デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

成程話:挨拶のレッスン

2013年05月30日 22:37

村上隆氏の心に響く言葉より

スタッフに対してぼくが最初に行なっているのは、ペインティングのレッスンなどではなく挨拶のレッスンです。
挨拶も満足にできない人間は、組織の中で生き残っていくことも、アートの世界で生き残っていくことも絶対にできません。
そういう部分では“企業の論理”と共通するところも多いのだと思います。
実をいうとアートの世界は、一般の企業にもまして、こうした部分を徹底していかなければならない業界です。
アート業界はご機嫌取りとは無縁の世界だと考えているのだとすればまったくの誤解です。
むしろ“どれだけうまくご機嫌取りができるかが問われる世界”です。
ご機嫌取りの対象は世間である場合もあれば、特定の個人、顧客である場合もあります。
そんな世界の中で成功するには、そのための方法があります。
その第一歩が、覚悟を持ち、ちゃんとした挨拶のできる人間になることです。
それはただの道徳教育などではなく“成功するための道筋”です。
アーティストになりたい。
世界に自分の名前を売りたい…。
明るい未来が待っていることはまずありません。
なぜならば、美大に4年間通っただけでは、芸術というものの本質や、芸術で成功するための方法論を学ぶことは期待しにくいからです。
絵がうまい人が、名のある美大に進めば将来は保証されると考えているのかもしれませんが、それは幻想です。
それよりも、絵が下手であっても、挨拶の作法をゼロから学んでいくほうが、はるかに有効です。
それが芸術の世界です。
顧客との関係性において、ぼくたちアーティストは常に“下からお伺いを立てる立場”にあります。
「いつか自分の作品がわかってもらえる日が来ればいい」と夢想していても、その人の目の黒いうちにその日がくることはほぼあり得ません。
理解してもらうためには、ただただ歩み寄る。
いつか世間に見直してもらえるといった考えを捨てることこそが、芸術家として身を立てる第一歩、成功するための仕事術の第一歩になるのです。

『創造力なき日本』角川oneテーマ21


アーティストに限らず、設計家、デザイナー等、何かを買って貰い生活している人には必ず顧客が存在する。顧客があって初めてお金という対価を得ることができる。これはどの商売でも同じこと。
でも、特に若い芸術家やその卵は理想に燃え自分を過信し、結果として顧客をないがしろにすることがある。
料理が群を抜いて上手であったとしても顧客に不愛想で挨拶一つできなければ、店はいずれ衰退の一途をたどることになる。
これは芸術家料理人に限らず、どのビジネスの世界でも同様。挨拶や返事という人間関係の基本はとても大事。

このウラログへのコメント

  • りぶら 2013年05月30日 22:56

    挨拶と言うのは相手に
    敵意が無いことを示すことであって
    先ずは心を開いてもらうことからですからね

  • なな♪ 2013年05月30日 23:49

    りぶらさん:ですね。私も意識して挨拶しなきゃ

  • なな♪ 2013年05月31日 23:40

    隣のトトロさん:芸術は特にその人自身が現れますもんね

  • ゆうき2 2013年06月01日 09:25

    言わんとする事、挨拶は基本、おごるな。
    は、判りますが。。。
    変に媚びてもらいたくない世界でも有る。

  • なな♪ 2013年06月01日 09:46

    ゆうき2さん:媚びることはないですねでも基本は大事かな

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

なな♪

  • メールを送信する
<2013年05月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31