デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

家庭教師・・・そのなな

2014年09月08日 16:37

家庭教師・・・そのなな

家庭教師もあと2回・・・

もう勉強の方は祥子さんに任せて

今回からはえっちメインに切り替え・・・

思うに

わたしは童貞の子に恵まれてるかも・・・

渡部くんとか稲葉くんみたいに

飲み込みの早い子ばっかだし

和くんと祥太くんとかの場合

ある意味 真っ白だから

吸収の早いこと早いこと・・・

いつものように祥子さんの特訓

そろそろこっちも大詰めなんで

今回はちょっとハードに・・・


そして祥太くんの脱童貞

「ちゃんとメモ見て予習した・・・?」

「はい、全部暗記しました」

祥太くんなら余裕だよね、でもそれはあくまで基本だから・・・」

「基本?」

「うん、そのまんまじゃ、ダメだし・・・」

「なんで?」

「順番あるよね・・・?」

「うん」

キス、耳、首、肩、胸って順番だけどね・・・」

「うん」

「肩の後、キスしてって言ったらどうする・・・?」

キスは終わってるよ」

「それじゃダメ、キスしてって言ったらキスするの・・・」

「そうなんだ」

「うん、それでキスしたら次は・・・?」

キスの後だから耳かな」

「ぶー、減点・・・」

「えーっ、なんで?」

「また肩まで行ってキスしてって言われたらどうする・・・?」

キスして耳、あれ?」

「でしょ、先に進まないでしょ、そういう場合、間に盛り込むの・・・」

「えっと、キス、耳、首、肩、キス、胸?」

「そう、そんな感じ、応用ね・・・」

「そっか、なんか難しいな」

「そこは勉強と同じで何回も反復して覚えるの・・・」

「うん」

「じゃあ、いこうか・・・」

「うん」

ベッドの横に移動

部屋に入ってきた時

祥太くんがえっ?って顔したけど

今日は、過激な服じゃなく普通の格好

下着はちゃんとつけてパンストも履いて

スカートブラウスと普通な格好

脱がし方から始めないとね・・・

「じゃあ、まずは何・・・?」

「えっと」

まずはキス・・・

そしてブラウスボタンをひとつづつ・・・

たどたどしいっていうか

まあ、これは慣れだしね

でも、実はこういうたどたどしさ

自称経験豊富者だったらイラッとしちゃうんだろうけど

初心者だとなんか がんばれって思っちゃうんだよね

ブラウスを脱がせる

慣れた子だったらキス、脱がせる、触れる、囁く

全部同時に進行していくんだろうけど

今はまだそれを求めちゃいけない

とりあえず二人とも裸になる

「じゃあ、自分で考えたやり方で・・・」

「えっ?」

不安そうな顔っていうか不安全開な顔するし

「違うとこはちゃんと教えるし、指示するから

もっと気楽にしていいよ・・・」

「は、はい 頑張ります」

そしてふたたびキス

頬に手を添えて優しく

手は頬から首筋、肩、そして胸

うん、いい感じ・・・

優しく包み込むように胸へ

うん、わたし的にはそれゾクゾクしちゃうんだけど

涼子さんは違うんだな・・・

「ねえ・・・」

「え、はい?」

「胸 もっと強く・・・」

「こ、こうですか?」

「うんっ、もっと強く・・・」

「い、痛くないの?」

「うん、わたしや涼子さんは胸は乱暴なのが好き・・・」

ぎゅっとつかまれても激しく揉みしだかれる

うーん、ちょっと痛いけど

涼子さんはこれくらいがいいかも・・・

涼太くんの手は下腹部へ

「ヌルってしてる」

「うん、何でだっけ・・・?」

気持ちいいから?」

「そう、そこを んっ、そう・・・いい」

教えたとおりの指使い

この子もスジいいよ・・・

御主人はしらないけど涼子さんゆずりかなあ・・・

「ど、どんどんヌルヌルしていくから・・・んっ」

指が1本・・・

そして2本・・・

「あっ・・・」

「えっ、だめなことした?」

「ううん、気持ちよくて声が出ただけ・・・」

そしてあそこを舌で・・・

「あっ、うん、上手・・・あうん」

気持ちいいんだけど

なんか涼子さんの覗いてる方角から

すごいどんよりした空気を感じる・・・

あと今回と次回で

その後は この子は涼子さんのものだよ

我慢してよね・・・

そしてゴムをつけて・・・

本当は生でしてあげたい気もするけど

それは 後の人のために残してあげて

多分 涼子さんのことだから

ピル飲んでも 生涼太くんを欲しがるだろうし

とりあえずゴム付きだけど

わたしの中に入って

すぐ出ちゃったけど

お口でお掃除してあげて

大きくしてまたゴムつけて・・・

結局は5発発射

最初の1発目は入れる前に出ちゃったけどね


目をきらきら輝かせて

満足って顔の涼太くん

「気持ちよかった・・・?」

「うん、毎日でもしたい」

「うーん、毎日はだめだよ・・・」

「だめなの?」

「美味しいものでも毎日食べてたら飽きちゃうでしょ・・・?」

「そっか」

涼子さんだと毎日でもしそう・・・

別にいいんだけど

それだと涼太くんが飽きちゃうかもだし・・・

それにその都度 呼び出されちゃたまらない・・・

実際 えっちを食事に例えたなら

わたしはお腹いっぱいって感じだし

「次が最後だからね・・・」

「うん」

「これ全部読んでおいてね・・・」

「これは?」

「最後のおさらい用の資料だよ・・・」

これは いろんなえっちが書いてある

わたしのことや ちあきのこと

それとわたしをとりまくみんなのえっちの話

資料としては結構なもんだと思う

さあ・・・

次が・・・

                   ・・・総仕上げ

このウラログへのコメント

  • ケンタウルス 2014年09月08日 17:10

    優等生やね祥太君は
    私もひーちゃんに手とり足とり教えて欲しい
    助平爺ですけど向学心に溢れてます(笑)

  • こまちん 2014年09月08日 17:57

    俺も指導お願いしたい(≧∇≦)

  • 薬師 2014年09月08日 19:45

    涼子さん視点も見てみたいですね(^◇^)

  • たか 2014年09月08日 20:24

    ちょっと今後の少年が心配だけど…
    ゆうこさんが先生なら、大丈夫でしょ!

  • きく 猫大好き! 2014年09月12日 13:37

    続きが凄く読みたかったので嬉しい!
    なんだろ、興奮するしすごい世界だな(o^^o)

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ゆうこ^-^

  • メールを送信する

ゆうこ^-^さんの最近のウラログ

<2014年09月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30