デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

出会い系の女75

2013年06月25日 16:18

鈴木が帰ったので、PCを開いてみた。

あしたどう?

セフレの女からだった。

わかりましたあ、じゃあ、あのスーパー駐車場でお昼ですね。

女からすぐ返事が来た。

楽しみね、



明日なら大丈夫だろう、今日は発射していないから。

それより、今日の2万円の女から伝授された、ヒデンを試してみたかった。
さっそく、伝授された秘伝を試す機会がそうそうきたことに、うれしくなった。

男は、今日の2万円の女の、ヒデンを反芻した。

男は考えた、セフレの女の時間帯は、お昼で、だいたい11時から2時半頃までだ。
子供は小3で3時前後に帰ってくる。
11時前後までは家の家事だ。
土日曜は家族団欒だろう、夫は勤務医で、ほとんど家にいない。

平日の日中がスキマである。
セフレの女との持ち時間は2時間少々。
この2時間という短時間に、絶頂を何度も味わせなければならない。
何しろ相手は、スポーツエンジンスポーツカーである。

30代の女は、やり出したら止まらない、セックス快楽にイチバン貪欲である。
これには生理的な根拠がある。
20代から30代にかけて、ヒトのメスの一番、繁殖期であるからだ。
60以降は繁殖に縁がないと同じように、この時期を逃しては繁殖はままならない。

しかし、近年、ムカシのように多産でなくなっている。経済的な理由もあろうが、
一番は女が性の快楽に目覚めたと言った方が正解だ。
ムカシの日本にあった女の道徳という概念から解放された。

言い換えると、不倫が正常になったと言ってよい。
表ではやはり不倫は、言えないが、裏に回れば、誰でもやっている。
不倫はこの日本では公然の秘密になってしまった。

ムカシは20代30代でおおよそ、10人から15人産んだ。
早いハナし毎年である。
40を超える頃には、
歯はロボロ、足はガクガク、腰はガタガタ、手はブルブル、乳はブラブラ
まさに鬼ババアと化した。

しかし、今は多くて二人、標準で一人、果てはナシ。
子供14人分のエネルギーを、女はもてあますことになる。
この壮大なエネルギーセックス快楽になる、
それでも、なお、余って、高齢の寿命はどこまでも更新を続ける。

30代の女は、も、いつでも、男を受け入れる準備万端で、毎日濡れている。
これは淫乱ということでない、繁殖という女の生理である。
ヒトは1日に三度メシを食わなかったら、どこかで腹が減る、
それと同じ理屈だ。

男は考えた。F1ではないにしても相手はスポーツカーである。

フツーに考えなしにやれば、こちらが、くたばってしまう。
相手は35、こちらは65、やる前から、も、勝負はわかりきっている。

つまり、女は1回のアクメでは承知しないだろうから、2時間前後の間に、
何回かのアクメを入れなければならない。
そして、最後は、チンポトドメを刺す。

3回か4回のアクメを味わわせて、最後にトドメを刺してから初めて、男のトリコになる。

もし、1回だけのアクメなら、男は見向きもされないだろう。

なぜなら、その程度なら、若い男を選ぶからだ。
しかし、若い男は自慢げに、秘密漏洩というリスクはあるが。

この秘密漏洩を畏れる余り、セフレの女はこの65の男を選択した。

それでも、この65になる男は彼なりに頭を絞り、戦術を練った。


そうすると、

男は考えた。

30分おきに女をアクメに導びけばいい。

男はとっさに思い当たった。

そうだ、ここで、あのヒデンを使おう。

ここをやられると、どんな女の人もコロイチよ

2万円の女の声が聞こえた。

30分おきに秘伝で、女をイカせればいい。
回数が多くになるにしたがって、だんだん、アクメの質も高まっていくだろう。
快楽が2乗に膨張していく。

よし、これで明日はいこう。

また、2万円の女の声が聞こえた。

Gスポットは個人差があるの

そうだ、男は思った。

男は難問に遭遇した。

2万円の女のGスポットは知っているが、セフレの女はまだだ。

これはやってみるしかないのよ、

2万円の女の声が聞こえた。

う~ん

男は詰まった。

セフレの女のGスポットが発見できなければ、今まで考えた戦術は水泡に帰す。

おまんこをむやみやたらにかき回したからと言って、発見できるモノではない。

2万円の女に手を添えられたから、発見できたのだ。

いわば、後部座席に教官がいたから、離陸できたのだ。

しかし、今度は、後ろに教官はいない。


ま、後は、まんこに手を入れてかきまわしてみるしかない。

これ以上考えてもムダだった。

うまくいけば女はトリコ、失敗すれば男は張り子。


鈴木が帰って、時計は9時半巣ぎっと頃だ。


そうだ、明日に備えてスタミナを補給しておこう、夕飯は6時頃済ませたが、
念のため、焼き肉を食っておかなければならない。

焼き肉をくった次の朝は、ビンビンである。効果覿面だ。
七輪を持ち出して、冷蔵効から肉をとりだし、網で炙って、
ビールを飲みながらゆっくり食った。

部屋中、家中は煙で一杯である。
焼き肉の煙のニオイは次の朝方まで抜けない。

しかし、男はたらふくは食わない。
たらふく食えば消化が悪く、返って、体調を崩しかねない。



朝起きたら、案の定、朝立ちがきていた。

う~む、

男は漲る力に、妙な自信がわいてきた。


やっぱ、男は女とおまんこ、やる、という思いがあると、気合いが入る。

女は男なしでも生きられるが、
男は女しに生きられないイキモノだ。

そしてこの男の結論は、

ヒトの生活でおまんこ以外、余計なことだ。

これはセフレの女もまた共有している。


男は巌流島に行く用意をした。


そして、あの難問が蘇ってきた、

ここはね、個人差があるのよ。

2万円の女の声が聞こえた。

う~ん、

時間をかけて探すしかないな。

男は観念した。


昨日の夜食に焼き肉を食したから、朝は軽い目玉焼きとパンにした。
牛乳は控えた、万一のために。

小さなコトにも気を遣うのが武蔵である。

男は巌流島に行く武蔵の心境になりきっていた。


約束の刻限である。

クルマを飛ばして例のスーパー駐車場に1時間近くかかって着いた。

女はきていた。

さっと近寄って、男が降りるまもなく女からドアを開けて、車に入った。
手慣れたモノである。

イキマショ

はい

男はこの手の美人は苦手である。

つい、命令されてしまう。

そして、この手の美人女は男に命令するのがスキである。

なんの違和感もない。

ラブホテルについて、クルマから降りて女の後について行ってから、やっと、

女の服装に気づいた。

後ろから見るセフレの女は、膝までの黒いミニスカートでケツが盛り上がっている。
これだけでも興奮モノだが、
黒いスーツ姿がなんとも威厳を放って、かっこイイ。

ケツを左右にフリフリ歩く姿はのモンローウオークは背丈がある女によく似合う。
セフレの女は165ある、女では高い。
女も170超えると、女自身が、コンプレックスを感じるらしいが、165ではコンプレックスは微塵もない。

男の身長は166である。並ぶと、女とまったく変わらないどころか、
ヒールを履いてる分、女の方が堂々としている。
この点でも男は、女に及ばない。

35才の宝塚ジェンヌにたいして、どうみても、
風采が上がらない65の男とは、釣り合いはとれようはずもない。

だが、おまんこ身長でするのでない。

男はやっと、言い聞かせた。

密室空間に入ると、女は言った、

シャワー入るね

女が言うやいなや、男はいきなり、女をベッドに押し倒して、

おまんこかぶりつき

すかさず、パンストとパンテイを一緒に、思いっきり大きな力で脱いだ。

キャアッ

なにすんおよ~

男はかまわず、

パンテイをズリ下ろしながらヒールを片方とっぱらい、
そのまま、女のまんこにかぶりついた、

ぎゃはあ

シャワー、しゃわ~がさきよ、

男はそれでもかまわず、大腿を担いで、黒いまんこが顔を出した、
圧巻である。
このために男は生きている、と言ってイイ。
両手でまんこを開いた。

男はまんこを見た、

う、うつくしい、

きたないわよ~

シャワ~

女は準備していたとみえて、まんこからニオイはしなかった。

今日のことを考えて女はシャワーは自宅で済ましている、
しかし、それでも、男の手前、シャワーと口にする。
女とはどこまでもカッコをつけたがるイキモノである。


ハナコさ~ん、うまいです~


男は、一気に、鵯越を駆け下りて、先手を取った。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ぱすかる

  • メールを送信する
<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30