デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

今彼との初エッチ

2016年09月11日 23:13

タイトルずばりです笑
今彼とは去年一月に初めてデートしたんですが、
当時は彼は初めてで、私も最後にしてからかなり間が空いていたから
二人ともかなりぎこちなかったです。

私達はもともと知り合いで、
と言ってもネット経由のメル友だったんですが、
SNSで偶然再会して、住んでる場所が近場ということもあり急接近しました。
彼が余程恋人が欲しかったんでしょうか笑
電話で話すうちに会おうという話になり、初デートしました。
彼の地元の駅周辺で食べたり買い物したりしてぶらつき、
何となく流れで手を繋いで、
何となく流れで彼の車でキスをしました。

流れで、とは表現したけど
自然とリラックスできる相手だったし、
話していても隣にいても居心地が良かったんですね。
初対面なのに緊張しなかったし
お互いに自然体だったと思います。

車の中でキス、まで行くと
彼はもう確信したのだと思います。
私も嫌ではなかったです。
寧ろお互いをもっと知りたいと思いました。

普段ならとっくに帰っている時間でした。
私は親からのメールが鳴る携帯を無視しました。
何度目かの車内キスの後、彼は私の服の上から胸を触り始めました。
抵抗せず、私は静かでした。
この後どこまで行けるのか私には何となくわかっていました。
彼の手は服の下を探りはじめます。
真冬なのに身体はあつくなります。
ホテル、行く?」
お決まりのセリフを聞くと、私はいつかの情交を思い出しながらうなずきました。

色々私は飛ばしすぎてると自覚しています。
でも別にいいじゃないか、好きなんだし皆結局これがしたいんだから。
私はそんな考えです。
電気は消して、裸になって、
お互いシャワーを浴びたかどうかも曖昧ですが、
ネットで知り合った相手とリアルで会ってたったの12時間で
私は彼にすべて見せてしまっていました。

とってもぎこちなかったです。
今鮮明には思い出せないけど
良くいえば初々しいのかな…
彼ははじめて抱く女の身体にとても優しく、
恐る恐る触れていました。
暗い部屋で互いの鼓動と、吐息と、
じわりと肌に滲む汗の微かな匂いと、
絡む指と指が私達の熱をたかめていきます。
ゴムの付け方もぎこち無く
いざ入れようと構える彼の肩は強ばっていました。
私は間違いなく彼の最初の女になるのでした。

ところで、私は彼にはこの時まで
男性経験は無いと伝えています。
だから、彼は今でも私にとって
自分が最初の男である、と思っています。
もっと言えば「巡美にとって俺が最初で最後の男」と
信じているのです。
だって既にこの後私に求婚してますから笑
どうして彼を騙したくなったのか…
理由は他でもなく、私がこの「処女ではない」という重大な秘密を保つことで
彼は私を離さなくなるだろうと思ったからです。
特に彼のようなタイプは「処女を捧げられた」事実があった方が格好ついていいだろうし。
正直丁度いいタイミングでした。
生理終わりかけだった私です。適度に血が出るであろう事は読めていました。

彼が私に穿った牡をゆっくり動かすうちに、キャラメルを口の中に入れて溶かすようにじっくりじっくり甘い快さが体中に廻っていきます。
初めてしたときより気持ちよかった。
素直に嬉しかったです。
ですから、私はさも処女であるかのように振る舞いました。
いや、彼の腕の中では、
私は「彼が初めての男である巡美」に
自然となりきっていました。
我ながら女優です。
但し、自分にとっての最初の時を思い出して
痛そうな演技はしませんでした。
実際痛くないどころか鈍い気持ち良さがとろりとろりと全身を這って
波のように強くなって、
私はそれに酔っていたのです。
抱き合いながら恋人になってキスをして、
気付けばとっくに0時を過ぎて
私は家に帰る時間を忘れてしまっていました。
門限がさしてあるわけではなかったけど、
この時はとっても門限を破ってみたくなったのでした。

前述した通り、私はまだ出血が僅かにある身でした。
初めて女性の体の中で果てた後、彼は血にとっても驚いていました。
シーツにシミが出来てしまい…リアルでしょ?笑
大丈夫!?」と何度も聞いてきたので
処女喪失を思い出しながら「私もちょっとびっくり…」と
控えめに伝えました笑

帰りの車中で私は彼に告白されました。
逆ですよね。普通笑
流れでこうなっちゃったし、まあいいか!と
私は告白をお受けして今に至ります。
その会話の中で「結婚しようね!」とも
言われました。
うぇぇぇぇ!?って思いました、正直。笑
そしてこちらも断る理由がなかったから
なあなあにして今に至ります…

結婚はとっても意識してます。
優しいし家族思いだし、
いい人です。でも私はそこで考えました。
この人と結婚する、ということは私は2人としか御付き合いしたことがないまま死ぬということになる。
それではあまりに寂しい…
16で私はとある病気を抱え22位までまともに生活できませんでした。
初体験の人は病気の私を心配してくれた先輩だった。
高校も半年で中退した私は青春らしい青春を経験していません。
それならば…他の人と青春の疑似体験をすればいいんじゃないか…?

結論はここのようなサイトに登録することでした。
因みにこの結論に達したのは先程の帰りの車の中です。とっても怖いですね私笑
そして実際に実践しています。
秘密は日に日に増えています。
このログの更新も早速秘密ですからね(*^_^*)

このウラログへのコメント

  • ホルン_ 2016年09月11日 23:22

    長文お疲れ様でした。
    彼氏さんには申し訳ないかもしれないですが、
    巡美さんの好きに生きている感じ、いいですね。

  • ひげひげ 2016年09月12日 08:54

    なるほど。

    ある意味のゴールインが確定してるなら色々あってもよろしいのではないですかね。

  • 巡美 2016年09月12日 08:55

    > ホルン_さん
    長文にも関わらず読んでいただいてありがとうございます。
    好きに生きてる、まさにそんな感じです。
    今が一番生きてるって気がしてます笑

  • 巡美 2016年09月12日 08:57

    > ひげひげさん
    コメントありがとうございます。
    ゴール先に知られないようにこっそりですけどね。
    リアルの知人には誰にも言えない秘密です…(*^_^*)

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

巡美

  • メールを送信する

巡美さんの最近のウラログ

<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30