デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

俺の計画

2013年06月26日 07:11

俺の計画

(・-・)住むとこ・・。
     確かに、横浜には女子用で3LDKを寮代わりに使ってるけど
     都内にはないなぁ
     男子専用では、原宿広尾に2箇所あるんだが
     これは、早急に
     ラオウにお願いして、都内に女子専用の設置して貰おう♪



僕  「 えっと とりあえずは、
     共同住居として生活出きるマンションを用意出来ると思います。」


井上 「 なるほどぉってことは そこからは自己資金で部屋を借りてくださいと」

僕   「 そういう事になりますね。」

井上  「 無いよりが全然いいです!」

僕   「 そうだ! 今夜 ここを話し合いの場にさせて貰っていいですか?」

井上  「 御予約ですかwww?」

僕   「 もちろん♪ 正規の料金で取ってください
       それと~ 店長もお手空きで参加してもらえたら
       話が見えると思うので、僕も何も隠し事したくないんで。」


井上  「 嬉しいです。」
     「 何名様になりますぅ?」

僕   「 俺、店長 常務 支社長 藤野さん
      慎吾さんは~来ないやろなぁwww 5人で。 」

井上  「 わかりましたぁ^^」

僕   「 時間は、会社出る前に1本電話入れますね。
       あっ ちなみに 宇都宮に居た本田君って知ってますか?」

井上  「 本田、・・。  本田みつるですか? 」

       (・・;) みつるって言うねやw
 
僕   「 体調壊して退社した店長経験のある、」

井上 「 はいはい、本田みつるですね^^
      一緒に仕事したことありますょ
      私が ひかるで 彼が みつるで
      どちらも『光』って書くんでって事でよく覚えてます。」


僕   「 彼が、今新宿店で働いてくれてるんだけど
      彼を 新店の料理長にと思ってるんだけど 」


井上  「 それは最高に仕事しやすいですねぇ~
       以前も 私店長で彼がチーフだった時ありましたし。」


僕   「 それ聞いて安心しました。」

    「 あっ、じゃあ 後で みんなで寄せて貰います
       すいませんね、仕事の途中に」



 ~~~お店の外まで見送ってくれる~~~~~~~
  ハードな男っぽい性格のようにみえるが
   やっぱり女性らしい気配りがあって
   良い店長だなぁ~~~。。O



 ~~~~オフィスに帰るとラオウだけが応接室に居るとの事~~~~
  慎吾さんは、既存の店舗に営業で入ったらしい。。O



僕  「 どうでした? おばはん 」

ラオウ 「 吹田の新店舗は確かに
      誰が聞いてもええ話やと思うわ
      人員削ってでも出すべきやな!」

僕   「ぉっぉぉ~♪」

ラオウ 「 ただな、個人的にはおばはん
       物件の紹介は 関西エリアだけにしてくれって
       釘を刺して来た。
       ええ物件もあねやろうけど、
       あの人 売ったら後知らん顔多いやろ・・・
       せやから 副社長相手にせぇへんのに 」


僕    「 だから社長に直接なんですねぇ、」

ラオウ  「 もうこういうトラブルは無いと思うで、 でそっちは?」

僕    「 まだちゃんと返事は貰ってないんですけど
       ほぼ こっちに来てくれると。」

ラオウ  「お~っほんまか^^」

僕    「 で、お願いがあるんですけど
       直ぐ、都内にも 女子寮的なマンションを用意して欲しいんですけど」

ラオウ  「 それな! 俺もずっと考えとったんよっ
        居るやろ! いんねん!
        どうしても、うち営業時間が遅いからなぁ
        都内っていうても 最終電車なくなってまうから
        かと言うて
        女の子だからって理由で 女の子だけ先に帰らせても 」


僕    「 声あがってきてますか?」

ラオウ 「 この辺の環境を作るのも俺の仕事やからな、あっ~~~~~~っ!!」

僕    「 どうしたんすか!?」

ラオウ 「 お前、 あの未亡人に聞いてみてくれへん?
         そんな物件おませんかねぇ~って♪   」

僕    「 ・・・・来週にならないと、」

ラオウ  「 間に合うて♪ 普通に不動産屋通しても1週間10日かかんねやからw
         予算だけはじきだしとくわ♪ エリアはお前が便利そうやなぁ~って
         思うとこでええわ♪ ハハハw 持つべき者は未亡人やのぉ~龍ちゃん♪」




藤野さん 「 未亡人がどないしたて? 」

ラオウ  「 わぁっ! ・・・・お前だけは、音も立てず寄ってくんなぁ~昔からほんま、」


     (・・)b知らない人に説明すると
         ラオウ藤野さんは同期入社です。

藤野さん 「 あんたなぁ、 私をお前呼ばわりせんでくれるか!嫁はんやないねんで?」

ラオウ   「 何してんねん、」

藤野さん 「 コーヒー持って来たったんやないの!
        私 こんな事せぇへんねんで 」

ラオウ   「 ほな、何ですんねん」

藤野さん 「 久しぶりやからやなにのよ!」


僕     「 まぁまぁ♪ まぁまぁ♪  」

藤野さん 「 今夜どこ連れてってくれんの?♪龍ちゃん」

ラオウ   「 お前も来んのかえ・・・・」

藤野さん  「 アイツと席離してや、龍ちゃん頼むで 」

僕     「 まぁまぁ♪ 今夜はなんと 大吉ではなく 法善寺店でぇ~す♪」

藤野さん  「 ん? 楽しい飲み会やろな?www
         何か飲み会以外で企んでへんやろなぁ?」

僕      「 大丈夫ですよ♪ CHARAさんも御一緒に^^」

藤野さん  「 そっかぁwwww 泥酔出来るな♪www 」

ラオウ    「 そないな風やから まだ席入れてもらわれへんねんぞ?わかってるか?」

藤野さん  「 うちら結婚とか、せんでもええねん
         型にはまった おっちゃんには わからへんやろなぁ~w」

僕      「 まぁまぁ♪ まぁまぁ♪ 」

藤野さん  「 ほな、仕事あるさかい さいなら♪ 」


            (^-^)ノシ 後で♪


僕     「 ところで、 今夜泊まるとこって 予約とか 」

ラオウ   「 いや、 わし 親の顔見に行こかな思て
         そっち泊まんねんけど お前も来るか?」

僕     「 あ、いや それは 遠慮しときます
         親子水入らずで ど、どぞ w  」


ラオウ   「 ビジネスホテルでも サウナでもええけど
               領収書もろて来いよ♪ なぁ 」


      「 まぁ、それはええとして
        お前、どないする気や・・・・・・ 
        その店長と料理長据えて
        普通に計画通りというか
        今まで通りOPENする気やろ?」



僕    「 (・-・)はい。 」


ラオウ  「 はいって、 」


僕     「 いろいろ考えても
        まだ見えないんですよ・・・・秘書の企みが」

ラオウ  「 普通にOPENして、普通に営業しても
         徳すんのうちだけやろ?
        ギャラは、うちからと 
        向こうからと入るんやろうけど 
        そんなんやないやろ?」


僕     「 うちの店舗展開のノウハウを知りたいのか?
        もっと深い部分で 取引相手や業者・銀行とか知りたいのか?
        OPENさせるとみせかけて、OPENさせないのか?
        人の引き抜きでうちに来たのか?」


ラオウ   「 気色悪い奴やなぁ」


僕     「 出来るだけ、OPENの中心に置かないようにするつもりで
                      B1は麻布と同じ形態ですよね?」


ラオウ   「 うんうん、 で 1Fでファストフード的な 
             『おむすび屋』すんねやろ? 」


僕     「 はい。 んで、 あの人には
        『おむすび屋』の責任者になってもらおうと思ってるんですよ。
        坪数も狭いし、店長兼料理長で 」

ラオウ  「 その井上って子と 本田って子に下させといて任せて
        お前も下におってぇ うんうん。。」

僕    「  まだ、店舗も出来てないし
        何も見えませんけど
        下(B1)に前職で同じ部下だった人間で
        秘書工藤秘密(現在も宇都宮在職中)を知る人間が居るとなると
        しかも
        ファストフード低価格で数売らないと利益の出ないとこに居るとなると
        多分、 上(1階)から動けないんじゃないかと 」


ラオウ  「 なるほどな、 やっと見えてきたわ
          お前が、宇都宮の連中集めてる理由が。 」


僕    「 で、 ファストフードなんでぇ
       イートインもあればテイクアウトもあると思うんですけど
       とりあえずは、 社員は 秘書のみで
       後は、全員アルバイトにしようかなと 」

ラオウ  「 ほぉ~。」

僕    「 これは、本来思ってた事なんで
        特別な理由はないんですけど
       とにかく、1日中追われると思うんですけどねぇ 
       あの秘書も相当出来るみたいなんで
       追われながらも システムを構築してゆくと思うんですが
       OPENしてみないと・・・・・
       実際何もわかんないですw」


ラオウ  「 そかそかぁ、 わかった やっと見えた 
         なんかあったら何でも言うてくれ!
        俺的には、 あの秘書オフィスから消えればそれでええねんwww」


僕    「 ぎゃはははw なんかわかりますw」

 
     「 多分、もう 僕と常務大阪に一緒に行ってること知ってるでしょうから
       明日、東京戻ったら 直ぐ動きだすと思いますょ、
       新店の準備に入ると思いますから
       心の準備だけしときます!」


ラオウ  「 俺は、知らんふりしとくで!」

僕    「 副社長と同じで良いと思います。」





 ~~~~そして、7時を過ぎた頃
        みんなで法善寺へ~~~~~~





 続くよん。。O




 (コメント
 【悠稀さん】
    井上さんも、本田君も
    口でハッキリは言うてませんけど
    好意的ではないですねぇ!工藤に対して(・-・)b。。
    ピンサロは、通過しただけですw


 【リャンさん】
    因縁あり気でしょ?・・)?
    ハッキリと言うてませんけど
    尊敬とか 好意的ではない上司と言った感じですね(^-^)b
    兄貴は、釘を刺して来たらしいです♪w


 【尚子さん】
    わかりますか♪(^-^)b
    ROCKというか ハードな女の子というか
    男っぽい中に 女性の繊細さを持った雰囲気ですね。
    ちゃんと自分の意見を持ってるって感じです。。O



 【htmさん】
    ピンサロのくだり要りませんでしたね((^▼^;)))
    失礼しましたぁw
    良く脱線するんで、 気をつけます♪

このウラログへのコメント

  • リャン 2013年06月26日 09:55

    秘書がキツネなのか社長がタヌキなのか?

  • 尚子 2013年06月26日 12:10

    井上さんの様なサバサバしているけど気遣いの出来る女性好きです♪

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

上岡龍太郎

  • メールを送信する

上岡龍太郎さんの最近のウラログ

<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30