デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

17th Country Road Part 20

2013年06月07日 22:47

17th  Country Road  Part 20

車内で身体を縮めながら狂う…

限られた空間の中で
限られた体位を取りながら
その制限を
すさまじい快感にすりかえて
男も女もたっぷりと
体液をほとばしらせる…

だが
時にこの行為には「後」があった。
狭い車内で
あえぎ
狂い
果て
登りつめ
失神する。
なのに
再び発情したその後に
車外に出て
行為を続けることを望む女性
少なからずいたのだ。
蓼科林道では
サンルーフからのりだして
立ち上がる女性器
下から舐めあげて達せさせたあと
車外で激しく全裸の身体を繋いだ。
虹の松原では
互いの性器を舐めあって
たっぷりと濡らし
誘われるままに車外に出て
松林のなかで背後から突き上げた。
晴海埠頭では
嵐の中で激しく抱き合い、
吸い合い、噛み合ったあとで
荒天の道路上全裸で転がりながら
ぐしょぬれのセックスに狂った。
そのほかいろいろ。

車内で果て
復活し
車外に出て
野合する。
それが格別淫らな女性との
カーセックス
よくあるパターンだった。

はじめはつつましかった。
だが
会うたびにメス犬に傾斜していく
この人妻との性も
結局そのパターンになった。
何度目かのときから徐々に
露出の傾向をあらわしていたのだが
ついには夜半
この場所での「車交」を
盗撮者のカメラに晒し
むしろ芝居がかったしぐさで
オナニーするさまを
たっぷりと撮影させるにまで
なってしまった。
だからこちらが海外に出発する前の日の逢瀬
性器を繋げる様を見られても
少しもかまわない
というより
誰かに見せたい、といいだした。
そのためには車内で狂った後
車外に出て
思いっきりザーメン
まんこに呑みこみたい、という。
野菜畑と住宅開発地が
まだらに交錯するこの広大な場所で
おもいっきりわめきながら
太陽の下で獣のように交わりたい、という。

晴天の朝10時。
その狂気の舞台にむかう車の中で
スカートをまくり上げて
真紅の前割れのTバックを曝す。
シミがにじむパンティの開口部から
濡れた左右の襞を見せつけながら
激しく指を使い
クチュクチュという音を
立ち上がらせる。
片方の手はブラウスから
飛び出した乳房
ねじるようにもみあげている。
バスやトラックの高い位置から見れば
とんでもない卑猥なショーだが
本人はむしろ
見られるのがたまらない快感らしく
大型車が並ぶと
「ああ」「ああ」とあえぎを漏らす。
車内にはまたメス犬の芳香が漂いだしている。
そのうちにこちらのズボンから
ペニスを抜き出し
咥えてくるにちがいなかった。
それを期待している自分の浅ましさ…

出会って乗せてから四十分ほどで
いつもの場所に着いた。
狂い、つながり、「さかる」場所。
見慣れた植木の列を見るだけで
欲望が吹き上げてくるのは女も同じだった。
フェラチオオナニーに狂っていたのが
パーキングブレーキを引いたとたんに
みかかるようにベルトをはずし出し
パンツだけになるようにリクエストする。
そして自分は外を見回すことすらせずに
ブラウス
ブラと
スカート
ぬぎさってしまった。
男も女も腰の周りに小さい布をつけただけの姿で
激しい抱擁が始まった。
べとべとの唾液の交換のあとは
舐めあい
しゃぶりあい
吸い合い
かみ合った。

互いの全身が性感帯だった。
髪の毛も
耳たぶも
まぶたも
唇も
舌も
首筋
肩口も
鎖骨も
わきの下も
乳房
乳首
臍も
わき腹も
背中も
下腹部も
尻も
太腿も
ふくらはぎ
足指も
双方がせめぎあった。

そして
クリトリス
ワギナ
ペニス
アヌス
性感の標的に移っていった。

この間に人妻
何度も高みに達し
意識を飛ばしては復帰する、
を繰り返していた。
まもなくの夫の帰国で
会うのが難しくなる、
ひょっとすると
今日が最後の性交かもしれない、
だからおもいっきり
貴方を身体にきざみたいという。
いささか芝居がかった言い分だ。
盗撮カメラ痴態を曝して
感じまくるほどまでに
淫乱になってしまったら
淡白な夫との性だけでは
絶対に物足りないはず。
きっとこちらが日本に居ないなら居ないで
他の男たちのペニスを何本でも
その身体に呑みこむに違いない。
そう思っても
そんなことを言うわけにはいかないから
思いっきり強く抱きしめて喘がせた。

真紅のそのためだけの
前割れTバックを脱ぎ去ると
いつものようにふわりと
ダッシュボードに置いた。
行為が本格的に始まるサイン
こちらもぬぎさって
佇立をむき出しにする。
狭い車内で始まる口唇性交
先ほどの全身のせめぎあいで
下地が出来上がっているから
簡単に高みに達する。
硬くとがったクリトリスを舐め吸うと
驚くほどの量の愛液が噴出して
こちらの顔をべとべとにする。
指を深く差し入れ
こじり上げるようにすると
どびゅりと潮を吹く。
「だめ。だめ。でちゃう。ああああ。」
おまんこすごい。おまんこすごい。」
「ああああああ。いやああああ。」
いままでなかった量が
しぶきになって噴出した。
「だめええ。いやああ。おまんこがああ。」
「いいの。いいのよおお。」
いつも以上に狂っていた。
いつも異常に激しかった。
その証拠に…
「外でもして。」
「立ってして。」
とせがんできた。
「見られるぞ。」というと
「見せたい。見せたいの。おまんこしてるとこ。」
とわめく。

ドアを開け全裸で晴天の車外に出た。
唾液愛液でべとつく身体を
そよ風が撫でて少し寒い。
だが鳥肌が立つのは
温度のせいだけではなさそうだった。
かろうじて片側からは隠れるが
逆側からは丸見え
まさに白昼の露出性交
遠目からも何をしているかはお見通し。
通り過ぎる車からも見て取れそうだった。
だが二人とも見られることを期待しながら
車の横ではじめた。
窮屈な体位をとる必要が無い。
縮んだ身体をのばすかのように
背後からボタボタと垂れる
女性器挿入した。
これからの時間の開始の
ベルのような軽い行為なのに
「うわあああ。いい。」
おまんこいいのよお。」

大声でのシャウトが風に乗って漂う…

(続く)

このウラログへのコメント

  • 海香 2013年06月07日 22:53

    こんなのされたいです

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

RYU

  • メールを送信する

RYUさんの最近のウラログ

<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30