デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

高齢3

2013年07月15日 13:29

女性誌より
老人ホームで家族と離れて暮らし、生きている時間も限られた中では、お金や財産などの価値も、もはや大きな意味を持たなくなってきます。
そうした時間において、生きがいは何かというと、気心の知れた人、それも異性と過ごす時間が大きな意味を持ってきます。
小林さんによれば、恋愛と性がアンチエイジングに大きな役割を果たしていることを理解する人が増えたことが、この14年における高齢者の性を取り巻く環境の変化だという。
つまり、60代、70代、80代でも恋愛できると考える人が増えているのだ。
例えば、新しいパートナー出会った新鮮さから、ED治療薬などを使わなくても能力が回復したという男性のケースもあります。」

このウラログへのコメント

  • シモムラン 2013年07月15日 15:09

    生き甲斐や役割が見つかると機能回復や認知症の緩和もありますので…その類いかと思います。性は絶大なり!

  • 和男 2013年07月15日 16:55

    近くで相性のいい異性がいたら薬なんかよりも体も回復するみたいですね
    今のうちに趣味イロイロ学びたい

  • 眠兎くん 2013年07月15日 18:05

    海外では普通だけど日本もオープンになって来たしね

  • はる 2013年07月21日 19:14

    いつも興味深いネタをありがとう。
    私は40代でED、50代で回復。
    今また元気減少。もっと頑張りたい

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

歩美

  • メールを送信する
<2013年07月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31