デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

今までで一番なH・・・・・(パート4)

2013年06月20日 11:05

彼女の下に引いていた濡れたバスタオルを取り除いた・・・・・・

彼女恥ずかしいのか、手で顔を覆っている・・・・・

男性とは午前中のみのプレイと約束している・・・・・ でもまだ逝っていないようだ・・・・・

「そろそろ時間が迫っているのでは?」と男性に言い、「最後に出して下さい。」と伝えた・・・・

俺はソファーに座り2人の行為を見る事に・・・・  

抱きしめ合いながら愛撫をしていく・・・・・  もう彼女オマンコは濡れている・・・・・

男性は時間が無いのか、挿入を開始した・・・・・

明らかに俺のより太いチンポ彼女の中に再び入っていった・・・・・

先ほどよりも激しい動きで彼女を突いている・・・・・  彼女もその動きに合わせるように声が響く・・・・

「あ~ あ~ ああ~ん」 声が一段と大きくなっている・・・・・ そう言う時はそろそろ絶頂を迎える時だ・・・

男性もラストスパートなのかパンパンパンとリズムよく腰を打ちつけている・・・・

この男性は一回の射精を楽しみたいらしく、かなりコントロールできるようだ・・・・

俺は逆に何回も射精を楽しみ、彼女も気持ちよくさせる・・・・つまりお互いに気持ちよくなりたい・・・

などとソファーに座り考えていると、ベットの方から「イク~ イク~ もう逝って~」・・・・

彼女は男性に逝って欲しいみたいだ・・・・・  一緒に逝きたいんだな・・・・・

男性の動きがさらに激しくなり、彼女も激しく喘いだ・・・・・

そして・・・・・・・・彼女は「イク~~~~~」と大きな声を出し、男性も「出すよ・・・・・」と・・・・・

男性はオマンコからチンポを抜き、お腹の上で射精した・・・・・・





全てが終わり男性はシャワーを浴びている・・・・

俺は彼女を抱き寄せ「どうだった?」と聞いた・・・・

「気持ちよかったけど・・・・・」  そこに男性がバスルームから出てきた・・・・

我々2人はまだホテルにいる予定なので、男性はフロントに電話をし帰る事を伝えた。

帰り際に「また誘って下さい。」と言って、ドアを閉めて出て行った・・・・・


その直後に俺たちは熱いキスをした・・・・・・・・・




続きはパート5で^^   

 次回は俺が嫉妬で苛めちゃう?話を書きますね、お楽しみに^^>

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

たかたか47

  • メールを送信する
<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30