デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

魔性の眼覚め 7

2016年09月18日 13:31

魔性の眼覚め 7

「 あ、、あ、、そこ、、突いて、、

  あ、、そう、、あ、、あ、、あ、、

  おばさん、、いっちゃう、」

拓斗は、懸命に腰を、打ち込む、。

「 いく、、う、、う、、いく、いく、いく、」

若い男根に、追い上げられた、恵美子の膣肉が、痙攣する、。

「 う、、すごい、、おばさんの、動いてる、」

「 もっと、来て、、もっとー、、」

「 あ、、出る、、」

「 だめ、、! 」

恵美子は、腰をずらせて、男根を抜く、。

「 待って、、まだよ、、ね、、」

そう言って、男根を、口腔に、咥えた、。

「 む、、ぐ、、、う、、、」

「 おばさん、、あ、、あ、、」

「 来て、、もう大丈夫でしょ、」

恵美子は、射精感の収まった、拓斗の男根を、

再度、性器に飲み込む、、。

「 はーん、、あん、、いい、、あーん、」

ぬちゅぬちゅと、淫靡な音を立てて、

拓斗の男根が、恵美子の性器に出入りする、。

「 お尻からして、、」

恵美子は、四つん這いになり、性器を拡げて、

拓斗の男根を待った、。

「 ここよ、、入れて、、」

拓斗が、膣口を探り、男根を突き入れると、

一気に、奥まで、嵌ってしまう、。
  
「 くわ、、あ、、あ、、う、、

  当たる、、あ、、あ、、

  おばさんの、子宮に、当たるのー

  あ、、いい、、あう、、うぎゃ、、」

拓斗の腰が、子宮口を突く、要領を覚えた、。

「 あ、、いく、、いぐー、、

  子宮、、いっちゃう、、いく、、いぐーん、」

「 おばさん、、もうだめです、、」

「 いいわ、、いって、、

  おばさんの、お尻にかけて、、

  あ、、あ、、あー、、突いてー、、」

拓斗は、限界まで、恵美子の子宮口を突き上げた後、

素早く、男根を抜いた、。

肉棒が、びくんびくんと、跳ねて、   

先端から、美恵子の尻肉に向けて、精液の塊が、噴き出した、。

「 う、、」

「 あーん、、」


       ☆    ☆


あれ程、飢えた、身体に、オナニーと言う餌しか

与えて貰えなかった、美恵子の生活が、一変した、。

身体が、疼いた時にも、相手に、不自由がなくなった、。

正岡には、甘えて、連絡すると、すぐに時間を作ってくれる、。

拓斗や、コンビニ健一に、熟れた恵美子の、身体の誘いを、

断る事などできない、。

その日、娘の沙織を、保育園に、送っていった時の事だった、。

「 あの、沙織ちゃんのお母さん、、

  理事長が、お話があるって、」

「 あ、、はい、」

恵美子は、理事長の部屋に、呼ばれた、。

「 ま、掛けてください、、」

「 はい、、」

恵美子の鼓動が、早い、。

理事長村田は、オナニーの時、一番よく、想像していた、

相手なのだ、。

男としても、ほのかな恋心を、抱いていた、。

ー なにかしら -

「 来季の話なんですが、、

  あなたは、仕事に就いていませんよね、」

「 はい、、」

「 国から、うるさく言われているんですが、

  待機児童の事なんです、

  つまり、就業されている、母親の家庭の子供を、

  優先しろという事なんです、」

「 あ、、、」

「 で、後一年すれば、幼稚園ですから、

  来年は、ご自宅で、沙織ちゃんの、

  養育を、お願いしたいんです、」

「 そんな、、今は仕事に、就いていませんが、

  いずれと、、」

「 いや、、そういう訳には、、」

沈黙が、理事長室を、包む、。

確かに、共働きの家庭のように、

困るという事ではないが、

自分の時間が持てなくなるし、

生活のパターンが、変わってしまう、。

恵美子の眼から、涙が、流れ落ちた、。

「 なんとか、、ならないんでしょうか、

  後、1年ですし、」

その時、村田の眼が、きらりと、光ったのに、

恵美子は、気づかない、。

村田は、恵美子の、傍に来ると、

彼女の眼を、覗き込んだ、。

「 泣く、あなたも、、素敵ですね、、」

ー え、、、誘われてるの、、まさか -

村田が、恵美子の顔を、支えて、

舌を伸ばすと、眼からこぼれる涙を、

舐め取った、。

「 あ、、、理事長、、」

恵美子の身体が、震えている、。

ー だめ、、キスはだめ、、-

そう思った瞬間、ふたりの唇が、重なった、。

「 む、、ぐ、、う、、」

「 こうしましょう、、

  今夜、、沙織ちゃんの事について、

  相談に乗りましょう、、

  時間は、ありますか、? 」

「 あ、、はい、、」

ー あー、、理事長に、抱かれるの ? -

すでに、恵美子は、蛇に睨まれた、蛙のように、

逆らう事が出来ない、。


      ☆    ☆


夫には、沙織の事で、懇談があると、言って

夕刻、家を出た、。

シャワーで、性器を洗い、新しい下着を、着けている、。

只の懇談ではない事は、明白だった、。

待ち合わせも、互いが、セックスを、

了解してるとしか思えない、

シティホテルの、ラウンジだった、。

「 僕の一存で、なんとか、という事も、

  考えていいんですが、、」

「 お願いします、、ほんとに、」

「 特別な配慮ですから、リスクもあるし、

  それに、、僕も、男ですから、」

その言葉は、はっきりと、恵美子との、

セックスを、条件にしている、。

恵美子は、恥ずかしげに、俯いてしまう、。

村田は、立ち上がって、レジへ向かう、。

恵美子は、後を、着いて行った、。


        ☆    ☆


ホテルの部屋は、すぐに取れた、。

二人は、中へ入る、。

「 前から、、いい女だなって、思ってたんですよ、」

「 そんな、、理事長、、」

恵美子は、自分の性器が、潤み始めているのが、判った、。

「 と言うか、僕の趣味に、ピッタリな女性だなって、」

「 趣味 ? 」

「 淫乱で、恥ずかしい事で、感じて、

  いつも、男のちんぽの事ばかり、

  考えている、女性だよ、」

「 な、、なにを、、そんな、」

恵美子は、そんな言葉が、理事長村田の、

口から、出る事に驚いた、。

「 そのうち判るさ、、

  でね、、君の娘は、内で預かってあげますよ、

  条件はただ一つ、」

「 条件、、? 」

「 君が、僕の趣味に、つき合うという事だ、」

「 なんですか、趣味って、判りません、」

「 じゃあ、、審査してみようか、

  君の娘が、保育園に、残れるかどうか、」

ー セックスされるの、?  趣味って何 ? -

恵美子の身体は、拒んではいない、。

ー いいわ、、思い切り、感じさせてあげる -

「 解りました、お願いします、」

「 じゃ、、脱げ、、どんな身体か、

  見てやる、、」

恵美子は、しばらく、佇んでいた、。

始めての、男の前で、裸になるとう言う事が、

恵美子の欲情を、急激に高めている、。

しかも、前から、興味のあった男だ、。

ボタンを外し、ブラウスを、脱ぐ、。

ー ブラジャー、、?  スカート  ? ー

咄嗟に迷ったが、スカートに手を架けて、

床に落とした、。

窮屈なストッキングを、続けて、脱いだ途端、

恥ずかしさが、こみ上げてくる、。

ブラジャーのホックを外し、肩から、抜き、

ハイカットの、白いパンティーだけになった、。

「 まず、第一段階、合格だな、、

  身体、見ただけで、どんなに、いやらしいか、

  判るもんだ、

  パンティーも脱いで、おまんこ見せて、」

恵美子は、腰を屈め、小さなパンティーを、

尻から、抜き取った、。

「 おまんこ、見せろと、言ったんだよ、」

恵美子は、立ったまま、がに股になり、

陰唇を、両手の指で、広げる、。

「 ははは、、あの奥さんがね、、

  こんな格好で、おまんこ

  男に見せて、、ははは、、」

恥辱と怒りの混ざった、複雑な感情が、

恵美子の中に、湧き上がる、。

「 尻の穴も、見せてみろ、、」

恵美子は、後ろ向きに、中腰になり、

尻たぶを拡げて、肛門を晒す、。

「 使った事あるのか、、? 」

「 いや、、こんなの、、」

「 使った事あるのかって、訊いてるんだよ 」

「 ありません、、」

ー すごい事、訊く、、理事長 

  趣味って、アナルセックスの事かな ? -

恵美子は、経験してもいいかなと、思ってしまう、。

「 次、、しゃぶってみろ、、

  君が、僕を、裸にするんだ、、」

恵美子は、村田ジャケットを脱がし、

シャツボタンを外す、。

ベルトを外し、ズボンを、脱がせると、

ビキニパンツの中で、勃起した男根が、

盛り上がっている、。

「 それは、、口で、脱がしてみろ、」

恵美子は、手を離し、歯で、ビキニパンツの端を、噛む、。

「 そうだ、、」

何度も、咥え直し、引きおろし、そのパンツを、床に落とした、。

ー あー、、すごい、勃ってる、

  綺麗、、拓斗君の、おちんちんみたい、

  でも、長い、、-

恵美子は、思わず、眼の前の、村田男根を、

咥え込んだ、。

「 もっと、奥だよ、、」

恵美子が、しばらく、男根を、しゃぶってると、

村田が、乱暴に、彼女の頭を押さえて、

腰を、突き込んだ、。

「 ぐえ、、むぐ、、ぐふ、」

村田男根が、恵美子の喉を、押し広げている、。

「 これからは、このちんぽに、

  お仕えしますって、言ってみろ、、」

このウラログへのコメント

  • ☆mina☆ 2016年09月19日 09:28

    理事長…
    なかなかやりますな。
    続きが楽しみです。
    ワクワクします!

  • ペルソナ 2016年09月20日 00:36

    とうとう理事長まで…。
    恵美子を見抜いているのはすごい!と思うけど、何か裏があるのかと、考えてしまうのも楽しみのひとつです。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

りょう

  • メールを送信する

りょうさんの最近のウラログ

<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30