:57

小林正観さんの心に響く言葉


「なるほど」「そうね」で始まる会話、「でも」や「だって」でとぎれる言葉。
自分の発言から「でも」や「だって」を取り去る。
揶揄(やゆ)や嫌みや皮肉を言わないようにする。
それだけで、まわりの世界は変わってくる。
相手の発言に「なるほど」「そうね」と肯定すれば、会話はそこから始まります。
逆に、「でも」「だって」と否定すれば、そこで会話はとぎれてしまいます。
たとえば、「この前の週末、伊豆で桜が満開でした。すごくきれいでした」と明るい表情で話してくれた人に対して、「でも、うちのほうはまだ全然咲いていませんよ」と答えると、会話はそこで終わってしまいます。
会話をするときは、最初から「でも」「だって」という言葉を使わないようにしたらいかがでしょうか。
人間関係も変わってきます。
もう一つ言ってはいけないのは、「揶揄」「嫌味」「皮肉」です。
これはチクチク人を刺すので、私は「刺(さ)し言葉」と呼んでいます。
たとえば、恋人に対してこんな言葉を投げかけたとしましょう。
「そんなに仕事が好きなら、仕事と結婚したら?」
これは、おそらくかわいさ余って言ったのでしょうが、言われた相手はチクチク刺された痛みで逃げてしまいます。
どんどん距離は離れていきます。
「刺し言葉」は、発した人の意志とは逆の働きしかしない言葉なのです。
「嫌味や皮肉でチクチク刺せば、ひと刺しごとに相手は離れる」ということを覚えておきましょう。

『心を軽くする言葉』イースト・プレス


「あかるい」の「あ」を取ると、「かるい」になる。
明るい人は、軽い人だ。
軽さとは、「軽(かろ)やか」であり「さわやか」であり、「軽妙洒脱(けいみょうしゃだつ)」。
軽妙洒脱とは、さわやかで洗練されていて、俗っぽくないことであり、軽やかでしゃれていること。
この反対は「重い」や「重苦しい」。
揶揄」や「嫌味」や「皮肉」は、重苦しくて、暗くて、陰気になる。
肯定は明るいが、否定は暗い。
「でも」や「だって」や「刺し言葉」はやめて…
人の心を軽くする言葉を発したい。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

なな♪

  • メールを送信する
<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30