デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

オナニーでは飽き足らず…(その27)

2013年06月01日 21:28

オナニーでは飽き足らず…(その27)

(その26より)僕はその時、別に遥(仮名)のことを焦らすつもりはなかったが、中々ペニス挿入しないと、遥がどのような反応を示すか、興味がふと、沸き起こり…

直ぐにはペニス挿入せず、その遥の股間割れ目を中心に、ペニスを擦り付けるように動かした。

すると遥は、もう我慢しきれない様子で

「早く…早くぅ…その硬いオチンチン…入・れ・てぇ …」

と、ペニス挿入をせがみ、促した。

愈々僕は、ペニスの先端に手を添え、遥のその入口へと突き立てた。

僕のペニスの先端は、遥のその入口全体が濡れまくっており、そのまま先端を滑らせるように動かせば、意図も簡単にペニス挿入されてしまうことを感じとっていた…

僕は、腰を落とすようにしてペニスを遥の奥深くへと挿入していった。

遥の股間の中をペニスが進んでいくにつれ、遥は

「アハアアアアァァァ

と叫び、さらに

「ングウワアアアア~あなたのチン…ポ…ゴツゴツ…」

と続けた。

目の前で、ペニス挿入している女が、そんなにも叫び狂うのを見るのが、当時の僕としては、始めての経験であり、少し驚きを隠し得なかった。

僕のペニスが、遥の奥深くへと進む余地があるようであったので、僕は、ペニスを一気に捩じ込むようにして、遥の中へと挿入していった…(その28へ続く)

このウラログへのコメント

  • ピンクのうさぎ 2013年06月01日 21:57

    読みはじめたら吸い込まれるようだった

    早く続きを読みたいです

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

アツオ

  • メールを送信する
<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30