デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

長嶋茂雄氏のエピソード

2016年09月19日 21:38

長嶋茂雄氏のエピソード

昭和35~37年ごろの実話。

スランプ気味の長嶋氏。

「おかしい・・・・何かがおかしい」



試合が終わって、自宅にあるバッテング場で練習してても・・・・・・?

なぜか、しっくりいかない長嶋氏。


夜中の0時ごろ、何の遠慮もなく立教大学時代の恩師に電話しました。

長嶋氏、「長嶋です、すみませんが・・・・これからウチに来てください、お願いします」


恩師、「何時だと思ってるんだ!!・・・おまえって奴は・・・!!」

仕方なく、行ってみました。

長嶋氏の自宅には、たいそう立派なバッチング練習場があるそうな。

そこで、彼は汗びっしょりかいて、恩師を迎えたそうな。

長嶋、「すみません、最近スランプなもので・・・私のバッテングを見てください、お願いします」






恩師、「ちょっと聞くがなあ・・・オレ、今、何をしているか・・・おまえ、知っているよな?」








長嶋氏、「はい、知っています、ヤクルトスワローズの打撃コーチです」

恩師、「明日も試合あるよな、」

長嶋氏、「我が巨人軍と試合があります」

恩師、「おまえ、知っててオレを呼んだのか?」

長嶋氏、「はい、そうです、」

恩師は、呆れて・・・・・こんなことが世間に知れたら・・・・・オレはクビだろうな・・・っと思いまがら・・・・・笑


しょうがない、立教時代からの教え子だから・・・・笑


恩師、「よし!・・・バッテングしてみろ」

長嶋氏、「ハイ」

バッテングをしてみました・・・・・・


恩師は、スランプの原因がすぐわかりました。

「軸がずれてる」


恩師、「これで、ヒットが打てるワケがない」

それこそ、手取り足取り・・・・

「ここは、こうだ・・・・これはこうだ・・・」

「バカ・・・!!」


「この腕は、こうだ・・・足は・・・こうだろ!!」



恩師、「バッテングしてみろ」

長嶋氏、「ハイ・・・・」





恩師、「うん・・よくなった・・・これで、試合に臨んでみろ・・・いいな」




その日の夜、巨人vsヤクルト戦。


巨人は、長嶋選手の大活躍で勝利しました。(3安打以上の猛打賞



但し、相手のヤクルトの恩師は・・・・心中、複雑だったことでしょう。





あの野郎・・・・・あんなに打ちやがって・・・!


このウラログへのコメント

  • まじめ 2016年09月19日 22:11

    こんばんは~。長嶋氏らしいエピソードですね。
    気持ちがホッコリする良い話です。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

山口洋子

  • メールを送信する
<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30