デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

出会い系の女91

2013年07月11日 15:08

トラウマの女はよく、ケタケタ笑う、

美しい声で笑うモノだから、男はますます立ってくる。

女の美声は男を興奮させる、
男のあのテノールやバスも女を興奮させるらしい。
男のバスを聞く女はほとんど、ヌレる。

女のキレーナ声で、濡れはしないが、勃起させるには十分な効力がある。


イイですね、旦那さんは毎日、あなたの声が聞けて、毎日堅くなってるでしょ。

そうオかしら、フツーよ、

男にとってキレーナ美人でも、まんこやった亭主は、
タダの、どこにでもいるフツーの女に成り下がっている。
セフレの女の、あの美貌に舞い上がってしまった男も、
おまんこをやったら、フツーの女に成り下がってしまった。

女と男妄想だけが頼りだ。

妄想によって恋は大きく膨らむ、
妄想が介入する余地がない日常は、恋の仇である。

女のキレーナ声は男をますます舞い上がらせ、ますます、支離滅裂に追い打ちをかける。

あのオ~

なあ~に、

ケイコさんはオナニー毎日するって言いましたよね、

ええ、まいにちかどうか、わからないけど、けっこうするわよ

毎日、何回クライするのですか?

1時間に1回として、24回?

あなた、わたしだって、寝てるときがあるのよ、


そ、そうですね、じゃあ、24から8引くと、16回ですか、

あのね、わたしだって、しごと、してるときだってあるのよ、

みつかったら、ヤバイでしょ

ソ、そうですね、じゃあ、ひとりのときですか?

あのね、わたし、ワタシ一人のカラダじゃないのよ、

そ、そうですね、

オナニーって、ナカナカ、むつかしいですね。

あなたはどこでやるの?

わたしはケイコさんの写真でやります、

ホント?

はい、

写真見ながらケイコさんの声を思い浮かべます。

イクの?

わたしの声で、

そこが、微妙なところなのです、

喘ぎ声だったら、間違いなくイクのですが、

歌うような声では、キモチイイから寝てしまうのです。

同じキモチイイでも、違いますよね。

・・・・・・

ケーコさんのオナニーしてるときのアエギゴエ、ぜひ、おねがいします。

そんなに聞きたいのオ~

ハイ、

じゃあ、考えとくね、

あのオ~

なあ~に、

ケイコさんのパンツ下着があれば、もっと効き目があります、

わたしのぱんつ?

はい、

イヤよ、


男はいつの世でも女のニオイをほしがる、
しかし、女はいつの世でも、自分のニオイをキラウ。

この違いである。

男が自分の顔をキラウ理由は、女が自分の顔を愛する理由でもある。
ちょうど、顔とお股が逆になっているのが、
女が自分のニオイをキラウ理由になっている

わかりり易く言えば、
女が自分のパンツのニオイをキラウ理由は、自分の顔を愛している理由からである。、

どんな女も自分の顔は世界一美しい、女に客観は存在しない。
恋に客観などあろうハズもない。
世界一美しい顔にお股のパンツは反する。
美しい顔と股間矛盾する、

女はこの矛盾に耐えられない。

なぜなら、
世界一美しいモチモノを持っている者が、汚れたモノをもってイイ訳がない。

たとえて言うなら、美しい床の間にトイレはおけない、
この理由から、女はパンツのニオイをキラウ。
女は水洗トイレというパンツで抗う。

抵抗の手段であるパンツを、取り上げられたくない。


しかし、男は世界一美しい顔より、世界一キタナイ持ち物に興奮する。
これが女に、永遠にわからない、男の謎だ。
なぜなら、男の、ニオイが染み付いたパンツを被りたいと思う女は、
全世界探してもどこにもいない。

男は汚れた卑猥に興奮し、女は清浄な王子様に興奮する。

トラウマの女も女の原理に忠実であった。



そうですよね、パンツなんてイヤですよね、

女は言った、

パンツ、第一、なんに、使うの?

はい、

寝るとき被って寝るのです、

えっ?

ケーコさんの臭いが仄かにするでしょ、、

これがサイコーなんです、

ヘンタイ

はい、スキな人にはヘンタイになりたいんです。

女はますますわからなくなってきた。


そんなこと、しなくても、生まんこでイイんじゃない?


そうオ、おもうでしょう

ところが、ちがうんです、

まんこ刺身ですよね、

ところが、ニオイ付きパンツは、缶詰なんです、

えっ?

だって、ケイコさんをどこにでも持ち運べるでしょ

?????

缶詰ならポケットに入れて、どこでも食べられるでしょ

ケイコさんはポケットに入れて持ち運べないでしょ

・・・・・・・

したいときに、自由に気兼ねなく、できるでしょ

・・・・・・・

女は感心した、

なあるほど、そんな使い方もできるんだ。

女は少し、心を動かされそうになった。

なるほど、肌身離さずってコトかしら、、

女とは、自分を中心に考えるイキモノである、

どうやら、男の肌身離さずが気にいったらしい。


そうオ~

じゃあ、わたしのぱんつ、あげちゃおうかしら、

あ、ありがとうございます。

100円のパンツでイイ?

・・・・・・

しばし、男は考えて、

100円パンツではモチが悪いから、せめて500円のパンツオネガイします。

男は言った。

男は自分のパンツを100円で買って使っていたら、モチが悪いことに閉口したからだ。

せっかく手に入れた、女のニオイが染みこんだパンツ末永く愛用したい、
男にはそういう計算が働いた、
どうせ、自分で使うのでないパンツだ、
女にはそういう計算が働いた。


田山さんって、おもしろいのね、

ちがいます、舞い上がっちゃって、

女は言った、

でも、おもしろいことに変わりないわよ、

わたし、いつもおもしろくないって、言われてます。

ホント?

だって、女のパンツほしがる人、ハジメテよ、

中学高校生女の子パンツほしがるヒトは知ってるわ、
カネ出して買うヒトまでいることもね、

でも、わたしみたいな40女のパンツなんてね、

いっそのこと、わたしのおばあちゃんのぱんつ、あげようかしら、キャハハ

・・・・・・

きゃっ、ウッソヨ、

正真正銘のわたしのぱんつよ



おもしろいことを言う女だ、

ババアも40代の女も、パンツでは区別つかないだろう、
なぜなら、ババアも40代の女も同じ女科である、
ライオンやトラもネコと同じネコ科である。
ライオンやトラのおしっこネコおしっこは区別つかないだろう。

この男に、ババアと40女の区別がつく能力があるとはとても思えない。

トラウマの女が祖母のパンツを持ち出して男にあげたら、
男は、毎日、毎夜、フトンでババアパンツを被ることになる、

この光景は、鬼気迫るモノがあろう。


ここではトラウマの女の良心を信じるほかない。


早いハナシ、男と同じように女も、妄想で舞い上がっているとしか言いようがない。

女と男は、も、支離滅裂になっている。

これが女の男の妙というモノだ。

日常の支離滅裂はおたんこなすだが、まだ見ぬ女と男は、ぼけなすだ。



ホントはですね、

ケーコさんの美しい声で、朗読してほしいのです。

たとえば、銀河鉄道の夜とか、風の又三郎なんかイイですネ、


おまんこオナニーの話しから、文学朗読のハナシに急展開した。

女は、一つも違和感を感じない。


そんなこと言ってもらえると、うれしいわ。

















このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ぱすかる

  • メールを送信する
<2013年07月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31