デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

出会い系の女64

2013年06月14日 14:23

女は晴れやかな表情で言った。

セックスで満足した女の表情は、慈愛に満ちている。わが子を慈しむような目で男を見る。

私の体ねって、セックスするでしょ、生き生きしてくるの、自分でもはっきり分かるのね。
セックスなしの生活なんて考えられないわ。夫は忙しいから週に1回あればマシな方ね。

ワタシ、毎日したいわ。

でもね、セフレって言ったて、相手の方の都合もあるでしょ、そうするとなかなか思うように行かないわ。
今のセフレの方は、月に2回よ、きゃは。


もし、あなたが、こんなわたしでイヤじゃなければ、オネガイね。

はい

男は応えた。

ちっともイヤじゃないです。

それにこんな美人の方のお相手できるなんて、光栄です。


アラ、お上手ネ。

イエイエ、美人の方とすると、すんごく興奮するんです。

そおォ~

女は嬉しそうに言った。

上気した顔に髪が乱れて切れ長の目にかかっている姿は、エロっぽい。
男はまた欲情しそうだったが、やんぬるかな、立たない。
もし男があと20年も若ければ、飲まず食わず、48時間切れめなしでやっていたであろう 。

アッ、時間ネ

女は言った。

そそくさとシャワーに行って、身支度を整えた。
女は、どの女もそうだが、ラブホテルの帰り際は、手際が、イイ。
見とれるほどである。

男はいつになっても、グズである。

その間、女は勘定を済ませてしまった。

手際がイイ。

こういう場合、女に後からカネを渡すのも気が引ける。


またメールするね

はい

日中よ。

はい



男は女と別れて帰路についた。

車中、考えた、


う~ん、何も思い浮かばない。


女のことはなにも知らない。

知っているには、、35才、夫は医者でカネに不自由していない、小3の子供がいる。
これだけである。

う~ん、

ま、いいか

こういう女も、世の中にはいる。

誘いのメールが来なくなったとき、それっきりである。


今日は女にとって、コテだめしだろう。男は精一杯やった。
全速力で疾駆した。これ以上はムリである。

あとは、どのようにしてセフレの女を打ち取るかだ。
直球勝負はムリだ、変化球で打ち取ることを考えなければならない。
直球勝負なんて、たかだか5年である、後の投手人生が、おくれるのは、変化球にかかっている。
投手人生を延ばすには、いかに変化球を使いこなすかである。


これからどうなるかわからないが、セフレの女のように、
何にも知らない関係もナカナカおもしろい

その反対に知りすぎている関係も、一方にはある。
家族とか身内だろう。

親兄弟は乳飲み子の自分から知り合いである。
知り合いもあまりに深いからといって、仲いいとはかぎらない。
なぜなら、ヒトには厄介なプライバシーがあるからだ。

関係が深くなると、プライバシーの壁は簡単に跨いでくる。
だいたい、これが諍いの元だ。
ヒトは幼少にプライバシーはない、

深い関係は、幼少のときのないプライバシーを成人まで持ち込むから、
諍いになる。

しかし、見知らぬ相手は、決してプライバシーの城壁を越えさせない。
だから、諍いはない。

セフレの女もこの男もこれから諍いは起きないだろう、
ただ一つのルールを守れば、

秘密

である。

セフレ女と男永遠に続く。

しかし、明日終わるかもしれない。
快楽ということでは、
ハイリスク、ハイリターンでもある。

親兄弟夫婦子供は深い関係であるから、諍いが絶えない。
しかし、快楽という点では、
ノーリスクノーリターンである。


セフレの女は、
ノーリスクノーリターンとハイリスクハイリターンを両手に握っている
欲張りの女でもある。




心地よいけだるさが男を包んだ。

ソファにゴロゴロしながら、メールや出会い系サイトを覗いた。


トラウマの女からメールが来ていた。


でね、わたし、好きな人ができたの。

うん、出会い系サイトで知ったヒトよ、あなたと同じようにね。

おたがい気にいってメールのやりとりから始まったわ。

そのうちにね、近くのきたからといって、会ったわ。

初めはそうじゃなかったけど、月に1回の割合でくるようになった。

するとね、だんだん、わからないけど、惹かれるようになったのね。

お話しするだけでね、帰って行ったわ。

そんなことが半年続いたの。

彼ったら、ぜ~んぜん手を出さないのよ。
わたしに興味ないのかしら、わたしに魅力ないのかしらって、思ったわ。
お話しして、笑って、帰るだけ、

それからまた半年経ったわ、

それでも彼、手を出してこなかったわ。


するとね、女ってね、手を出してくる男には警戒するけどね、
手を出さない男にはあんまり警戒しなくなるのよね。

そして、ここのとこなんだけど、女って、警戒しないあいてだと
なんていうのかな、親しみと恋心が一緒になっちゃうのね。

も、どっちだかわかんなくなっちゃうの。

だから、親しい相手に、キスされたら、恋と区別がつかなくなっちゃうの。

スキと親しいの境がわからないのよね。

女を落とすのは、親しくなるコトね、キャハ。
110%落ちるわ、わたしがそうだったから。

でもね、親しさと恋の結果が出るのは、した後なのよね、
も、後の祭りよね。
わたし思うわ、、
大部分の女の人は、恋と親しさに区別ないでしょ、だから、セックスまで簡単よね、
本人は恋だと思ってるんだから、
で、出た結果にビックリよね。

ましてや、結婚なんてしたら最悪よ、

一時の気迷いに、一生を縛られかねないのよ。

こういう女の人ってけっこういるのよ。

だから、不倫だって、あるときは必ずしも責められないわよね。



わたしの場合は、けっこうそれなりに時間がかかっているでしょ、
スキのキモチがだんだん、胸に静かに侵入してきたのね
でも、彼は手を出してこないでしょ、
そうすると、女って、ますます、燃え上がるの。
胸の内だけどね。

すぐ手を出す男には燃え上がらないけど、手出さない男に、燃え上がるの
不思議でしょ、

燃え上がったからといって、なにごともないわ。

タダ、お話しして、笑うだけよ。

彼は帰るわ、

その日、布団被って寝るとき体が騒ぐの、
彼と思いっきりやりたい、したいってね、きゃは

も、おまんこヌレヌレよ。
その晩は、も、眠れないわ
朝までオナニー全開よ、きゃは

また少し立つと、なにごともなかったように過ぎるわ。


でね、一ヶ月経つと、また彼がきて、お話しするの。


時間が経つごとに、わたしの気持ちがどんどん、入り込んでいくわ。

でもね、結果がわかっているの

彼は知ったか知らないか、お話ししてタダ笑って、帰って行くの。

そおなの、わたし、ヌレヌレになるでしょ、それからグチョグチョになるわ。
女ってそういうイキモノなの、
スキな男の人が手を出さないって、も、おまんこ、ジュルジュルなのよ。
ヌレヌレなんという中途半端もんじゃないわ。

でもね、その一晩過ぎると、なにごともなかったように、過ぎていくわ。

わたしネ、自分でも女ながら、
女の変わり身ってすごくハヤイって、思うわ。


男はここまで読んで、次に起こることが、このトラウマの女の前のメールで、知っている。

そ、破壊

しかし、これがいつ来るのか?

ドミノは今どのくらいまで、できているのか。

ドミノの作り方は今始まったばかりか、それとも最終段階か


なにもないが、男とのつきあいは1年か、しかし、なにもナイでは、ドミノ倒しは始まらないだろう。
すると、セックスしてしばらく立った後になる。

トラウマの女が破壊者になるのには、まだ、先のことだ。
すると、ドミノは今、作り方が始まったことになる。

男はそう読んでいるところに、次を読んだら。


それでね、

彼からキスしたいって、メールで言われたの。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ぱすかる

  • メールを送信する

ぱすかるさんの最近のウラログ

<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30