デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

原点 3

2013年06月22日 10:59

最初はお洒落ホテルプール付きの豪華ホテルを選んでいたが、ある時さらに面白いところを探しネット検索して、あるホテルを見つけた。

部屋に入ると怪しげではあるものの、特に変わったところは無い。

しかし、ベッドの足を見ると手錠と足枷がチェーンで繋がれている。

気になりながらも、当時は恥ずかしくて、それについて話せず、普通にプレイを始めたが、好奇心旺盛な夫は、『使ってみようか』と私の手足を繋いだ。
手足全てを繋ぐとベッドに大の字になる。

仰向けでベッドに全裸で大の字にされ、繋がれて拘束されている。

それだけで、その恥ずかしさで興奮した。

枕元に置いてあるアイマスクを付けられる。

視覚が奪われると共に感覚が研ぎ澄まされていく。
夫は何もしてこない。

私は恥ずかしさと、焦らされていることに興奮が増していく。
『触って…』と懇願する。

すると夫は同じく枕元にあったローターのスイッチを入れた。

私の敏感な部分を触れるか触れないかの距離でローターをあてていく。

身体のどこに来るかが分からない。

それが更に興奮させる。
焦らされて、でも繋がれてるので足を擦り合わすことも出来ない。

しばらくそれが続いていたが、突然、秘部ローターを突き入れられた。

さっきまでとは真逆な、乱暴さで凌辱されていく。

私はすぐに昇りつめてしまい、腰がガクガクと震えたが、夫はやめることなくローターを更に強くした。

そこからはあまり覚えていない。


私達はそれからそのホテルを常宿にした。

他の部屋も奇抜な部屋ばかりだった。

拘束椅子があったり、檻に立ったまま固定出来る枷があったり…。

しばらくはそれで満足していた。

しかし、非日常も慣れれば日常になる。


だんだんと夫との関係も間隔が開くようになっていった。


子供達が大きくなって私も働きだして、忙しくなり、そんなものだと思っていた。

このウラログへのコメント

  • 花岡 2013年06月22日 22:55

    まだ続きますか?

  • ☆かおりん☆ 2013年06月23日 00:20

    > 花岡さん

    まだ続きます(^_^;)
    短く時系列で進めたかったのですが、文章にすると長くなってしまいます(-.-;)

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

☆かおりん☆

  • メールを送信する

☆かおりん☆さんの最近のウラログ

<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30