デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

出会い系の女92

2013年07月12日 14:04

トラウマの女は朗らかであった。

世界中の男はたいてい、ほがらかな女を好む。この男も例外でない。

これは、母親がいつもわが子に笑顔で接しているのと同じ理由からである。
子供は母親笑顔が、この世で一番、スキだ。

男も、女とは原初的に、母親である。
なぜなら、女の中にフェミズムを見るからであり、フェミズムとは母親のことである。
この理由で、
女の朗らかな笑顔は、理屈抜きに、男に快感を与える。

もし、もてない女がこの世にいるとすれば、朗らかになれないことが第一原因だ。

反面、女とは心の病の所有者でもある。
すべての女は、心の病をもっている。
なぜなら、あの6340万色のハイビジョンの繊細な傷つきやすい心の所有者だからだ。

そう、女と母親とは矛盾である。
女は心の病に、母親は太陽のごとく朗らかに、
心の病の所有は朗らかになれない。

しかし、心の病はなくせなくても、麻痺させることはできる。


トラウマの女も、
暴力セックスということにかけて、フツーの女より遙かに心の病の所有者だった。

しかし、誰よりも朗らかである、
ただ一つ、1%の病を除いては。

この1%の病が、ドミノ倒しのあの破壊衝動である。

歳月をかけて愛を積み重ね、愛の果実を味わっているそのとき、
毎日毎日ドミノ造りに丹精を込めて作り上げた。
完成間近になって、倒したい衝動に駆られる。

トラウマの女に、未だ1%残っている心の病である。

その1%の病を回避するために、このトンチンカンな男があてがわれた。

女にとっては天の恵みで、男にとって愛の恵みだ。
この男で、今まで培ってきた愛の破壊が回避されるかもしれない、
この女で、今まで以上に女の真理と生態が味わえるかもしれない。

女と男に計算が働いている。

培ってきた愛の破壊が回避されるなら、
臭いが染み付いたパンツなんて、どーってことない。
男とあってするおまんこなんて、たいしたことじゃない。

しかし、おまんこした後、女がこの男に愛を抱く可能性はナイとも言えなくもない。
それは、また後のハナシだ。

男は女を気にいり、女もまんざらでもなさそうである。



みたら、セフレの女からメールがあった。

あした、どう?

それだけである。

男は喜んだ、2万円の女、カラオケの女のなかで、このセフレの女からぜひ、
あの純情淫乱の女が解き明かした心が聞きたかった。

なにか聞けよう、男はすぐ、メールを打った。

わかりました、じゃあ、お昼にあのスーパー駐車場で待ってます。

セフレの女はセックスが所望だが、男は純情淫乱の心が気になっていたので、
セックスより、セフレの女の心の見解の方が大問題だった。

セフレの女は、もちろん、セックスをタノシミに来るのだから、
男は考えた、
先に、心の問題を切り出すのは、まづい、だろう。

女とレストランに食事に行くのは、食べるためである。
食べる前に、心のハナシは、
やっぱ、
まづい、だろう。

男は思案した、
おまんこを、やって、存分にイカせてから、セフレの女から、ひょっとすると、
心のハナシが聞けるかもしれない。
そのためには、
レストランで、女を存分に満足させなければならない。
おまんこセフレの女を存分にイカせなければならない。

前回は、まぐれっていうこともある。しかし、今回はマグレで終わらせたくない。

男は、勝利の方程式を考えた。

前回は、ヒデンでイカせた。
今回も、ヒデンでイカせよう。

セフレの女のヒデンの場所は実証済みである、ここを絶え間なく責めることで、
女は数え切れないくらいに昇天するだろう。
Gスポットは強力であるが、ここの直球勝負1本だけでは、芸がない。
もう一捻りほしいところだ。

男は考えた。

セフレの女は夫は勤務医である、カネには不自由してない、そして客観的に美人である。
周りにいつもチヤホヤされる立場にある、
知的水準は高いだろう、
なら、男を見下すところがあるに違えない。

こんなところにも、セフレ男を所望する理由があるのかもしれない。
フツー、男からセフレを求めるものだが、女から求めるのは自信がなければできない。

この女の弱点は、ナイ。
顔も、カネも、アタマも、人より優れてる。

男は考えた、

唯一の弱点は、

おまんこ

だ。

35のセフレの女は、野生のおまんこをもてあましている。

45の純情淫乱の女は、理性のおまんこで心を解明している。

野生のまんこ快楽の嵐を浴びせれば、理性になるとは言わないが、
野生はおとなしくなるだろう。
おとなしくなったまんこは、口を割るかもしれない。
その開いた口から、ココロを引き出せるかもしれない。

男は考えた、

人より優れた立場にあるセフレの女の弱点、
野生のまんこをあらゆる方法で責める、
電マで、バイブで、ヒデンで、ついでにアナルも加えてもイイ。

そうだ、チヤホヤされる立場を逆手にとって、
女に罵詈雑言を浴びせてみよう。

罵詈雑言は男が不得手とするところだが、ここは鬼にならなければならない。
ちょっとやそっとのことでは、
野生のまんこは口を割らない。

男は思った、

たぶん、日頃から賛辞やお世辞のかぎりを浴びてるモノは、罵詈雑言を浴びると、逆上する。
しかし、それは、表のハナシであって、
裏になると、まったく別だろう。

セフレの女が裏で罵詈雑言を浴びれば、どうなるか、わからない。

あるいは、・・・・・・

野生のまんこは極上の快楽と、日常とは反対の汚辱を希求しているかもしれない。
なぜなら、チヤホヤお世辞がギマンであることぐらい、
知的水準が高い女には、わかっている。

なら、男の罵詈雑言は、女の快楽にとてつもない火を点ける可能性が高い。

男はここに賭けてみることにした。


男は、急いで、ヤクザ映画のDVDを借りにに出かけた。
ついでに、アダルトショップによって、電マバイブローターを買った。
使うかどうかは別として、準備だけしておこう、そう思った。

これもファスト博士の旅の一環である。女を知るための一里塚だ。

男はそういいか聞かせた。


電マバイブで、前哨戦を始める、ときどきヒデンで中イキさせる、また、
電マバイブで刺激を与え、ヒデンでトドメをさす、

そして、これが一番重要なことだが、
コトバ、罵詈雑言で女を貶める。
男に、これがデキルかどうか、正否がかかっている。

男はビジネス社会で落ちこぼれだ、たぶんできないだろう。
青木鈴木は、いとも簡単にできるだろう。

できないのはこの男の美点であり、できるのは汚点である。
しかし、それは、あくまでも表のハナシだ。

裏とは言ってみれば、フィクションである。
もっと言えば、テレビ映画の世界だ。
表はスーパーマンはいないが、裏ではスーパーマンだらけである。

であれば、男も、裏ではスーパーマンになれないこともない。
それが証拠に、2万円の女カラオケの女、そしてセフレの女を出会い系でゲットできた。


男は、ヤクザ映画で暴言の吐き方をまねようとした。
この男にはムリであろう。

しかし、ムリであっても、男の気迫が女に乗り移ることもあろう。

男は秘策を秘めて、眠りについた。

次の朝、起きて、セフレの女との一戦に向けて、昨日の勝利の方程式を反芻した。

目的は野生のまんこからココロをはき出させることだ。

そのための電マで、そのためのバイブだ。

ヒデンを中心に、女に極上の快楽を与えて、

ココロを吐き出させる。


理性のおまんこは、ココロはみんなモノと言った。

野生のおまんこは、なんと言うのだろう。


ききたい。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ぱすかる

  • メールを送信する

ぱすかるさんの最近のウラログ

<2013年07月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31