デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

出会い系の女89

2013年07月09日 12:49

女のメールはまた、続く。


ココロってね、わたし思うわ、

わたし、男を漁るでしょ、

もちろん、さっきも言ったとおり、ココロが参上する前までよ、

セックスをさんざん楽しむでしょ、セックスとすばらしい、

こんなキモチイイこと、この世にはないわ、

も、毎日、毎日、体が続くかぎりしたいわ。

でもね、さっきも言ったとおり、ココロに復讐されるの、

ムナシイの、クルシイの、

だから、ココロが出てこないうちに、存分に不倫するのよ、キャは、


それでね、

わたし以外の女の人って、たぶん、わたしでないから、たぶんよ、これは推測よ、

心って、わかっていないと思うわ。

女の人って、だいたい、男漁りなんてしないでしょ、
フツー、特定の男の人になるでしょ。

一途って言うか、あなただけって言うか、

美しいわよね、

世間も、拍手喝采よね、

テレビドラマ、映画、み~んな、これでしょ。

世界の中心で愛を叫ぶ、24ヶ月の花嫁

も、美談、オンパレードよね。

でもね、

こういう女の人たちってね、心って、わからないと思うわ。

なぜって、わたしみたいに、男漁りしないでしょ、

なら、心から復讐されることもないわよね。

心の残酷さを知らない女の人たちよね。


わたしね、わたしは娼婦でないけれど、
ラスコーリニコフを救ったソーニャの気持ちわかりそうな気がするの。

ソーニャーに比べたら、わたし、何百万分の一しか、心に復讐されてないけど、
それでもね、心の残忍さに気づかされるの。

わたし、思うわ、ヒトってね、
心に復讐されると、気高くなるしかないの。

気高くなろうとしないと、も、生きられないのよ。

だから、わたしはスキな人と思いっきりセックスしたいわ、

でもね、それで足りないの、

心の合間をくぐって、男漁りをしてるの、キャハ
不倫ってね、こういうことなの。

不倫てね、隣の夫や亭主を裏切ることじゃないのよ、

フツー、み~んな、ここをカンチガイしてるのね、

だから大手振って不倫万歳でしょ、

アレって、わたしから言わせれば、ぜ~んぜん、不倫なんかじゃないの。

ホントの不倫に対して、失礼よね、キャハ

ハヤイ、ハナシ、夫や亭主を、ダシにしているってコトね。
ダシにされてる夫は、迷惑な話ね。

そうオなのよね、

たいがい、も、夫がいてもいなくても、
モ、ドーでもイイのよね、
とっくに、不倫してるってコトなのよね。


これはね、心ってコトが知らないからよね。

わたし、すごく感じる体がある所為で、男のヒトなしで生きられないでしょ、
何回も言うけれど、セックス快感って、特別でしょ。
ヒトって、この快感のために生きてるんじゃないかと、思うわ。
も、他は要らないわ。

これはこれでイイんだけど、

心がね、

これが厄介なの。

心に見つからないように、不倫するの。

だから、わたし、フツーのヒトより、心を知ってるわ。

ぜ~んぶ、知ってるってことないけどね、あくまでフツーのヒトよりってコトよ、


心ってね、

わたしの持ち物じゃないの、


えっっ?


男は、一瞬立ち止まった。

心臓が、ドッキン、脈打った。


わたしもね、はじめ、自分のモノだって、思っていたわ。

チガウの、

わたしのモノじゃないの。

だってね、わたしのモノだったら、

わたし、クルシむコトって、ナイじゃないの。

いくら男漁りやったって、苦しくなったり、ムナシクなったりすることって、

ナイじゃないの。

だって、すんごく好きなこと、楽しいこと、やってるのよ。

こんな、シアワセって、ないんじゃないの?


それがね、クルシイ、ムナシイ。

も、解決つかないでしょ。

そしてね、ヒトってね、女の人は特にそうよ、

クルシイことに耐えられないの、
ムナシイことに耐えられないの、

わたしね、男遊びすればするほど、クルシイの、後から。
セックスしてね、サーコーダと思うえば思うほど、
あとから、ムナシイの、

考え出したのが不倫よね、キャハ。

どうしてもわたしね、
心ってね、
なんとかしなくてはならないハメに、追い込められたの。
だって、
なんとかしないと、スキな男漁りできないでしょ、キャッ。

そして、気づいたの。

心って、わたしのモノじゃないって。

み~んなのモノだって。

ヘン?


男は理解に苦しんだ、というより、理解できない。



こういうことなの、


ワタシの心の中に起きてるコトって、他の人にも起きてることなの。
コト、心になると、
わたしも、他の人もないの、
一緒なの。


ますますわからない


問題は、わたしと他の人が離れてるでしょ、
だから、わかりづらいの。
こう思えばいいわね、
わたしと他の人がくっついているとね。

そんなことあり得ないけどね、キャハハ

でも、そう考える他ないの。

わたしが他の人と離れてくっついていないから、

心も別々と、思ってるでしょ

それが、間違いなの。


男は唸った、しかし、まだ、わからない。


じゃあ、わたしの心はどこ?

ッテなるでしょ、

それはね、

他の人がわたしの立場になったとするでしょ、

他の人が想った心がわたしの心よ、

逆にね、わたしが他の人になったとするでしょ、

わたしが想った心が他の人の心よ、

わかったあ?

きゃは、わからないわよね

でも、いいの

そうおなの、心はみ~んな、同じでもね、

立場でチガウの。

立場がチガウ人にわたしがなればがなれば、チガウヒトの心なの。


だから、わたしの心も、チガウヒトの心も、一緒なの。


するとね、ムナシイ、クルシイが解決するの。

クルシイのは、チガウ人がわたしになったら感じる苦しさの、
ムナシイノは、チガウ人がわたしになったら感じる空しさなの、

それがね、同一人であるわたしが、チガウ人の苦しさや空しさを感じてるの。

きゃは、

心って、わたしのモノじゃないの。

じゃあ、よそのチガウ人のモノ?

なら、よそのチガウ人のモノなら、わたしだって入り込めるでしょ、キャ。

そおなのよね、

心って、誰のモノじゃないの、

み~んなのモノ、かしら、キャハ

ふざけて言えば、神様のモノね。


男は、わかったような、わからないような、なんとも、ヘンな気分に襲われた。


セックスや、おまんこから、ここまで思惟する、この純情淫乱な女とは。

セックス快楽を心ゆくまで堪能したいために、

あろうことか、心まで解明してしまった。


まさに、理性でおまんこする女の、面目躍如たる、鬼気迫るモノがある。


心って、わたしのモノでないことがわかったでしょ、

心に沿ったことをやると、心ってね、みんなのモノだから、

充実するの、

たとえば、家族に囲まれて拍手されると同じね、

もっと言えば、多くの人に囲まれて拍手されるとコトね、
わかりやすく言うと、結婚式で、み~んなに祝福されると、
しあわ~って、感じるでしょ、
アレね。

反対に、心に反することをやれば、
多くの人々から非難罵倒されるってコトね、
家族全員から総スカン食らうコトね、
祝福どころか、逃げるように駆け落ち同然ね、きゃッ


心ってわたしのモノじゃないの、

それが、わたしだけじゃなく、み~んな、おんなじよ。


心が認めてくれたセックスってね、

わたし以外の多くの人が喜んでくれるセックスになるの、
わたしのセックスを大勢で見て、拍手してくれるの、

確かにセックスプライベートで、人の目に触れない密室空間よ、

でもね、心の中は、大勢の人で溢れてるの、
そんな彼らが、祝福して拍手してくれるの。

そしたら、感動で、も、感極まって

オーガズムの2条よ、3条よ、無限大かもよ。


反対にね、も、おわかりでしょ。

クリに当てる電マ快感だけよ、
ちっぽけなオチンチンの5cmの往復だけよ。キャッ。



だから、わたし、心のスキを泳いでるの、キャアッ

心が参上しないおまんこは、キモチイイわよ。


ね、あなたも、わたしと、タノシミ、ましょ。ウフフ。


男は、も、声も出ない。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ぱすかる

  • メールを送信する
<2013年07月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31