デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

出会い系の女53

2013年05月30日 17:58

男は車中で考えた。

おまんに魂が入るって、どういうことだろう。

今までの、2万円の女から、今日のカラオケの女から、初めから考え直した。

きっかっけは、この男がこの人生の最終幕で、あとわずかに残された時間で、
やり残したこと、悔いが残っていることを、考えて到達した結果、
女だった。

女を知りたい、女ともっと思う存分、おまんこがしたい、

こういう欲求が沸々、心の奥底から、湧き起こってくるのはどうしようもない。

そのため、世間の標準から少ないかもしれない、500万円ばかりの退職金、全部を
女に使ってみよう、と思った。
カネなど惜しくない。

どんな形であったにせよ、人生とはドラマだ。
しかし、女抜きのドラマなんて、ドラマでない。

葛藤やウラギリ、闘争もドラマであるに違いないが、
男にとって、そんなドラマは、も、十分である。
そんなドラマを経験したからといって、これからさき、なんになる。

そういう思いが65になる男にはあった。
悔いだけが残った。紛れもない事実だ。

男が切り捨ててきた女とは、一口に、未知であった。

一番、近しいイキモノが、未知であったとは。

なぜ、こういうことが起こったんだろ。

生まれて死ぬまで、誰でも女と関わらない日はない、
しかし、
未知である。

母親から兄弟姉妹、学校の同級生から、会社での同量まで女とは頻繁に関わっている。
果ては、ババアまで。
しかし、未知である、
何一つ、わかっていない。

この年になって、女を知りたい、女とやりたいという欲求が、湧き起こらなければ、
この男の人生もすこぶる穏やかに終わっただろう。

しかし、知りたいというパンドラの箱を自分から開けた。

そして、男は2万円の女の、あの鮮烈な真っ赤なピンクおまんこで、感動した。

出発点は、感動だった。

人は感動すると、謙虚になる。

自然に感動すれば、自然を畏怖するようになる。
神の奇跡に感動すれば、跪く。

ある意味で、女=おまんこ、である。
別な意味で、おまんこ=女、である。

つまり、この男は、まだ、女は未知で知らないが、

見えないオンナに跪いたのである。

ここのところが他の男と、まったく違った。出発点が違ったのである。


すると、もう一つ違う点がはっきり、浮き彫りになる。

女とは、世界中一般に、そしてこの国では特に、
差別であった。
女とは男の奴隷で、支配下にある。
これが人の今日までの歴史的な事実だ。

証拠にヒーロー英雄と言われる者たち、アレキサンダーカエサル、チンギスハーン、
皆、女でない。
例外を除いて、一般的に女は権力者から対極にある。

反面、平和愛情が、女の特性になっている。
悪い意味で女々しいと表現されることもそうだ。

4000年間、女とは男に圧迫され続けられてきたと言ってよい。


しかし、この男は女に感動した、

先の通り、みえないオンナに跪いたのである。


感動を味わったこの男が、見える女とおまんこしても、謙虚になるのは当然である。

この男がおまんこしても無意識に、女にたいして、どこかで謙虚になっているのだろう。
やさしいとかでない、

男のやさしいとかは欺瞞で、まんこを求める手段に過ぎない。

この男は2万円の女にもカラオケの女にも、やさしいで接していない。
どちらかというと、ぶしつけである。
下心あるやさしい男は、決しておまんこ舐めたいとは、いきなり言わない。
女に嫌われるようなことは決して口にしない。鉄則である。
しかし、この男に、鉄則はない。



この男の見えないオンナに対しての謙譲さが、見える女に、安心感と開放感を与えたのだろう。
原始的なフェミニストである。

男は女に、感動を見ている。

今まで一顧だにしなく、切り捨ててきた女に、
感動を見た。
それがおまんこであってもだ、
おまんこだからこそ、感動が大きく膨れあがったと言ってよい。

キタナイと思われていたまんこが、一転、感動の対象になった。

まさに、コペルニクス展開であった。

こういう男は珍しいかもしれない、
珍しかろうとなかろうと、ヒトはあるところに感動すると、そこから、人生は変わる。

誰でもヒトは、ハナシを聞く、
聞いたハナシで人生が変わるヒトは、なんぼでもいるのだ。
物語を読んで人生が変わる、音楽を聴いて人生が変わる、なんぼでもあることだ。

この男も変わった一人に過ぎない。

見えない女に跪く謙虚さが、見える女のおまんこに魂を入れたと言えるかもしれない。

永遠フェミニストを、見える女のおまんこ移植したといってイイ。

見える女はおまんこを通して、永遠を手に入れたかもしれないのだ。

これが、おまんこに魂が入った、ということであろう。

永遠を感じた女は、ホントの自分に出会った瞬間だ。


ホントの自分とは、宇宙ベースキャンプができたことを意味する。
そこを基準に、方角ができることだ。方角ができれば、時間も発生する。
ベースキャンプができる前は、漂流していただけだ。

自分に永遠が入り込むと、つまり、タマシイが入り込むと女から人間に昇格する。

確かにおまんこをもっているから女に違いないが、
それだけでない、
同時に人間でもある。

おまんこの質が上がったとは、そういうことであろう、

言い換えれば、人間のおまんこになったといってよい。



男は、車中1時間半、ずう~っと、このことを考えていた。

自宅近くについた。

夕飯にはまだ時間がある、3時半を回ったところだ。

図書館に寄った。

夕方近くで人気が少なかったと見え、中に入ると、向こうのテーブルに、

青木が居眠りしていた。

この男から声をかけることはないが、今日は、かけたい気分だった。

青木さん、

青木は、声をかけられたので、ビックリして目をまん丸くして振り向いた。

やあ、きみかあ、

はい

男は向かい側に据わった。

座ると同時に青木は話を始めた、人の話しは聞かない質だ。

知ってるだろ、営業のオレと同期の佐藤、

はい、

あれがな、脳卒中で倒れて半身不随になってる、も、3年だ。

青木は70である、ガンで余命、あと5年と言われている。

奥さんがかかりっきりで、歩行もままならない、言語障害もまともにしゃべれない。

思い通りにならないから、いつも、イライラしているらしい、奥さんがこぼしている。

そうすると、オレは、まだマシらしいかな、ハハハハ

笑ってはいるが、力がない。

元気出してください、

とは、安易に言えなかった。

目の前に、半分死んだような男が、口を動かしている。



半分死でいる男も、感動があれば、

生き返って、人間になれるのだ。



男は、確信した。

カラオケの女は、まんこに魂が入って、レスから人間になった。

このウラログへのコメント

  • azamino 2013年05月31日 11:02

    新たな500万の使い道
    楽しみです
    新展開に期待!

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ぱすかる

  • メールを送信する

ぱすかるさんの最近のウラログ

<2013年05月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31