デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

魔性の眼覚め 8

2016年09月20日 12:09

魔性の眼覚め 8

村田男根が、恵美子の喉を、押し広げている、。

「 これからは、このちんぽに、

  お仕えしますって、言ってみろ、、」

「 ふぉげふぁがふぁ、、ふぉの

  ひんぽふぃ、、おふかふぇふぃふぁふ、」

  ぐえ、、ぐ、、」

一旦、男根を抜かれると、恵美子の口腔から、

胃液と唾液が混ざった、粘液が、どろりと垂れた、。

ー いや、、、くるしい、、こんなの -

恵美子の頭は、錯乱している、。

今までの男は、なにか、恵美子が、

その男の、欲情コントロール、できるような、

気がする、。

村田は、どこかが、違っている、。

自分から、何も言えない、。

しかも、なにも、逆らえない、。

恵美子の中に、急に、恐怖心が、沸きあがった、。

娘の保育園の、理事長とは言え、夫でもない、男と、

ホテルの部屋で、その男の男根を、喉奥まで、

突き込まれている、。

その事を、はっきりと、実感してしまう、。

「 そうだな、、まずは、おまんこの味見だね、

  ベッドの上で、おまんこ広げて、

  粗末なおまんこですが、

  いつでも、ご自由に、お使いください、

  これだな、、言え、、」

「 いや、、、言えない、、」

ー 女が、こんな事、言ったら、おしまいだわ、-

恵美子は、拒んだ、。

「 不合格かな、、これは、、」

村田が、審査だと、言っていたのを、思い出した、。

「 あー、、粗末な、おまんこですが、、

  いつでも、ご自由に、お使いください、

  いや、、あー、、」

恵美子は、M字に開いた、股間の、

陰唇を、左右に広げて、言った、。

「 そうそう、、じゃ、ご褒美だ、」

村田は、恵美子の脚の間に、腰を入れ、

ぐいと、突き込むと、、男根を、

彼女性器に、収めた、。

「 はう、、う、、うーん、、」

恵美子は、それだけで、昇りつめそうになる、。

ー 変、、、ちがう、、すごい、感じる、ー

「 動いてみろ、、どんなセックスするんだ、? 」

「 あー、、いやー、、あー、、」

恵美子の腰が、操られたように、くねりだし、

村田男根を、捏ね上げる、。

「 いやー、、あ、、あ、、これだめー、、あ、、あ、、

  いやー、、すごいの、、だめー、、」

今までの、男の男根を、忘れてしまいそうな、

強烈な快感だった、。

ー いやー、、なに、、腰が溶けちゃう、、

  勝手に、動いちゃう、ー

「 いけ、、命令だ、、」

ー え、、命令、、- 

「 あ、、あ、、いや、、だめー、、

  あ、、あ、、だめ、、あ、、あ、いく、、いく、、

  いっちゃう、、いく、いく、いく、うー、、」

恵美子は、命令どおり、アクメに、昇りつめてしまう、。

ー なんで、、-

村田が、男根を、抜いた、。

「 待ってろ、、」

村田は、ホテルバスローブの帯を、

2本持って、戻ってきた、。

「 あ、、いや、、あ、、」

ー え、、縛られるの、いや、こわい、-

思った通り、両方の手首と、足首を、

縛り止められた、。

「 すごい、格好だな、、

  名前は、恵美子だったな、、

  恵美子をもっと、恥ずかしい事で、

  感じる女にしてください、、

  言ってみろ、、」
 
「 恵美子を、もっと、恥ずかしい事で、

  感じる女にしてください、あーん、」

M字に縛られ、性器を露わにした、恵美子が、言った、。

村田が、平手で、恵美子の、尻を打った、。

ばしっと、肉音がする、。

「 ひ、、、い、、」

「 お仕置きの、スパンキングだ、、

  人妻が、身体使って、

  娘の便宜を、計ってもらおうなんてね、」

恵美子は、何度も、手加減なく、尻を打たれた、。

痛みを超えて、尻全体が熱くなり、

その熱が、疼きとなって、

性器へ、流れ込んでくる、。

「 ひ、、い、、あう、、」

恵美子の尻を打つ、村田男根が、

そそり立って、揺れている、。

恵美子の尻肉全体が、真っ赤に腫れ上がると、

村田は、再度、男根を、彼女性器に、突き込んだ、。

「 あ、、わ、、あ、、あう、、くっ、うーん、、」

瞬間に、恵美子は、昇りつめてしまう、。

仰向けになった、蛙のような、痴態に縛られ、

子宮口を、抉られた、。

「 あう、、いぐ、、いぐ、、う、、うーん、」

いくらも経たぬうちに、再度、絶頂に、襲われる、。

「 いいおまんこ、してるじゃないか、、」

「 あ、、あ、、、いや、、あ、、あーん、」

村田の言葉の、一言一言が、男根のように、

恵美子の子宮に、突き刺さり、

それだけで、彼女欲情が、沸騰する、。

「 孕んでも、構いませんから、

  恵美子の、おまんこの中に、射精してくださいだ、、

  言ってみろ、、」

村田が、腰を激しく突きながら、言った、。

「 いや、、だめ、、お願い、、それは、

  理事長、、あ、、あ、、あ、、

  許してー、、あ、、あ、、だめー、、あーん、」

「 言え、、審査だ、、! 」

恵美子の中では、アクメが、

すでに、破裂しようとしている、、。

「 孕んでも、構いませんから、、あ、、あう、

  いっちゃう、、恵美子のおまんこの中に、

  射精してくださいー、、いやー、、いぐ、

  うぐ、、いぐ、、いぐ、、

  いぐーう、、うーん、、うーん、」

村田の暖かい精液が、一瞬にして、

恵美子の膣内を、満たした、。


    ☆    ☆


恵美子は、全裸で、村田に尻を向け、

腕を上にあげて、立っている、。

村田が、手に持った、濡れタオルで、

恵美子の尻を、ばしっと、打ち抜く、。

「 ひー、、い、、」

「 動くな、、」

よろめいた、恵美子に、村田が言った、。

再度、尻を、打たれる、。

「 あう、、ぐあ、、」

素手よりは、重い衝撃が、ぴしっと言う、濡れた音と共に、

何度も、恵美子の尻を、襲う、。

「 きー、、ひー、、あ、、うー、、」

突然、濡れタオルの痛みと、衝撃が、

恵美子の、子宮の奥に、届いた、。

「 ぐあー、、いぐ、、いぐーん、、いぐー、、う、」

今までに、味わった事の無い、下半身全体を、

砕く様な、重いアクメが、恵美子を襲った、。

「 合格だ、、、うれしいか、? 」

「 はい、、理事長様、、」

今なら、村田の趣味と言うのが、理解できる、。

女を、性奴隷として、自分の好きな様に、

変容させていく、。

一切の、性的命令に、逆らうことの無い、

マゾヒストの女、。

村田の、求めている相手だ、。

放心状態で、ベッドに崩れ落ちた、

恵美子を、村田が、優しく、抱きしめる、。

「 まだ、欲しいか、? 」

「 はい、、」

恵美子の、性器は、ずきずきと、疼いたままだった、。

正常位で、村田男根が、恵美子の性器に、

ゆっくりと、入ってくる、。

「 あ、、あーん、、はーん、、あん、、あん、、」

「 そんなに、、いいか、、? 」

「 あ、、いい、、あ、、すごい、、あ、、あ、、」

「 ずっと、僕と、おまんこしたかったって、

  白状してごらん、」

「 あ、、あ、、う、、すっと、あーん、

  理事長と、おまんこ、したかったんです、」

「 幸せか、、? 」

「 はい、幸せです、、あ、、あ、、そこ、

  あ、、あ、、だめ、、あ、、あ、、いやー、」

村田男根の先端が、恵美子の子宮口膣奥の、

隙間に嵌り込み、こりこりと、耐え難い刺激を、送ってくる、。

村田が、恵美子の両乳首を、摘まみ上げた、。

「 ひー、、いい、、い、、いぐーう、、いく、、うーん、」

また、絶頂に、襲われた、。

「 精子の、おねだりは、、? 」

「 孕ませてください、、

  理事長様の、、あ、、あ、

  精子、、あ、、あ、、ください、、

  恵美子の子宮に―、、下さいー、、」

ー いやだー、すごい事、言ってる、どうしよう、- 

欲情ゆえの、勢いとは言え、

恵美子は、自分の言葉に、驚く、。

恵美子の、おねだり通り、

村田精液が、子宮口を、直撃する、。

「 はーん、、あん、、あーん、、」


     ☆    ☆


「 いい事を、教えてやる、

  下着つけるな、、」

「 パンティーですか、、? 」

「 両方だな、、ブラジャーもだ 」

「 恥ずかしい、、」

恵美子は、ブラジャーパンティーも着けずに、

全裸の上から、シャツスカートを、身に着ける、。

「 おっぱい、見えちゃいます、」

「 それが、どうした、、乳首が突き出てるくらいだ、」

「 あー、、それが、、恥ずかしいです、」

二人は、ホテルの部屋を出て、ティールームにいる、。

「 僕はね、、君が、どこまでできるか、

  何が、できないか、全部、判るんだから、

  何も逆らわずに、言う事を聞くんだよ、

  一切、逆らわない、、一切だ、

  判ったか、、? 」

恵美子は、村谷、眼を、見据えられて、言われた、。

「 はい、」

ー いやだ、、何、返事してるの、

  一切って、、無理、、-

「 じゃ、そこで、スカート捲ってみろ、

  尻が、全部、見えるまでだ、、」

「 無理です、、」

店内には、大勢、客もいる、。

「 まだ、判ってないね、、一切って、言っただろ、」

恵美子は、顔面を真っ赤に、紅潮させ、

身体を震わせながら、スカートに手を、架けた、。

尻肉が、直接、椅子に触れるまで、

そのスカートを、たくし上げる、。

このウラログへのコメント

  • ☆mina☆ 2016年09月20日 19:20

    まぁ、なんて理事長!
    でも羨ましいです。
    美奈の理事長はりょうさんですけどね。

  • りょう 2016年09月21日 13:57

    > ☆mina☆さん

    随分、惨い、理事長だと、思いますよ、

    御油断、なさらないよう、。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

りょう

  • メールを送信する

りょうさんの最近のウラログ

<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30