デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

美鈴さん21.

2013年06月10日 12:11

美鈴さん21.

クイーンサイズのベッドでうつ伏せに寝てると
  ベッドサイドが沈み
  僕の腰の横の部分に

 美鈴さんの柔肌が触れてきた♪

 多分、 太ももから腰にかけての部分かと。


 しっとりとしてて 柔らかく暖かさが伝わってくる♪


 背骨を挟んで 背筋に両手が触れて
 サワサワ♪ サワサワ♪と撫で回す。

 肩の時の力強さとは・・・全然タッチが違う。

 背筋に添って
 下へ降りてくる
 腰の部分から
 お尻北半球をもサワサワ♪

 (^^*)気持ちぃぃっ♪
     前回の手淫でも思ったんだが
     美鈴さんの手が実に柔らかく
     そんでもって そんな手でのソフトタッチ
     ゾクゾク♪する程気持ちぃぃっ♪



僕     「 気持ちいいです♪ でも・・・やりにくくないですぅ?」

美鈴さん 「 ・・・何が?」

僕     「 そこに座って両手を使うと
        美鈴さん体 よじる感じになるでしょ?」

美鈴さん 「 そうねぇ・・・・、でも 平気ょ^^ 」

僕     「 僕の上、跨って乗ってくれて大丈夫ですよ。 」

美鈴さん 「 え?」

僕     「 いや! その方が 上から下に押す時
            力が入りやすいじゃないですか? 」

美鈴さん 「 それは・・・・・そうだけどぉ・・・w
         重いし 何も履いてないし・・・・w」

僕     「 大丈夫ですよぉ~ もう一緒にお風呂も入ったんだし
                      平気平気♪ さぁ  どうぞ♪ 」


美鈴さん 「 そ~ぉ? 重かったら言って頂戴ょ 」


   僕の体を跨いだようだ♪
   
   僕の両腰の外側に
   美鈴さんの内ももが触れてる・・・・遠慮がちだがw

   でも まだ
   腰を降ろさない。

   そんで、腰を両手で押し始めた。


僕  「 そっちの方が疲れますよ? 中腰だもん
        大丈夫だから  僕のお尻に そのまま腰を降ろして下さい♪ 」


美鈴さん 「 え~~~っ・・・大丈夫かしらぁ
         じゃあ、  そ~ぉっとね   」


  
     むにゅ~♪から始まり
     じわ~~~っと体重がかかってくる♪

     下の勃起ちんぽも圧が加わり
     でも、ふわふわ♪べッドなので丁度良い♪


     (・・)! 美鈴さんの陰毛のもじゃもじゃ♪が
          僕のお尻に触れる♪

      さらに、 全体重を乗せて べちゃ♪と腰を降ろしきると

    
     (・・)! 湿り気が・・・・・・
           ぉぉぉぉぉ~~~っ!美鈴さん♪ 濡れてるやおまへんか♪
           

     (・・)! そこは指摘しないでおこう♪
           折角 跨がせたのに・・・降りられたらつまんないw



    体重をかけて、両手で 背中・腰と押してくる♪


    (・・)b 両手で押してる時: 美鈴さんのお尻は少し浮く
         その両手を離すと: 美鈴さんのお尻が下の位置に沈む

        
         よって、
         お尻同士が ムニムニムニムニ♪と

         そして、
         陰毛がザワワ~ザワワ~ザワワ~♪
         
         もちろん、
         湿り気を帯びてる部分も時々♪冷たさを感じる♪



僕    「 気持ちいいですぅ~♪ 特に お尻が^^ 」

美鈴さん 「 あら? ほんとは 重いんじゃないの? 大丈夫?」

僕     「 全然、大丈夫ですょ^^ 
         重力はベッドが吸収してますから♪ 」

美鈴さん 「  なるほど♪
         じゃあ、足行くわね♪ 」


     と言うと
     僕の体から降りようとするんで、


僕    「 あ! 美鈴さん 」

美鈴さん 「 ん? なにかしら、 」

僕     「 片方ずつします? 」

美鈴さん 「 ええ。 」

僕     「 その、・・・跨ったまま
         揉みながら
        上から 足首に降りて行って貰えませんか? 」


美鈴さん 「 え?え? どういう事 」

僕     「 片方の足に跨りながら
         揉みながら
         下へ移動って出来ます?」


美鈴さん  「 ん? ん~ 出来るけど
         跨がなくて 出来るわよ? 」

僕      「 跨いで欲しいんです。 」

美鈴さん  「 ん~、 やってみるわ、 」


   美鈴さんの片足を
   僕の足の間に入れて
  
   僕の太ももを跨ぐ♪


   (・・)? 腰の位置が高い・・・・
         これじゃあ、意味がナーィ
     

僕     「 美鈴さん、 腰降ろして 体重かけて下さい♪ 」

美鈴さん 「 あ~~~~っw そういう事かぁ~www
         それが狙いだったのね♪ えっちなんだから♪ 」


    と言いつつも
    太ももに腰を降ろすと


   お尻同士の時と違い
   美鈴さんの陰毛おまんこ
   直接 太ももに接するのだっ!!



  (^^)おっぉぉぉぉお~~~~~っ♪
     陰毛のザワワ感と
     ビラビラの唇感としっとり感が
     太ももピタッ!と きてますきてますッ!!




 続くよん。。O



 (コメント
 【悠稀さん】
       上手なんですよぉ♪(^-^)b
       普通に受けてれば もっとほぐれるんでしょうけどw
       悪戯S心がwwwww
       アンさんには内緒でお願いします♪



  【リャンさん】
        心は離れてないんですけどねぇ(・・;)
        でも その心っていうのが
        男女間の愛ではなく
        家族愛というか
        ん~、リャンさんもなんとなく理解してくださると思うんだけど
        夫婦間の微妙な空気というか。。O

このウラログへのコメント

  • リャン 2013年06月10日 14:06

    ちょっとエロエロマッサージになってるねぇ私も今度使わせてもらうね家族愛わかる…

  • 尚子 2013年06月11日 11:27

    美鈴さんも塗れちゃってるって事は。。。期待していいのよね?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

上岡龍太郎

  • メールを送信する

上岡龍太郎さんの最近のウラログ

<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30