デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

出会い系の女81

2013年07月01日 15:52

女はフツー、恋すれば、その人オンリーになる。

他の男は目に入らない、そして男にも他の女が目に入らないように強制する。

他の女に目が行けば、人類発祥からなにかと問題になるあの嫉妬が、覆い被さる。

ハヤイ、ハナシ、恋とは強奪である。
両思いであれば、おたがい強奪し合うわけであるから、問題にならない。

ところが、ここに理性の目が加わるとややこしい。

理性とは識別であるから、理性が強いとは、盲目になれない。
盲目になれないからといって、恋にいたらないかとそうでない、
立派に恋は成り立っている。
タダ、盲目でないだけだ。

理性はA、B、Cが識別できる。
恋に陥ってもキチンとABCが識別できる。

ということはABC3人の男が、キチンとそれぞれ識別できる。

盲目の女は、他の男を受け付けない。我執である。
女とはほとんど、我執である。
希に、理性の女が出てくる。

すると、Aの男、Bの男、Cの男、良し悪しや個性がキチンと識別できる。

純情淫乱の女が言うように、イイ男はみんな魅力があるのよ、
そういうハナシになってしまう。

そして、A男、B男、C男は、魅力がそれぞれあるから、手を抜かず好きになる。

なら、この純情淫乱の女に、淫乱というコトバがふさわしいかどうか疑問だ。

しかし、一般に、こういう女は理解されない。
理解どころか、淫乱汚名を末代までだ。

男にはA女、B女、C女は当たり前だ。

それぞれイイところがあって、止められない。

コト女に関しては、A男、B男、C男は、褒められたものでない。

純情淫乱の女は男だったら、何ら問題にもならない、しかし、
女だから問題になる。

性別にかぎらず、理性は厳に存在する。あるモノは消しようがない。
なら、識別する能力は女にあるのは当然だ。
女にも残念ながら、理性は否応なしにある。
にもかかわらず、
女は純情淫乱な女でなく、フツーの盲目の女になる。

淫乱が、純情淫乱の女がいみじくも言ったように、男にとって都合がいいだけのハナシでないのか。

なら、盲目の女も、ひょっとすると、あるいは。

こう考えると、盲目の女を演じてる、

そう考えられないこともない。

すると、純情淫乱な女は、あんがい、不器用な女ってコトになる。
自己にすごく忠実な女。

盲目の女は男に都合がイイ女。

どうにも世間の考え方と、ずいぶん、ズレが生じてきた。


男はここまで考えたら、さっきのチンポがまた一段燃えてきた。

そうだ、

この女にもあってみよう、いや、会わなければならない。

写真と電話をもらってみよう。

純情淫乱の女は遠い。

廃墟の女は新幹線でケリがつく。

しかし、純情淫乱の女は新幹線ではムリだ、ヒコーキになる。


ところがこの男はヒコーキが苦手だ。

ムカシ、今では昔になろう、かつてバブルというすごくおかしな時代があった。
カネが余りに余って、銀行がアタマを下げ回って、
地方の中小会社にカネを使ってくれるように頼んで歩いた。
もちろん、どんな会社でもそれナリに景気はよかったから、なんの不都合もなかった。

男の会社もそれなりに景気がよかったとみえて、
あろうことか、授業員全員をハワイに慰安旅行と相成った。

男はこのとき初めてヒコーキなるモノに乗ったのだが、そのとき乱気流に巻き込まれて、
死ぬ思いをした、しかし、他の乗客はそんなことは当たり前で気にもしていなかった。
1万メートルの成層圏では乱気流で2000mくらい降下するのは当たり前だ。
それでも、この男にとっては生きるか死ぬかだった。
誰にでもスキキライはある。

純情淫乱の女のところに行くのに、ヒコーキが適切だった。
新幹線もあることはあるが、途中までで、いわば、陸の孤島だ。

会うのに、まづ、ここをクリアしなければならない。

後で、考えよう。


男はメールを打った、

写真と電話番号、おねがいします。



そうだ今日はトラウマの女に電話するのだった。

時間を見たら、お昼近くになっていた。

昼飯を食ったら、図書館に行ってみよう、

青木の顔が見たくなってきた。


案の定、図書館の端で青木は居眠りしていた。

青木さん、しばらくです。

声をかけた。

フッっと起こされて、

やあ、田山君か。

はい

元気そうじゃないか

はい

青木さんはなんの本読んでるんですか?

両開きになっている本に、こっくりしていた。

青木は本を盾にして、男に見せた。

なんのために人は生きてるのか、

へえ~

青木さん、こんな本読むんですね

ソリャ、オレだって、余命あと5年だ。

イヤでも、考えるわな。

で、わかったんですか?

ばあ~か、

わかったら、こんなとこで居眠りなんかするか。

それもそうですね、

どうも、オレはこの手の本を読むと、眠気がしてくる。

青木さんには、きっと合わないのですね、

そんなことはナイ、オレだって、真剣に考えてるんだ。

今まで、会社オンリーだったからナ。

そうですね、青木さんほど会社に尽くしたヒトはいませんからね。

オレも、自分ながら、そう思う。

最近、こうも思うようになったんだ、

男に一生涯尽くした女が、男に捨てられたら、どんなもんかなってナ。

オレは今70だろ、

なんだか、オレは捨てられた女、かな、って気がするとき、ときどきあるんだ。

へえ~

そしてナ、確かに余命5年でオレのイノチはなくなるらしい。

男に尽くしに尽くした女は、男に捨てられたとき、も、死んでしまいたい気持ちになるんじゃないか。

でもナ、後5男年後になにもしなくても死ぬってわかってるんだったら、

別に、今、死ぬこともあるまいナ。ギャハハハ。


なんだか、いつもの青木さんとは違っている。

男はそう感じた。

青木が意味ない笑いをした後で、寂しそうに、

やっぱり、捨てられた女はかわいそうだな。

自分を憐憫した。


これ以上、一緒にいると、こちらまで暗くなるのがわかっているから、

挨拶して離れた。


男は3時半頃戻って、女にメールを打った。

電話してもイイですか?

メールが来た、

いいわよ、待ってるね。



男はおそるおそる、電話をかけた。

もしもし、ケイコさんですか?

はい。


うっ、チガウ、


写真の顔の印象とまるで違う。

顔写真はフツーのなんの取り柄もナイ顔だった。

しかし、声がチガウ。

キレーだ、

男は面食らってしまった、別にがさつな声を期待したわけでもあるまいが、
男の想定していた声とは明らかに違った。

たとえば、顔が見えないラジオの声で、人は癒やされる。
美貌もサイノーなら、声も一種のサイノーだ。
声優職業として成り立つ意味がわかった。

アニメの声もやはり魅力ある声であれば、人気も出よう。
男女にかぎらず、人が表現するモノはそれなりに魅力がある。
第一番に、その魅力とは美貌であろう、
次に、やはり、声かもしれない、
次に肌の色だろう。色白七難を隠す。

トラウマの女は、声だけ聞けば、美女になる。

しかし、その前に男は顔を見ている、

このギャップが、男を狼狽させた。


は、は、はじめまして

男は言った。

続けて、

ヘンですね、初めましてなんて。

あらっ~、こちらこそ、はじめまして


男は、後が続かない。


え、ええと~

え、え~とお~

男は65である。

なんともウブになってしまった、
これ、が男がビジネス落伍者になった理由であっても、女には適している。

これが鈴木だったら、どうにでも言い返して、思い通りに事を運ばせるであろう。
これが女に適さない理由だった。

女はビジネスでない、ウブなキモチほど女はうれしい。


この一言で、女は男を受け入れた。


見えないが、写真のフツーの顔からどう想像しても想像しきれない

美しい声だった。


男は舞い上がってしまった。




このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ぱすかる

  • メールを送信する

ぱすかるさんの最近のウラログ

<2013年07月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31